さらの宝塚!?よくばり日記

宝塚観劇の感想、舞台観劇の感想、コンサートの感想などなど。

白鳥の湖

2014-06-30 23:26:38 | Weblog
6月21日(土)
14時公演
クラシックバレエの「白鳥の湖」観てきました(=^▽^=)
場所は日生劇場



連れはエコさん。

しかしエコさん、用事が押して、開演後に入場。
でも、5分程の遅れだったので、殆ど問題なく観劇できましたv(^-^)v

何故、日生劇場でクラシックバレエの公演があるかと言うと、毎年、夏休みに
こどもフェスティバルと言うものがあり、ミュージカルやバレエ、
お話し会などがあるのですが、バレエは解説付でたいだい1幕や抜粋で全幕は行いません。

今回は、そのフェスティバルを観て来たこども達も大きくなって、
全幕観る機会があっても良いのではないか。との趣旨で行われました。
もちろん、大人だけでもOKです。

バレエ団は東京シティ・バレエ団。
そして、オーケストラ(東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団)も入っていました。

フェスティバルの時はテープです。
やはり、生のオーケストラは良いですね♪(*^ ・^)ノ⌒☆

「白鳥の湖」、さらっ娘がバレエをしていた時に発表会等では、
アラカルトでは観たことはあったのですが、全幕観るのは初めてでした。

やはり、あの、ブラックスワンの踊りは鳥肌ものでした(*^_^*)
プリマの志賀育恵さんのダンスはしなやかで、手足が長く見え、
白鳥の仕草を見事に表現していました。

素晴らしかったです。
また機会があれば、バレエ公演観たいです。

終演後はエコさんと女子会したのは言うまでもありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セレブレーション100宝塚

2014-06-30 22:53:38 | Weblog
6月も今日でラスト。

いゃ~、後半年で今年も終わり。って、早すぎます(汗)
6月の報告です。う~ん、たぶん月またぎますね(大汗)

まずは6月7日(土)「セレブレーション100!宝塚」
16時公演
場所は青山劇場



連れはみりんこさん、エコさん。

青山劇場は、渋谷から歩くし、その日は雨だったので←ズンちゃん(姿月あさと:しずきあさと)
のせい(爆)、タクシーで向かいました。

前回はシアターオーブだったので、雨でも濡れずに行けたのに、
青山劇場はそうはいきませんでした(´∀`)

ズンちゃんはレギュラーメンバーだったので、ファンクラブで頼んだチケットはなんと、
ポスターのズンちゃんが映っているものでした♪(*^ ・^)ノ⌒☆



こういうのテンション上がりますね(^_-)☆

レギュラーメンバーはズンちゃんの他にわたるくん(湖月わたる:こづきわたる)、
そしてスペシャルゲストにたかちゃん(和央ようか:わおようか)

そうなんです。
宙組発足メンバー揃い踏みだったのですo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪
これは観ない訳にはいきません(≧▽≦)

欲を言えば、たかちゃんがゲスト出演した回、全て観たかったのですが、
諸事情で今回のみになってしまいました(T_T)

オープニング、長のカリンチョさん(杜けあき:もりけあき)から、音楽学校時代、
自衛隊で訓練を受けたことがある人達だから、キビッと自己紹介をするようにと命令が…。

カリンチョさんやC日程のゲストのペイさん(高汐ともえ:たかしおともえ)や
モサク(平みち:たいらみち)の音楽学校時代は自衛隊での訓練はなかったそうです。

下級生順にキビキビと名前を言っていったのですが、ズンちゃんの番が来た時、
いつもと変わらず、ゆる~く「姿月あさとです」と言ったものだから、
カリンチョさんに「ズンコちゃ~ん」と突っ込み入れられてましたヾ(≧∇≦*)ゝ

まさに夢の共演。
アンサンブルの下級生以外は全員元トップスター、元トップ娘。

皆さん実力派なので、感動物でした♪(*^ ・^)ノ⌒☆

わたるくんとゆうこちゃん(風花舞:かざはなまい)のタンゴの場面はダンサー同士、
迫力があり素晴らしかったです。

ズンちゃんは、宙組発足時の「エクスカリバー」から「未来へ」と
わたるくんと「激情」のオープニングを聞かせてくれました。

せっかく、たかちゃんゲストなんだから、「激情」はズンちゃん、たかちゃんで
歌ってくれたら良かったのに、と思ったのは私だけ?!

期待していたのですが、たかちゃんはズンちゃんやわたるくんと
絡まずに終わってしまいました(´∀`)

本当にスペシャルゲスト扱いで、「駆けろペガサスの如く」と
「ネバーセイグッバイ」の2曲歌っただけでした。

消化不良やん(*´Д`)=з

ズンちゃんで「明日へのエナジー」を聞くことができて、感激でした(*゜▽゜ノノ゛☆

この日のトークコーナーはトップ娘役でした。

あかりちゃん(久路あかり:くじあかり)司会のもと、みみちゃん(こだま愛:こだまあい)ちゃんを
中心にトップ娘役とは…、のテーマでトークが進んで行きました。
宝塚の娘役、男役を輝かせるために、本当に色々と努力していることがわかりました。

そして、もう一人のスペシャルゲストとしてかなめちゃん(涼風真世:すずかぜまよ)が
「パック」を披露してくれました。

お久しぶりのかなめちゃん。
生で「パック」を聞いたのは初めてでした(=^▽^=)

「パック」といえば、今度、月組で再演されますね。

C日程ゲストのペイさん、モサク、みみちゃんは、さすがの歌唱力で、
場内を包み込んでいましたo(^▽^)o

今日、大阪公演大千秋楽ですね。
出演者の皆さん、お疲れ様でした。
素晴らしい舞台をありがとうございましたo(^▽^)o

次回の宝塚100周年、記念公演は宝塚OG版「CICAGO」です。

ズンちゃんは弁護士ビリー、たかちゃん・わたるくんはベルマ、
コムちゃん(朝海ひかる:あさみひかる)がロキシー。

この元宙組の組み合わせで観たかったのですが、東京公演がないのは残念です(´∀`)
が、今から楽しみですo(^▽^)o
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとう

2014-06-17 22:06:09 | Weblog
今日はニノ(嵐・二宮和也)の誕生日ですね~(*゜▽゜ノノ゛☆

めでたい(=^▽^=)

いや~31歳には絶対見えないけど…
学ランきても、違和感ないよね(≧▽≦)

可愛い~31歳です。

ってことは、潤くん(嵐・松本潤)も8月で31歳だぁ~(b^-゜)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太陽王

2014-06-17 00:30:38 | Weblog
またまた5月の報告です(^_^;)

31日(土)
11時公演



連れはエコさん。
エコさんはチエちゃんファンなので、今回も気合い十分(笑)

それもそのはず、今回の席はなんと2列、それも通路側ときたもんだ!!

みりんこさんから、客席降りがある時、チエちゃん、良いか・ほ・りがすると
教えてもらっていたので、楽しみにしていました。

まいける(大輝真琴:おおきまこと)も間近で観ることができ、
テンション上がりましたぁ~♪(*^ ・^)ノ⌒☆

チエちゃんが通路を通って舞台に上がる時、
良いか・ほ・りがぁ~o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

舞台に近いので、ジェンヌさん達と目が合うことも…。
そしてチエちゃんとも…。えっ、勘違い目線だって…(≧▽≦)

2回目なので、落ち着いて観ることができ、物語もストレートに入って来ましたv(^-^)v

夢の様な時間はあっという間に過ぎてしまいました。

今回SS席は無く、S席だけだったのも、2列が取れたのだと思いましたv(^-^)v


11時公演の後は、引き続き15時30分公演観劇。
そう、「太陽王」ダブルでした(^_-)☆

席は違いましたが、アンリさん、みりんこさんと合流して、会場へ。

開演5分前に、ん、どこかで見た顔だぁ~、ひろこちやん(久城彬くじょうあきら)と
しずかちゃん(光海晶帆:みつみあきほ)でした(*^_^*)
OGジェンヌさんを見ることができて、ラッキーてした(b^-゜)

この回がmy楽だったので、目を凝らして隅々まで観ていました。

しーらん(壱城あずさ)が出ている、黒魔術の場面では、下級生達がかなり際どいダンスしています。
すみれコードギリギリな感じですが、フランス版は相当じゃないかと想像してしまいましたf^_^;

やはり、今回もベニちゃん(紅ゆずる:くれないゆずる)の演技が光ってました。

ゆりか(真風涼帆:まかぜすずほ)はルイ14世の従兄弟役ボーフォール公役で、
鉄火面のモデル?ではないかと言われてます。

音楽はフランスロックなので、いつも聞いている宝塚の音楽とはちょっと違う旋律で、
初めて聞いた時は、変わってる節回しだなぁ、とおもいましたが、
聞いているうちに慣れてくるものですね(*^ー^)ノ

終演後、ロビーに出ると、見事な夕日を見ることができましたo(^▽^)o



「太陽王」を観た後だったので、とっても感動的でした。
11階(正確には12階)から見る景色は絶景です(^_-)☆

帰りは横浜まで出て、エコさんを見送った後は、アンリさん、みりんこさんと夕食。
はい、女子トーク炸裂は言うまでもありません(≧▽≦)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「太陽王」

2014-06-15 16:46:20 | Weblog
ご無沙汰しています(大汗)

5月の報告です(汗・汗)

26日(月)14時公演。

場所は東急シアターオーブ



連れはエコさん。
開演が14時だったので、横浜でランチしてから向かいました。

オーブは東横線と直結しているので、雨が降っていても濡れずに行けるのが良いですねo(^▽^)o

チエちゃん、フランスの話しが続きますね。
前作はナポレオンで今回はルイ14世。

フランスミュージカル、日本初上演だったので、どの様になっているのか興味津々でした。
舞台装置は至ってシンプルでした。

前半のヒロインは、あーちゃん(綺咲愛里:きさきあいり)、
後半はふうちゃん(妃海風:ひなみふう)でした。

ねねちゃん(夢咲ねね:ゆめさきねね)は、トドさん(轟悠:とどろきゆう)主演の
「第二章」に出演のため出ていませんせんでした。

相手役が違うと新鮮に見えたのは私だけ(爆)

ルイ14、孤独な人でしたね~。

幼少期は母の愛を受ずに育ち、恋人マリー(宰相マザランの姪)とは、
政略結婚で引き離され、側室(モンテスバン夫人)とは子どもはもうけますが愛はなく、
やっとモンテスバン夫人の教育係のフランソワーズと結ばれます。

フランソワーズとの生活は愛に満ちたものだったのでしょう。
それでも、国王たるもの孤独だったと思います。

さて、お芝居
チエちゃんはルイ14世役が良く似合っていました。
ナチュラルメークでした。
ダンスもしっかり観ることができました。

まさこちゃん(十輝いりす:ときいりす)は宰相マザラン役。
マザランが亡くなる時、同期ならではの芝居も観ることができました。

あーちゃんは、恋人マリー役でしたが、とっても初々しくて、
歌も旨くてヒロインにふさわしかったです(=^▽^=)

ふうちゃんはフランソワーズ役でした。新人公演を経験しているだけあって、
お芝居・歌ともさずがでしたo(^▽^)o

モンテスバン夫人はなんとしーらん(壱城あずさ:いちじょうあずさ)
しーらん、スタイル抜群でした(b^-゜)
男役ならではの迫力あるお芝居でした。

ベニちゃん(紅ゆずる:くれないゆずる)は、ルイ14世の弟の役。
お気楽キャラでしたが、皇后マリー=テレーズ崩御の後、直ぐに舞台に出るのですが、
場をバァ~と明るくしなければいけないので、かなり大変だったと思いましたが、
しっかり明るくして、ベニちゃんさずがでした。

他は、まいける(大輝まこと:おおきまこと)がお茶会で言っていたことを
思いだしながら観ていました。

月曜日とあって、月組生が多数観劇でした。
ただ、誰だかはわかりませんでしたか…(^o^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加