僕のリズムを聞いとくれ

仕事関係、アウトドアライフ、富山県や水橋のこと五七五、サッカー、お気に入りのモノ、コト等を徒然なるままに綴っています。

世界で一番長い間続いているブロガー「byウニくん」

3001年12月16日 | 金輪のようなもの
今、頭の中で考えたことが勝手に、僕の机の上に文字と化している。。。イメージが、絵となり音楽となり、文字となる。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (2)

酔ひて戯れる

2015年05月23日 | 五七五
家の周りを、ふらりと廻る。発見がある。それも 富山のいいところだと思う。昭和の家の平成の車。表札の無き門柱苔がむし手を打ちても泣き止まぬカエルかな もうすぐ孫が来る散歩の歩速め溝の中まで夕陽に染められ闇感じ  . . . 本文を読む
コメント

やっちゃった。かっちゃった。

2015年05月23日 | 気になるモノ・コト
以前にも書いた「飛雪」と言う名の大吟醸酒、このお味はともかく、あ、これをまた、呑み干して買ったわけではなく、 このお酒は一日90cc程度づつ酒前酒(サケゼンシュ)的に味わっております。お酒と息子のことを味わっております。 気なってきたのが「飛雪」という言葉。なので、2階の書斎から、以前、そう、三浦しをんの『舟を編む』を読んだ時に下ろしてきた『広辞苑』でくってみたのだ。もちろんち . . . 本文を読む
コメント

do something

2015年05月10日 | 金輪のようなもの
今日のテレビでやっていた「do something」。ボクにとっては、write somethingということやと思う。春になると、回ってきた感じがあって、なんだかリセットされた感があって、好きなんだよ。トコトンおいどんはどこへでも行けそうだ!  . . . 本文を読む
コメント

富山満喫なのだ

2015年05月10日 | 金輪のようなもの
母の日ということで、娘氏や息子氏から、資金をもらったわけではなくて、なんとなく、女房殿氏を饗したいとおもい、デートに誘ってみた。曰く、「いわさきちひろ展」at 西田美術館 に行こうと!で、行程は、大岩のそうめん食べて、おおかみこどもの花の家に行って、西田美術館という行程を想定していたのですが……大岩では、金龍にて、そうめんと、春定食をいただきました。春の山菜の煮物や天ぷ . . . 本文を読む
コメント

GW中日 の 4日

2015年05月04日 | 孫氏
2日に帰省した息子氏。しかし2日の晩は友人宅泊。3日も仕事を終え帰宅するも、家の駐車場に彼の車はなく、なんだかなぁと思っていたならば、家に入りて、鎮座する大吟醸の桐箱発見。うん?すき焼きの鍋の横には一人分とは思えない量の肉塊?女房曰く、父ちゃんと飯食いたいし待っている間にレンタルビデオ屋行ってくると出かけたらしい。 やまやで一番高い日本酒買ってきたと、初任給ギフトらしい、おおおお、これは . . . 本文を読む
コメント

夕陽がががが

2015年04月29日 | LOVE 富山
今の時期、田に張られた海が、夕陽を映して空にはひこうき雲。雲の下つばめがつがいで、空ツンツンと曲がり折れ。飛行はこれだとばかりに、海の上ではあめんぼたちが、クルリンパ。ペダル回して、白岩川の堤防路からの振動を身体で楽しむ。路は未知だけれども、どこへでも続いている。そう信じれば、豊かに幸福に暮らせると富山の昭和の日。  . . . 本文を読む
コメント

家という重圧とか家の気持ちとか

2015年04月26日 | 金輪のようなもの
今日は、虎大朗の初節句で、愛の嫁ぎ先におよばれしました。ジェリーも含めて、かわいすぎて、今さぁ、家に帰って、トイレに入って、ふと思ったんだけれども、この家で女房と二人になったの初めてなんだよね。この家に入った時から、家族4人で、そう、もう、今の虎大朗くらいの年齢の悠太とか、その悠太をめちゃくちゃ弟としてかわいがっていた4歳の愛とか・・・。おいおいって感じで思い出されて、トイレで泣きそうになるんだよ . . . 本文を読む
コメント

ツエーゲンに脱帽、ってか

2015年04月26日 | 少年サッカー
カターレって、どうしよう。J3からもう、絶対に抜け出せないと思う。ダメやはぁ… ところが、清原くん、J2で今得点王!2位に2ゴール差の8ゴール!チームも、第2位って、富山の城址公園のサッカー競技場の構想よりも、金沢の西部緑地公園のサッカー場の改築が急がれるのではないだろうか?清原くん、でも、多分来季は別チームに行っちゃんウンやろなぁ。 どうする、ツエーゲンのファンになっち . . . 本文を読む
コメント

頭の問題

2015年04月25日 | 金輪のようなもの
知識を貯めるということは、自分を小さくすることではないだろうか?赤子の頭が大きいのは、自分が大きいので空に吸い取られないように大きくしてバランスをとっているという感じ?赤子の頃、ボクはボクの世界で、ボクの世界はボクでしかなく、ボクの存在はボクの中でとても大きく、大きく無比なのでした。ボクがバクを食べた頃、ボクの口はハムシで埋まり、ボクの鼻にはタンポポの綿毛がつまり、耳の中はカエルの大合唱!そこで、 . . . 本文を読む
コメント

2015年04月25日 | 金輪のようなもの
荷造りした。新旧織り交ぜての荷造り、2日後には、受け取られ、解かれて、場所に収めれれる。主を守って欲しい。主を励ましてやってほしい。主に伝えて欲しい。主に従って欲しい。主に・・・函詰めされたのは、思いだった。 ストンと運ばれて、ストンと受け取られて、 夕陽は今日全国で紅く人を焼く。  . . . 本文を読む
コメント

エキは嫌いになることがあるという、ボクの場合

2015年04月24日 | 金輪のようなもの
「エキ」という言葉というか、文字というか、響きというか、・・・ともかく「エキ」と聞いて、久しぶりに、27年ぶりくらいに「駅」なんだよね。行きたくない場所、悲しい場所、涙がでる場所、呼吸が止まる場所、傷口に塩を塗られる場所、えきはえきとして流れ去りてボクの皮膚から飛び出したところの宇宙空間を彷徨い、それでも、流れ流れて、時の流れだけが解決するのかどうかは、たぶん、解決するのだろうけれど、そんじょそこ . . . 本文を読む
コメント

人のために何かする前に・・・

2015年04月23日 | 金輪のようなもの
さわやかな空気が、頭上を流れていく、そんなことを感じる時間が持てるGWにしたいと思っている。 この時期のやさしいひざしや、すとんと、肺が受け入れてくれる大気や、原色や眼に痛いまでの鮮やかな花華などと決戦を始めるかのごとくニョッキンニョッキンと顔を出すミドリや、各々の生きてきたこれまでを話しだす新入生や新社会人が各々に未来を思い、過去に思っていた未来との隔離に躊躇したり、しているのかなぁ。過ごして . . . 本文を読む
コメント

見慣れない軽自動車の罠

2015年04月22日 | 金輪のようなもの
帰宅する時の八号線からの最後のカーブっていうか、角を曲がる時、シフトダウンだけで、ほとんどブレーキを踏まない、ようにしている。何故だかわからないが、自宅への最後の作業ってか、帰宅に際しての、はよはよ帰宅したいという思い込みにブレーキをかけるなんて、そりゃ、無理な話だと思うのですよん。1秒でも、早く家につきたい、家にはボクを待っている人々がワンサカいて、玄関のドアをあけると同時に、せっかく帰ってきた . . . 本文を読む
コメント

じゃぁっ

2015年04月06日 | 金輪のようなもの
ホームシックって、旅人がかかる病気?最近、家族を思うと胸がキュンキュンして、下半身から上半身まで、右半分が、腰や首の椎間板ヘルニアで痺れているんだけれど、それを超えた、 感じで、うずくんだよね。虎大朗はぐんぐん大きくなって、まだまだという感じで爺ちゃんである内田を超えてくれ、それは、楽しみなんだし、娘なんかに至っては、今、世の中で一番尊敬する人物の一人になっており、え、あの娘が、旦那さんのご両親と . . . 本文を読む
コメント