僕のリズムを聞いとくれ

仕事関係、アウトドアライフ、富山県や水橋のこと五七五、サッカー、お気に入りのモノ、コト等を徒然なるままに綴っています。

世界で一番長い間続いているブロガー「byウニくん」

3001年12月16日 | 金輪のようなもの
今、頭の中で考えたことが勝手に、僕の机の上に文字と化している。。。イメージが、絵となり音楽となり、文字となる。 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (2)

最近お気に入りの辞書

2016年12月04日 | ご本
色々と辞書を見倒すのは、楽しいです。 今、このベネッセのモノ、楽しいです。 勉強になります。 昨日、某古本屋さんで、 これ、500円で売っており、Amazonで調べたら、 古いヤツやったので買わなかったのですが、 本日改めてAmazonで見たら、 第五版出たの先月の15日やん。買いに明日行きます。 . . . 本文を読む
コメント

11月の読書録

2016年12月03日 | ご本
残念ながら、11月はあまり頁を繰れなかった。あまり進まなかった。 原因は至極明白で、CATVで休日を潰したからに他ならない。CATVだけではなくて、自家に光ケーブルによるネット環境が整い、アマゾンプライムの映画見放題が可能になったことも重なる。楽しんだ映像ソフトは、11月後半、日本映画チャンネルで『北の国から』(八夜連続放送)。何故かペイチャンネルであるフジ系列のチャンネルも見ることができ、『F . . . 本文を読む
コメント

本日結局、女房のご希望を叶え

2016年10月30日 | 気になるモノ・コト
大和富山店の北海道物産展に足を運んだ。まぁ、ボクの希望は叶えられず、チョコレート系ばかりをお買い求めになれらた女房でございました。さて、au自分携帯やめて、浮いたお金で、ケーブルに入ることになったけれども、android端末は、残していきます。今、迷っているのが、タブレットを購入するのか、ボクのdell chromebook 11に、androidのappが使える機能が来るのか・・・。木の長い話に . . . 本文を読む
コメント (2)

◀秋である▶

2016年10月30日 | ご本
秋である、深まっており、秋らしい気配が至る所に感じ取られる。 スポーツ、味覚、文化、読書・・・。などなど。本日は誠に素晴らしい秋晴れで当地富山では、富山マラソンが開催されている。このコースの目玉はなんといっても、新湊大橋を走って渡れるということであろう。晴耕雨読とはいうものも、耕す畑も田もないので、耕すのは我が心身ということかと、晴雨読々(セイウドクドク)なる休日が続いている。また、合わせて、本 . . . 本文を読む
コメント

文具好きです

2016年10月26日 | 気になるモノ・コト
その昔、書いたかもしれないけれど、モノへの拘りは、ある方だと思う。一部のものに限るのだが…。例えば、自転車というものに取り憑かれていた頃、自転車の美しさを極めるべく、様々な書籍を垣間見、至った結論は、自ら手を下すということ。例えば、泥除け、この切りそろえる位置とか、それに繋がるフラップとかの長さ・・・。だから、仕方なくママチャリ用のフラップを買ってきて、好きな形に切り揃え、愛車に取り . . . 本文を読む
コメント

9月の読書録

2016年10月01日 | ご本
三島由紀夫『鏡子の家』三浦しをん『むかしのはなし』川端康成『掌の小説』(半分※)川端康成『美しさと悲しみと』川端康成『女であること』川端康成『虹いくたび』小川糸『つるかめ助産院』半分※ というのは、旅先で読んで、次も旅先まで撮っておこうと思ったから。新潮文庫版のこの川端康成の『掌の小説』には彼の短編が100以上のっており、とても楽しみにしていたのだけれども、ちょっと、やはり、短すぎる。。。ただ、9 . . . 本文を読む
コメント (1)

読書録2016年08月

2016年09月01日 | ご本
川上未映子『あこがれ』 水村美苗『日本語が滅びるとき』 本多勝一 『日本語の作文技術』 島本理生『一千一秒の日々』 安部公房『壁』 坂口安吾『白痴』 村田沙耶香『コンビニ人間』 三島由紀夫『美しい星』 夏目漱石『坊っちゃん』 三島由紀夫『鏡子の家』(継続中) 水村さんの『日本語が亡びるとき』はたぶん、2度目。一度目よりも衝撃度が高く、なるほどねという気持ちが湧く。特に、国語 . . . 本文を読む
コメント

7月最後のご本は

2016年07月31日 | ご本
宮下奈都氏の、羊と鋼の森を終え、 川上未映子氏のあこがれの前編、アイスサンドイッチを終え、55歳の初日は、暮れて、夜熱に、焼酎のお湯割を、イタリアンレストランで、満タンとなった胃に流しておりまするるんぱっ。 圧巻な羊と鋼の森。 熱燗でろれろれな脳に響く、 川上未映子調。 間も無く2歳の孫の言の葉達。 感謝を深く、鋭く、高きにおります父母に! . . . 本文を読む
コメント

図書館梯子の甲斐ありまして

2016年07月30日 | ご本
富山市立図書館を後にし、ランチ場所を求めてウロウロと駅に向かう。この酷暑の中、テクテク。 ヘルニアは痛むし、汗は流れるし、で、結局、家で探していた、 手打ちそば深明さんまで歩き、美味しく頂き、マリエのスタバで冷を取り、地鉄でアピアに。 で船橋村図書館へ。水村美苗氏の日本語が滅びるときをペラペラと閉館間際まで楽しみ、帰り際に川上未映子氏の書棚に赴くと、あこがれ、帰ってるじゃないですか…、ラッキーと . . . 本文を読む
コメント

7月のご本達

2016年07月30日 | ご本
読書録。 BOOK OFF100均コーナーにあれば買い集めているのが、村山由佳氏のおいコーシリーズ、ついつい。 Second Seasen 3〜8まで一気に。三浦しをん氏の『あの家に暮らし四人の女』。平野啓一郎氏の『マチネの終わりに』。佐々木健一氏の『辞書になった男』。飯間浩明氏の『三省堂辞書の秘密』。 金原ひとみ氏の『マザーズ』。 島本理生氏の『シルエット』、『生まれる森』、『あなたの呼 . . . 本文を読む
コメント (1)

富山観光?

2016年07月30日 | LOVE 富山
本日、富山市内の老舗NSCであるアピアにて散髪した。断髪といった方が正確な程何時もためにためて、バッサリと切り揃えてもらう。それで、車をアピアにデポり(内緒だけれど)、富山地方鉄道(地鉄)の稲荷元町駅にて「えこまいけ」を2千円で購入し、富山駅に出て、そこから、南富山駅行きの地鉄に乗り換え、西町駅で下車し、TOYAMAキラリ内の富山市立図書館にやって来た。初見参なんだけれども、もったいないくらいの空 . . . 本文を読む
コメント

Amazon.co.jp へご注文の商品がキャンセルされました

2016年07月24日 | ご本
というメールがGメールで届いた。え、キャンセルした覚え無いと思って、本文を読むと、買い手ではなくて、売り手からのキャンセルなんてあるんや!と少々愕然としました。えっ、そんなぁ。 258円(本代は1円)で 『学研の 漢字源』(by 藤堂明保)GET!って喜んでいたんだけれども、キャンセルされましたって、まあ、121円も余分に払って、実質122円 、トータル、379円で手に入れたんだけれど・・・。あ . . . 本文を読む
コメント

短編って難しんだろうなぁ。

2016年07月18日 | ご本
短編小説というのは、どうなんだろうか。一つの小説を読み遣る時に、その時代背景、主人公の境遇、住まいの在処、周辺の人々、彼らの性格、立ち位置、云々かんぬんというものが解り出して来て、その内容にのめり込み出して、ずいずいずずっと作品に引き込まれていく感じが多いのだけれども、あるいは主人公と一体化する感じになるんだけれども、短いものだと、なんだかそこまで行かずにはいッ終了、みたいなところがあって、正直つ . . . 本文を読む
コメント

やるなぁ。

2016年07月15日 | 金輪のようなもの
このニュース見て驚いた。ひ孫より若い子どもができる、ってことだよね。さすがミック。精力的過ぎて、腰抜かしそうだ!恋人29歳って、恋人なんやろか?まぁ、すごいよね!! . . . 本文を読む
コメント