なるみのおもしろメモ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

関係性

2017-05-19 03:53:36 | 日記
料飲サービス事業における関係性マネジメント - 高崎経済大学
関係性のマネジメント理論としてのホスピタリティ論からのアプローチを軸として、料飲
サービス. 事業におけるサービス提供側と被提供側との関係について考察する。 なお、
本論文における「関係」とは、複数の主体間で何ら接点が生じていない状態(=関係がゼ
.(続きを読む)



「セックスと超高齢社会」が直視する、長寿大国の性の実態
関係性の貧困、無援……社会的孤立、無円……経済的貧困に、「無艶……性的貧困」を加え、社会的な視点から「超高齢時代の性」の問題をとらえ、高齢者の性はすでに生殖という役割を終え、むしろ他者とのコミュニケーションとして、長い「余生」の中に位置付けるべきだとして (続きを読む)

性的な関係持ったゲイカップルにむち打ち85回の刑 インドネシア・アチェ州
インドネシアで唯一、イスラム法(シャリア)が施行されているアチェ州の裁判所は17日、性的な関係を持ったとして、20歳と23歳のゲイのカップルにむち打ち85回の刑を言い渡した。近く公開で刑が執行される。欧米などの人権団体から抗議の声が上がるのは必至だ。 同州では (続きを読む)

[独占インタビュー]ジェフ・エアーズ(アルバルク東京)チャンピオンリングを持つ男が語るBリーグと日本人選手vol.2
... 大輔)によるインタビューの第2弾。今回はMLBやNBAのマネジメントを経て、現在はアルバルク東京のマーケティング部門の一員として試合演出を担当するMorris(森岡浩志)も加わり、日本のバスケットボールとファンの関係性、アリーナの雰囲気作りをテーマに語ってもらった。(続きを読む)


元カノとの関係性に困っています。 元カノと昨年12月に別れました。友達に戻ること...
元カノとの関係性に困っています。 元カノと昨年12月に別れました。友達に戻ること、これからも連絡はとること、を約束し別れました。 成人式で、久々に会った女友達Aに元カノの話をしました。 Aは元カノと面識があったんです。 僕はまだ元カノを忘れられていないこと、大切すぎて何も手を出せなかったことなどをぶっちゃけました。 これがまずかったんです。 それから数週間後、元カノへの気持ちもそこそこになってきて、少し環境が変わることがあったのでその報告をしようと、食事に誘うラインをしました。しかし、何日経っても既読がつきません。ブロックされていました。 どうしてブロックされたのか、さっぱり検討がつきません。向こうからこれからも連絡はとりたいと言ってきたのに、裏切られたような気もしていました。僕の中では、友達に戻りたいというのがその場しのぎの方便で、もう顔も見たくなくなったのかな、という落とし所に落ち着きましたが、やるせなさが残りました。 それから一月半、だいぶ元カノへの気持ちは薄れていたところに、ブロックの真相が発覚しました。 なんと、あの成人式で話したAが、元カノに ”僕が元カノとヤったと言っている” と報告したらしいのです。それで元カノは冷めた、ということらしいです。 断じてそんなことは言ってません。むしろ、話の内容は逆です。 初恋の相手で、大切すぎてキスさえできませんでした。性的な目で見たことはほんとうに一度もありませんでした。できるならばもう一度、友達として仲直りしたいです。 ぼくはこの誤解を解くべきなのでしょうか? それともう一つ、 別の友人Bが、その真相を元カノから直接聞いたのですが、元カノからは、僕にはブロックした理由は絶対に言わないでほしいと言われたそうです。 またBが、あいつがそんな嘘をつくわけないと説得しても、確信があり気な苦笑いをするだけだそうです。 元カノはどういう気持ちで上の様な言動をBに対してしているのでしょうか?まさか元カノも、又聞きの噂をそのまま信じているわけではないと思うのですが、、、。(続きを読む)


<iframe width="340" height="280" src="http://www.youtube.com/embed/VroCq3eXLSw" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実母 | トップ |   

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。