STP おやじ

スピード スリル パワーをテーマに生きて来たが時間が過ぎてもただのおっさんの生活を送っている。ぼやきかな?

ホンダ店へ

2017-04-21 15:42:29 | CB50JX-1レストア
この写真はイメージです。(昨年の流用)

CB50JX-1号の自賠責が切れたので、ホンダ店で 掛けてきた。切れていなければこれに乗っていくのだがCB80号でお出かけね。

ホンダの店はCB50純正部品を購入手配するのに利用しているが、冬場に行くので車で行っている。バイクで行くことは稀なのだ。

さて、小生のバイクジャンバーはライムグリーンでカワサキロゴ入り。
いつも、町内会を走る程度なので、ホンダ車でライムのジャンバー着用でも気にしなかった。
今日はホンダ専門店にライムのジャンバー着てCB乗って訪問。センス悪。気恥ずかしいな。
自賠責保険証作成待ちの間、吊るしのホンダジャンバーを物色したが、気に入らん。やめた。

原付の自賠責は、3年で12,340円・安物ジャンバー位。ジャンバー買うより末永く走らせましょう。
CB80号が組み上がってからは、ほとんど乗らないCB50JX-1号 現在は半バラシで物置の中、そろそろ外に出さなくては、昨年は3~4時間しか乗らなかったもんな。
半バラシを外に出して組み立てて燃料入れたら走りだせる。これって動態保存と言えるのかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柵を修繕 | トップ | キャンプ装備追加 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
え? (黒仁庵)
2017-04-29 21:16:10
CB80号って何ですか?
いきなりすみませんm(_ _)m
Unknown (STPおやじ)
2017-04-29 23:53:37
CB80号、これはTL50エンジンを80ccにボアアップ、そのエンジンを基本として、フレーム=ナンバープレート、外装を着せ替えしたバイクである。フレームを基本にオートバイを走らせるのではなく、エンジン(心臓)を基本に走らせるバイクなのだ。フレームもただの交換部品に定義。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む