STP おやじ

スピード スリル パワーをテーマに生きて来たが時間が過ぎてもただのおっさんの生活を送っている。ぼやきかな?

コンデンサーを疑う

2017-07-14 19:45:23 | CB50JX-1レストア
13日のCB50JX-1号の走り、エンジンが熱くなると フケ上がりが悪く パワーが出ない。
不具合原因は何だろう?

14日朝、ストロボライトで点火タイミングを確認する。
Fマークと進角後マークをマジックペンで赤く線を描き準備、ストロボON。

とくに問題はない。進角もOK
ポイントから目立つ火花も出ていないので、コンデンサーはパンクしてはいない様だ。

メーターケーブルに油をくれてやりながら考える。

コンデンサーの劣化で、温度が高くなると調子が悪くなる事例か? 
過去に一度もコンデンサーを交換した記憶は無い。予備のコンデンサーを持っているので、換えてみるかな。

14日夕方、コンデンサーの交換開始
ステーターコンポーネントの取り付けプラス皿ねじが固い。インパクトドライバを使用し対処。若干プラス溝が崩れた。
コンデンサーの端子に配線が絡めてありハンダを融かしても取れない、苦戦。
過去にコンデンサーが交換された痕跡は見うけられない。


取り外しコンデンサーは素手で持てないほど熱くなるものの、大苦戦し外すことができた。ふぅ。
NEWコンデンサーはハンダ付けの熱をあまりかけないように ササッと作業完。
エンジン復旧、始動OK! 

15日朝、試運転。坂や長い直線道路をエンジン回転をあげて走り、エンジンを加熱する。
熱ダレ感は無い、エンジン不調はコンデンサーの劣化だったのか まだ疑わしいまま。
当分走らせながら様子を見ることにした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレーラーツー | トップ | CB50でツーリング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む