gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

凶笑面

2010-03-02 01:22:06 | 日記
『蓮丈那智フィールドファイル』(れんじょうなちフィールドファイル)は、北森鴻による日本の短編推理小説。概要異端の民俗学者・蓮丈那智が助手の内藤三國と共にフィールドワークへ出かけ、事件に遭遇、民俗学的考察を交えながら、解決していく。2005年にフジテレビ系列「金曜エンタテイメント」枠で『凶笑面』がテレビドラマ化された。那智が勤務する「東敬大学」は狛江市にあるという設定である。登場人物蓮丈 那智(れんじょう なち)東敬大学助教授。民俗学に必要なのは想像力と、仮説を証明するためのフィールドワークであるという考えの持ち主で、その特殊な研究方法から同じ研究者から異端と称され煙たがられている。短い髪を整髪料でまとめた精悍な顔立ちの中性的な美女。しゃべり方も男性的。著者も何冊か出版されている。調査の際は必ずジンとベルモットを持参し、マティーニを飲む習慣がある。内藤 三國(ないとう みくに)卒業試験の解答がユニークだと見込まれ、那智の研究室の助手となる。いつ何時調査に出かけるのか分からないので、最低限の荷物が常に研究室に用意されている。フィールドワークを主とする調査方法であるため、研究室の予算がすぐになくなってしまい、その度に調査費のことで教務部の狐目の担当者と話し合うのは三國の役目である。記憶力が良いが、那智曰く「どうでもいいことに関しては」。作品リスト作品はいずれも新潮社から発行されている。蓮丈那智フィールドファイルI 凶笑面単行本:2000年5月発行 ISBN 4106026481文庫本:2003年2月発行 ISBN 4101207216鬼封会(きふうえ)『小説新潮』1998年5月号掲載都築常和という学生が那智に送ってきた1本のビデオテープ。岡山県K市の青月家に伝わる鬼封会という祭祀を撮影したものだった。修二会や修正会の類のようだが他の地域に伝わるものとは決定的な違いがあり、興味を持った那智は三國を引き連れフィールドワークへと赴く。だが、事前連絡の際は協力的だったはずの青月家が調査協力を断ってきた。青月家の長女・美恵子が正当防衛で都築常和を殺してしまったというのだ。 都築常和:東敬大学の学生。博物館の学芸員を目指しており、那智に口添えを頼む。青月美恵子をストーキングしていた(?)。青月美恵子:青月家の長女。ストーカーの都築を正当防衛で殺害(?)。青月葉蔵:青月家の当主だが、入

薬品メーカー社長を逮捕=ストーカー容疑で-兵庫県警(時事通信)
道路予算、陳情の有無で格差=民主版個所付け資料の全容判明(時事通信)
<水俣病訴訟>和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
新幹線ストップ 運転再開後も混乱続く(産経新聞)
<書の甲子園>校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パチンコ攻略法の被害増加=... | トップ | 「個所付け」で首相陳謝、国... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。