シャネルのマトラッセラインはバッグの名品である

機能と美しさの両方を持っているバッグを探している人へプレゼントするなら、ルイヴィトンのバッグがピッタリです。

約束の時刻が近づいても、ビュティオスは帰ってこない

2017-03-07 11:39:03 | 日記
この物語で謀叛のかどで死刑の宜告を受けた友、ビュティォスのために、ダモンは自ら人質になる。家事整埋のためにビュティオスを家に帰してやろうとしたのだ。しかし約束の時刻が近づいても、ビュティオスは帰ってこない。

王がいよいよ身代りのダモンを処刑しようとしたとき、死刑場にピュティオスが現れる。王は二人の友情の厚さに心をうたれ、罪を許したという。この種の物語はわれわれの目を日常的な暮らしや会話からそらしてしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浪費をせず最少の費用で十分... | トップ | ゲイ・コンテストに生きる希... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。