蔵六の思いつ記

思いつきを書き連ねる

岩手から流された東日本大震災の漂流船、沖縄で発見

2017-06-28 22:40:38 | ニュース
岩手から流された東日本大震災の漂流船、沖縄で発見
19:49朝日新聞

岩手から流された東日本大震災の漂流船、沖縄で発見

東日本大震災で流され、沖縄県沖で見つかった岩手の漁船(中城海上保安部提供)

(朝日新聞)

 沖縄本島南部の東方沖約15キロで、東日本大震災の津波によって岩手県陸前高田市から無人で流された漁船が28日、見つかった。中城(なかぐすく)海上保安部(沖縄県沖縄市)が発表した。6年以上漂流していたとみられ、船全体に藻が付着していたという。

 発表によると、28日午前7時前、久高(くだか)島の北東8キロの海上で、長さ6メートルの転覆した船が漂流しているのを海上自衛艦が見つけた。連絡を受けた中城海上保安部がヘリコプターから機動救難士を降ろして船を調査。漁船に書かれた登録番号から、漁船が所属する岩手県陸前高田市の広田湾漁協に連絡したところ、「自分の船に間違いない」と話す所有者が見つかった。


するってーと、親潮から黒潮に乗り換えて、アメリカ西海岸通って、赤道を西進したのか?
しかも、ずいぶん前にアメリカ西海岸で東日本大震災の漂着物が見つかってるから、1周以上してるんだな

すげー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あちぃ | トップ | 水風呂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。