Death & Live

いわゆる日記とは違うようで。死に様や心の疲労について、つれづれなるままに書き綴るだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『ヴァージン・スーサイズ』

2006-10-16 08:03:23 | 映画 「う段」
2002年の12月、シネセゾン渋谷の "コッポラ・ナイト" とやらで観たんですな。

『ヴァージン・スーサイズ』  1999年
原題 : The Virgin Suicides
監督 : Sofia Coppola

自分が過去に観た映画の中で、
唯一です。
自殺を自殺のまま自殺だけを描いた作品。

「ソフィア・コッポラってすげーなぁ」 と、
率直に感じた夜でした。

人は死ぬために生きている。
"死" に意味を持たせたいがために、必死に生きる。

"死" に意味を持たせることが出来そうにない未来を予期してしまうと、生きること自体に意味を失う。
そして、先走った死を選択する。

なんの飾りもなく、自殺は自殺だった。

美しかろうが、若かろうが、自殺は自殺だった。

秀作。


父親のDNAを確実に受け継いでいる彼女には、
これからも、どんどん良作を作り続けて欲しいものです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安眠 | トップ | 赦しから感謝へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい監督ですよね。 (koto)
2006-10-16 11:21:59
ヴァージン・スーサイズ、私も以前観てすごい衝撃を受けました。

いつかもう一度見直して、きちんとレビューを書きたいなって考えています。



ソフィア・コッポラ、素晴らしいですね。

「美しい存在」を、少年達の目を通して描き、

突然の死の理由には触れず、それをそのまま「青春の衝撃」として残してしまう。



原作の題名が「ヘビトンボの季節、自殺した五人姉妹」という、

含みや間接的な表現・飾りのないものだったことも衝撃的だったことを良く覚えています。



また観たくなってきました
kotoさんへ (zooquie)
2006-10-16 23:42:21
衝撃ですね、正に。



こういう題材を率直に描ける人はそういないのではないでしょうか。



この映画に原作があるとは知りませんでした。

勉強不足です<汗



機会があれば、ぜひまた観てみて下さい。



私も原作を図書館で探してみようかな、と。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヴァージン・スーサイズ (my life of my life)
ヴァージン・スーサイズ監督:ソフィア・コッポラ出演:キルスティン・ダンスト , キャスリーン・ターナー , ジェームズ・ウッズ , ジョシュ・ハートネットStoryキルスティン・ダンストやジョシュ・ハートネットなど、若手注目俳優 ...
映画* ヴァージン・スーサイズ (有閑マダムは何を観ているのか?)
少年達の中に今も残る、昔近所に住んでいた美しい5人姉妹の記憶。 お堅い両親に育てられていた彼女達には何か謎めき近寄りがたいものがあるため、彼らを一層虜にしていた。 「一体、どういうわけであの両親からこんなに美しい生き物が5人も作り出されたのだ ...