Death & Live

いわゆる日記とは違うようで。死に様や心の疲労について、つれづれなるままに書き綴るだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『未来惑星ザルドス』

2006-09-14 07:57:37 | 映画 「い段」
去年の夏にDVDで観ました。

『未来惑星ザルドス』  1974年
原題 : ZARDOZ
監督 : John Boorman

連日の文字校正でドロドロになっていた頃に観たんでした。
色々調べものをしていて、
まるでオフィシャルな情報を載せているかに見える
H.P.の情報が、
結局どこかのH.P.のコピーでしかなく、
ある人物を検索した日本語サイトのほとんどが
間違った情報を載せてたりする。

このDVDの解説も、
自分の読み違いでなければ間違っている模様。
"20世紀末" と舞台説明が始まるのですが、
映画を観ると "2293年" とかそのへん!
いずれにしても 20世紀 でないことは確かでした!
まずもって "SF超大作" というアオリからして
大間違いで...(笑)
しかし、ショーン・コネリーファンには彼のフンドシ姿が観れて
うれしい限りなのかも知れませんが...(苦笑)

ショーン・コネリーはこの二十数年後に
"ロード・オブ・ザ・リング" のガンダルフ役のオファーを受け、
「まったくワケが分からない!」と言って断ったそうですが、
この映画の役どころは
"まったくワケが分かった" のだろうか...?
不思議だ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリランカ内戦 | トップ | 村山談話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『未来惑星ザルドス』 (vlt)
ジョン・プアマン監督。 ショーン・コネリー、シャーロット・ランプリング主演。 久しぶりにやってしまったか。 僕の見る映画には2種類ある。 一つ目は文句なしに見たいもの。 例えば、クローネンバーグやポランスキーやラース・フォン・トリアーの映画。 もう ...