Death & Live

いわゆる日記とは違うようで。死に様や心の疲労について、つれづれなるままに書き綴るだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画 『ヒトラー ~最期の12日間~』

2006-08-23 08:18:00 | 映画 「い段」
上映されていた頃、どうしても観に行く時間が無いまま上映が終了してしまい悔しい思いをした作品。
大学で上映会があったので、行って観た。

『ヒトラー ~最期の12日間~』  2004年
原題 : Der Untergang
監督 : Oliver Hirschbiegel

ヒトラーの台詞の数箇所以外には、ホロコーストについては全く触れられていなかった。

狂気というのは、人ひとりで作り出せるものではないのだな。

ヒトラーの秘書だった女性の自伝を元にした作品。

その本人が映画の最後に言っていた。
碑に刻まれた名前の中に、あの「白バラ」のゾフィー・ショルの名を見つけたとき、
自分が秘書として採用されたのと、彼女が処刑されたのが同じ歳であることを知った。
「若かったから、ということ、知らなかったから、ということは言い訳にならないと、その時思った」


そう。
自分と折り合いをつけてしまったら、そこで終りだ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 純粋さと厳しさ | トップ | 【21世紀の死】 橋本龍太郎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (森漫)
2006-08-28 11:08:42
「若かったから、ということ、知らなかったから、ということは言い訳にならないと、その時思った」



 この言葉は、僕も自分自身に言い聞かせなければならないなと思っています。
森漫さんへ (zooquie)
2006-08-28 22:02:53
コメントありがとうございます。



森漫さんに限らず、

自分も含め、多くの人が、自分自身に言い聞かせなければならない言葉かもしれません。



大人になる、社会人になる、

そして、大人でいる、社会を見つめる、

というのはとても勇気とエネルギーを要しますからね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画評 『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場に ...
ヒトラー~最期の12日間~(04・独) (no movie no life)
とうとう山形で今週から「白バラの祈り」の上映が!待ってました。それで、予習もかねて本作品をDVD鑑賞。これもホントは劇場で見たかったんだけど・・・。 内容はタイトルの通り。アドルフ・ヒトラーの最期の12日間を、秘書の女性ユンゲの目を通して、彼 ...
ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。 彼女は追いつ...