「木の家具」羽賀達哉からのお知らせ

イベントのお知らせ その他

舞鶴行

2016年10月16日 | ニュース
今度の土日に京都府舞鶴市でのイベントに参加します。
詳しくは 二つ前と四つ前の記事をご覧ください。

 「舞鶴ワーク&クラフトフェア ワークショップ」

 赤れんがパークホームページ

 舞鶴市公式ホームページ


4年前に家具の展示で参加したときに撮った写真をいくつか紹介します。









明治や大正の時代に建てられた海軍の倉庫をイベントなどで使用できるように改装したものが数棟あります。
この建物は魚雷を保管する倉庫として使われていたそうです。
倉庫の床は 現在は新しくコンクリートで固められていますが 張り巡らされたレールも残してありました。
レンガの柱の傷は その同じ高さから見て魚雷などをを乗せた台車を慌ただしく移動した時に削られたものと思われます。





倉庫の入口の天井付近には荷積みや荷降しのための移動式のクレーンが残っていました。
引き込み線路は隣の建物や建物の傍を通って岸の方へも繋がっていました。
下の写真の歩道のように見えるところが線路跡です。

Pに行く途中にあったこの倉庫は中に入ることはできませんでしたが 激動の時を経ても尚
威風堂々と佇んでいるその姿を 寂しく照らすセンスの良い外観照明と蔦の茂り具合に少々感傷的になりました。




日付の変わる頃 宿泊したポートシャインホテルの窓から遠くを眺めていると
あいにくの雨に揺れる海面の向こう岸には新潟や北海道(小樽かな)へ向かう夜行フェリーが停泊しているのが見えました。
何時の出航なのでしょう トラックのヘッドライトの行列が次から次へと船内に吸い込まれては消えてゆきます。

旅になれた運ちゃんたちには 何でもないごく普通の日常の一コマが
私にとっては非日常の旅情を味わうことが出来た嬉しいひと時でした。




さて 今回はどんな楽しい出会いがあることでしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『右の涙が左の眼に流れ入る時 | トップ | 観戦時のおやつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む