World Of Zono

2017年の4月3日から社会人となる男の奮闘記

徐々に慣れつつある(社会人3日目)

2017-04-05 21:12:55 | 日記
こんばんは。昨日はあまり書くことが無かったので今日はしっかりと1000文字書いていきたいと思います。タイトル通り入社して3日目何ですが、この社会人の生活に徐々に慣れつつあるのを今日感じました。朝早く起きて朝飯食ってスーツに着替えるのにも慣れてきたし、東京の通勤ラッシュ時の電車に乗るのにもだいぶ慣れてきましたし、同期の人と段々と腹を割って話せるようになってきたし、このまま順調にいけば今月中には社会人率70%を越えられそうです。でも、一つまだ不安になるのが残業ですね。学生の時は残業代がきっちり出れば何時間でも残業してやるぜ!!なんて思っていましたけど、いざ社会人になって、毎朝早く起きて会社に行って、仕事ではないですが朝から就業時間まで研修をみっちり受けるともうくたくたです。早く晩飯食って風呂入って寝たいなぁって思ってしまいます。しかしまぁ、私の職業上残業は避けては通れぬ道ですから上手く順応していくしかありませんけど...

急に話は変わるのですが、もしこの記事を見ている新卒の方で毎日がつらいと思っている方がいたらアドバイスです。学生時代の友人も必要ですが、同じ会社の同期の友人も必要だと思います。どうせ仕事中は話すことないだろうし、プライベートでは仕事のことを考えたくないから会社に友人なんて要らないと思っている方も少なからずいると思います。初めは僕もそう思っていました。「どうせ最後にはライバルになるのだから馴れあいは必要ないだろう。」と。それは大きな間違えです!社会人3日目の奴が何言ってんだと思っている人もいると思いますが、本当に同期の友人は必要だと思います。なぜかというと、同じ会社で働いていると部署は違えど似た仕事をしていると思うので、共通の話題があると思います。それは愚痴だったり、上司の不満だったり、給料の話題だったりと、それを違う会社に勤めている人に愚痴っても「へーそーなんだー。大変だねー。」で会話が終わってしまうでしょう。しかし、同じ会社の同期なら「本当にその気持ちわかる!!、給料少なすぎだよな!!、お前も残業か!!」と話に共感してくれると思います。それが非常に重要だと思います。やっぱ共感してくれる人と愚痴を言い合うしかストレスのはけ口にならないと思います。
実際私は、社会人2日目の際に夜に違う職種の友人にメールで不満をぶちまけました。返事は一言「大変そうだね。」(--〆)慰めてほしいわけじゃないけど共感ぐらいしてほしかった(泣)。そんで、今日、同期の友人に今後の不安や何処に配属されるか怖いっていうことを相談すると、「本当にそうだよね。俺も不安なんだ!!~~~~~~」と気づけば1時間は会話していました。まぁ途中から好きなアーティストや実家、アニメ等の話になっていましたが。でも、そのおかげでだいぶ楽になりましたよ。多分向こうも色々と不安やストレスを抱いていたのでしょう。まさにWinWinですよ!!

適用に書いていたら説教クサくなってきたし、文字も多く読み直すのが面倒くさいので思い切って投稿します。
誤字脱字、おかしな文法、意味のない句読点、大目に見てください(--〆)
それでわ!!

1318文字

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1日が長く感じる(社会人2日... | トップ | やっぱ東京のラーメンはうま... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。