えび飼いの園

綺麗なレッドビーシュリンプと水草を愉しんでいます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

霊峰富士の国の頂(テッペンに)…

2015-08-31 19:40:38 | 日々好日
ども、えび飼いです

かなりのお久となりました
なにかとマイペースで愉しくやっておりましたYO

さてさて久しぶりの記事ですが…。
すでに各種メディアで取り上げられ、皆さんご存じの…

TSUYOSHI NAGABUCHI 100,000 ALL NIGHT LIVE in 富士山麓

参戦して参りました
実はおいらファン歴22年でありまして…。


(長渕剛公式LINEより)



(長渕剛公式LINEより)


その内容については、すでに流れているので、ここではおいらなりのエピソードをいくつか…

(その1)
名古屋発新富士までのこだま車内で
自分たちは指定席に乗車。周りには20名程度の中国人と思われる旅行者の団体。
おもむろに落花生のような豆類を食べ始め、その殻をビニール袋に捨てているようでしたが。少し通路に落ちていたようです。
それを車内を移動中の車掌さんが見つけ、通路にひざまずいて1つ1つ丁寧に拾い集めて行かれました。
その光景を目にした中国人の方々、お互いに顔を見合わせ、唖然…。ガイドらしい方が中国語で何か話されていました。
車掌さんのプロ意識、文化の違い…いろいろ感じるシーンでした。

(その2)
焼き鳥を頼んで、キャベツが出てくるのは福岡だけではありませんした。

(その3)
駅から会場までのシャトルバスの乗車で…。
会場には準備されたバスでしか入れないようになっておりまして。なので、早い時間のバスで行くことがブロック内でいい場所を
確保する絶対条件なのです。
出発時間の2時間前に並びに行ったのですが、すでに列が…。
それでも何とか1便目の1号車(50人)に乗れそうで、バス乗り場に移動した時です。
自分たちの前には2号車が。
「???」
当然のように「自分たちが1号車の乗れるのでは…」と前の方が誘導する人に言ったところ
この人たち1号車に乗りたいんやて』と。他人事のように他の誘導に人に言ってる…。
この一言を聞いた瞬間、何が起こったのかはご想像にお任せします。
もちろん自分よりさきに姐御が…。。

(その4)
ブロックの中でもそこそこ良い場所(席)を確保できた時…。
9時間以上の待ち時間がありましたので、姐御と一緒に会場の探検と食事に。
そして席に戻ってみると…見たこともない巨体のおっさんが
「えっ。何?」
自分たちの前には女性2人組のはず。右横には優しいご年輩の夫婦が。
間違いなくそれぞれ午前中から場所を確保して時間を過ごしていたはず。
はいっ!姐御は切れました…おいらも切れました。そして周りも切れたのは言うまでもありません。

(その5)
規制退場するまで…。
LIVE終了後は、10万人の人間が一斉に帰路へ着きます。しかも交通手段はバスだけ。
バス乗車時に付けられたリストバンドのアイウエオ順に退場となる計画。
自分たちは「ウ」だったので、終了後15分くらいで退場口への案内があり移動。
退場口でリストバンドを確認後、バス乗り場に行けるようでした。
退場口に近づくにつれて渋滞が。かなりの人間が動くだろうからこんな感じかと…。
でも周りを見ると1列だけ動いている列が。さらに見ると自分の周りにはカ行の人もいる。
「???」
なんとか動いている1列に入り込み退場成功。
退場後ゲートを見てみると5箇所くらいあるのに実際に通れるのは1箇所だけ。
あとは、まだ呼ばれていないのに順番を待つ人・ひと・ヒト…。そら退場できんわ!
呼ばれるまでは、ブロック内で待つように放送が繰り返しあったのに…。
退場口で指示を出していた方に、クレームではなく一言
「動いてイイ人が動けずに列の後ろにたくさんいます」
と伝えておきました。結局、その後も退場口が4箇所ありました。
ここからは想像ですが、たぶん勝手に動いた人がいたため、予定の退場口のさらにあとに
関所ができたのではないかと。それで結局4箇所に…。
一部メディアでは、規制退場のことが書かれていましたが、自分としてはこの状況がすべての始まりだと感じています。

あんなこと、そんなことがありましたが…結局は
朝陽が昇ったぞーッ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年もお世話になりました… | トップ | 人生の1/3は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL