バイクだけはやめられない

バイクだけはやめられない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いざと言う事態でも出来るだけ冷静に!災害への対策がものを言う

2017-03-08 10:41:02 | 日記
震災があった時に亡くなられた被害者の要因の中で取り分け多いのは、家事と家財類が倒れ為の圧迫死でした。何気なく据え付けてあっただけの調度品の散乱で怪我したり死んでしまう二次被害をなくす為には、どういった対策をしたら有益なのか確認しましょう。

災害後の天気に関しては、誰であっても分からない点です。雨水のせいで全身がずぶ濡れになって、体調が悪化しては厄介です。気温の急激な変化で持久力が失われてしまうことだって想定されます。雨合羽を備えておいたり冷気を防げるシートを探し、用意しておくのがおすすめです。

罹災した際に未使用の防災グッズを用意しておく必要はありません。かえって常日頃から色々とリサーチし、実践して使い心地を知っておけば、万が一の時でもまごつかずにすむからです。備えあれば過度な心配は要りません。災害対策用品に加えて経験値を平時から持っておきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 煩忙な人も今すぐスタートで... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。