あそこに誰かが生きている。 How goes it with you?

日々の感想。

旅の記憶。

自由時間。

そして、
今後の話。

読書時間ー颶風の王

2017-01-30 06:27:13 | Free Time




ホモ・サピエンスとしての

生物である僕たちが、

如何に他生物の恩恵を

受けながら生きているのか。


時に、人類は我が種だけが

恰も世界を創造していると

勘違いしているふしがある。



そんな思想を

思い返す作品。


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016+1 | トップ | 他人の目、離陸、墜落 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。