ちきゅうぎ

宇宙と地球のかけはし

イプシロンロケット試験機打上げから3周年。

 | イプシロンロケット
♯今年12月20日、20時~21時の2号機(強化型)打上げ計画が公表されました!2016.11.15

今(2016(平成28))年度に打上げが予定されているイプシロンロケット2号機。
強化型イプシロンロケットとの呼称で、その名のとおり、“強化”されてます。

○もう一歩先へ
ロケットに搭載し軌道へ送り届ける顧客に対して、搭載できる領域(エリア)を広げ、また、ロケット上段の軽量化・性能向上により、一層質量の大きな衛星を打ち上げるための開発がなされました。

(c)JAXA
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/event/2016/0729_open/image/leaflet/5-6.pdf

その他の“強化”話としまして、、

○宮原ロケット見学場の拡張整備 (きもつき情報局(ポータル))より【平成27(2015)年度】
内之浦宇宙空間観測所の打ち上げの様子を見物できる宮原ロケット見学場の整備が概ね終了し、平成27(2015)年5月23日に内之浦宮原地区の同見学場で記念植樹式に合わせて一般公開されました。


(C)きもつき情報局

この整備事業は平成25年のイプシロン打ち上げ時に宮原見学場の駐車可能台数350台に対し、約27倍の9500台を超える申し込みがあるなど、今後の受け入れ体制のありかたが検討されました。そこで肝付町と鹿児島県大隅地域振興局が協力して駐車可能スペースの確保を含め、通年で利用可能な観光スポットとして平成26年から整備を進めてきました。

整備後の見学場には、面積を広げた展望広場に芝生が張られ、東屋と展望台が設置されました。遠くは種子島まで望める展望公園として利用できます。
駐車場は500台の駐車スペースを確保。アスファルト乳剤散布によって固められ、雨による地盤のぬかるみが改善されました。
http://kimotsuki.info/pages/know/local-news/post-1641.html

○イプシロン抱きクッション【平成26(2014)年度】
宇宙博2014にて販売。会場パンフレット、宇宙でだんらん「リラックマ」に続き人気売上3位だったそうです。

(c)JAXA
http://fanfun.jaxa.jp/topics/detail/2808.html

○イプシロンモデルロケット大会【平成28(2016)年8月】
JAXA筑波宇宙センターでイプシロンをテーマにしたモデルロケットのコンテストがあると聞いて見学に行ってきました。これは、モデルロケット全国大会の特別部門として行われたもの。ただの模型と侮っちゃいけません。モデルロケットはイプシロンなど実用のロケットと飛行の原理は同じ、いってみれば超小型のロケットなんです。

モデルロケット全国大会とは、毎年春と秋の2回、日本モデルロケット協会がJAXA筑波宇宙センターで開催しているものです。第28回となる今回は中学生から大人まで、全国から21チーム、33名が参加しました。今回は、ちょうど中高の試験期間と重なったとのことで参加者は弱冠少なめでしたが、普段の大会では朝から夕方までイベントがぎっしり詰まった盛りだくさんの大会とのこと。

主な競技は3種類、パラシュートによる滞空時間を競う「滞空時間競技」、到達高度を競う「高度競技」、上空で本体とペイロードを分離し本体はなるべく基準点に近く、ペイロードはなるべく本体から遠くに着陸させるという「ペイロード定点着地競技」です。



http://fanfun.jaxa.jp/feature/detail/8185.html
(c)JAXA

これからどのような“強化”話に出会えるか楽しみです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選択と自分 〜ゆく河の流れは... | トップ | 時間というのは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL