チラシコレクション (た〜わ)

映画チラシ&パンフコレクションを公開しています。見た作品にはコメントもあります★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妖怪大戦争

2005年07月25日 | 映画・よ
表「愛と平和の大冒険ファンタジー! ―魔人・加藤保憲を倒せ!! 人類存亡をかけた世紀の戦いに 少年と百二十万の日本の妖怪が立ち上がった。―」
裏「誰も見たことのない、史上空前のエンタテインメント超大作 ―選ばれし少年よ、世界を救え!―」
監督 三池崇史 (2005年 日本) 
出演 神木隆之介 、宮迫博之 、南果歩 、成海璃子 、宮部みゆき
★妖怪研究の第一人者水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきという当代随一の作家陣のプロデュースチーム「怪」が作り上げた原案を映画化。
今年10歳になるタダシは、両親の離婚により母と鳥取にやってきた。しかし最近ボケ気味の祖父には翻弄され、クラスメートにもなじめていない。そんなある日、夏祭りで「世界に平和をもたらす正義の味方」麒麟送子に選ばれたタダシは、なんと妖怪の姿が見えるようになってしまう。同じころ、人間に深い恨みを持つ魔人・加藤保憲は、捕獲してきた日本古来の妖怪と怨霊を混ぜ合わせ、新種の悪霊『機怪』を作り出し、世界壊滅を目論んでいた…。

コメント (1)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃色 Colour Blossoms | トップ | 容疑者 室井慎次 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2005-09-05 21:56:59

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
今年の夏は妖怪ブーム? (くろねこ堂日記)
突然ですが皆さんは、「加藤」と言えば誰を連想しますか? 1.ザ・ドリフターズの「加藤茶」 2.ドラマ『3年B組 金八先生 第2シリーズ』の「加藤優」 3.『帝都物語』の魔人「加藤保憲」 4.巨乳アイドルの元祖「かとうれいこ」 筆者はもちろん「4」! …ではなく
妖怪大戦争 (ネタバレ映画館)
 かつてはアントニオ猪木も務めたといわれる麒麟送子。彼はブラジルに移住していたこともあるので、小豆パワーではなくてコーヒー豆パワーによって強くなったのかもしれない…  舞台は水木しげるの生地鳥取。ゲゲゲの鬼太郎や多くの妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ水木しげる
『妖怪大戦争』 (ちょっと一息♪UPLOOKatHOME)
面白いっちゃあ面白いけど、 「大戦争」あんまり関係ないような・・・。 だって、最
「妖怪大戦争」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は理恵子と久しぶりに試写会に行って来ました。なんか今年は去年以上に邦画を見に行っているような・・・そしてこの秋公開の映画も結構気になる作品が多いな。 {/kaeru_en2/}STORY 日本語オフィシャルサイト 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取に移り、母と祖
妖怪大戦争 (CLII -映画のような恋をして-)
公開日 2005年8月6日 2005年製作 日本 ジャンル ホラー/アドベンチャー 監督 三池崇史 製作総指揮 角川歴彦 プロデュースチーム「怪」 水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆき 脚本 三池崇史、沢村光彦、板倉剛彦 出演 神木隆之介、宮迫博之、南果歩、成
妖怪大戦争 栗山千明さんはマルファン症候群ですか?? (Blog・キネマ文化論)
●妖怪大戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取
★「妖怪大戦争」 (ひらりん的映画ブログ)
ニッポンの夏・・妖怪の夏・・って事で、公開初日のナイトショウ鑑賞。 京極繋がり(「姑獲鳥の夏」)であり、 戦争物対決(「宇宙戦争」)だったりして・・・ ひらりん的には注目の一品。 2005年製作の日本映画・冒険ファンタジー、124分もの。 あらすじ 親の離婚で母方
夏に寒い「妖怪大戦争」 (soramove)
「妖怪大戦争」★★★ 神木隆之介主演 公開されたばかりで 劇場は混んでいた。 前半はワリと面白く見ていられたが この映画でいう「大戦争」に 入ったあたりから バカバカしくなって来る。 製作者の意気込みが最後まで 続かなかったのか、 急に子供向けに...
妖怪大戦争 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
僕は、生まれて初めて「真っ白な嘘」をついた。 自分の為につく嘘が、「真っ赤な嘘」。 他人の為につく嘘が、「真っ白な嘘」。 それが、大人になるための入り口らしい・・・ 公開初日、「劇場版NARUTO2」を鑑賞後、レイトショーにて鑑賞。 夏休みのせいか、公開初
「妖怪大戦争」映画感想 (月宮の音書)
以下ネタバレですので、大丈夫な方のみどうぞ。(一部暴言はいてます。ご覚悟を) この作品の情報を知ったのはいつだったでしょうか? ウブメと同じくらいだったような気がします。う〜ん、一年ほど前ですね。 以来、共に(珍しく)かなりの期待をもっての鑑賞でした。 確か
妖怪大戦争★★★☆+小豆は好きですか?!…大爆笑でした! (kaoritalyたる所以)
特に予告を見たわけでもなく、まぁ面白そうかな〜って気軽な気持ちで観に行った妖怪大戦争、面白かったです〜!大好きな子役、神木隆之介くんが主演ってことも知りませんでしたが〜色が白くてちょっと中性的で可愛かったなぁ〜(アブナイ危ない・・)。役者だね、この子は...
祭りに行こう 「妖怪大戦争」 (わたしの見た(モノ))
荒俣 宏 妖怪大戦争 「妖怪大戦争」   今の時代に“妖怪モノ”ってどうなの? 観るまでは不安だらけだったが、 娯楽性、笑い、メッセージ性もあり、冒頭からラストまで楽しめました。 子供向けなんかじゃなく、各世代が楽しめる作品だと思います。 ここ最近
#37:妖怪大戦争 (::あしたはアタシの風が吹く::)
麒麟送子に選ばれ、麒麟送子になり、麒麟送子として戦い、麒麟に乗って空を飛ぶ。その姿が見えるのはKIRIN(麒麟)ビールを飲んだ時だけ?! お祭りでしたね〜 大人たちが寄ってたかって子供の頃戻って妖怪の映画を作ろう!!とした意気込みが感じられました{/kirakira/}
妖怪大戦争 (かぶきものにあこがれて…)
妖怪大戦争という映画を観て来ました。 今回は妖怪の検証に、水木しげる・荒俣宏・京極夏彦という大御所が参加しているというので、大変楽しみにしてました。なんとも言えない味のある展開でした。 いまどきのヒーロー映画とは全く違う、妖怪の立場とか性質みたいな感じが
妖怪大戦争 (2005) 125分 (極私的映画論+α)
 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取に移り、母と祖父と3人で新たな暮らしを始めた10歳の少年タダシ。都会育ちのタダシは田舎の生活になかなか馴染めず、当然クラスでも浮いた存在で、いじめっ子の格好の標的となっていた。そんなある日、タダシは神社のお祭りで“麒麟
妖怪大戦争 (It\'s a Wonderful Life)
なかなか面白いですよ。2時間全く飽きずに観る事が出来ました。 「歴史に残る傑作」って訳では無いですけど;; シリアスでありながらも、かなり狙ってベタベタにしている作品で、 細かい事などツッコむ気にさせないテンポのいいオモシロ映画。 終始わははー!と...
妖怪大戦争 (利用価値のない日々の雑学)
このタイトルの作品を観るのは何年ぶりだろうか。確か、何作か続編が作成されて、ガメラかなんかとの2本立てで、最後に観た作品には、タイトルに「東海道」と着いていた筈だ。以前から筆者は邦画に対して、素材は良いものが沢山あるのだから、後は時間とお金の使い方次第だと
妖怪大戦争 (利用価値のない日々の雑学)
このタイトルの作品を観るのは何年ぶりだろうか。確か、何作か続編が作成されて、ガメラかなんかとの2本立てで、最後に観た作品には、タイトルに「東海道」と着いていた筈だ。以前から筆者は邦画に対して、素材は良いものが沢山あるのだから、後は時間とお金の使い方次第だと
映画感想「妖怪大戦争」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「妖怪大戦争」 【評価】★★ 【B級度】★★★★★ 【エロ】★ 【笑い】★★★ 【感動】★ 試写会当たったんで行ってきました。 まあ、でも、試写状のハガキを見る限り、どうせクソ映画だろうなー、と思っていました。 しかも、どうやら餓鬼お子様が主人
試写会「妖怪大戦争」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「妖怪大戦争」開映14:00@九段会館 「妖怪大戦争」 2005年 日本 配給:松竹 監督:三池崇史 製作総指揮:角川歴彦 プロデュースチーム「怪」:水木しげる・荒俣宏・京極夏彦・宮部みゆき 製作:『妖怪大戦争』製作委員会  製作プロダクション:角川映画
妖怪大戦争 (マゾヒズムに花束を!)
 マゾと妖怪は似ているな  と思った。  共通するキーワードは「キモイ」か。 だけど愛敬もある。怖い妖怪もいるけど、つい苛めたくなってしまう妖怪もいるでしょ? 寂しがりやで、かまってほしくて、どことなく惨めで。 ひねくれていて、純粋で。マゾヒストの生態と
「妖怪大戦争」評/イッタンモメンくらしか知らないので余談ですが・・・ (I N T R O+blog)
『妖怪大戦争』(2005 / 日本 / 三池 崇史) Text By 百恵 紳之助  いきなり余談ですが、ボクは鳥取県出身です。鳥取県出身者は自分の故郷が映画の舞台になるだけでとても嬉しいのですが、微妙な気恥ずかしさも感じてしまいます。(ボクだけか?)  一応砂丘はありますが、ほ
2005年 日 【妖怪大戦争】 (Movie Diary)
監督:三池崇史 出演:神木隆之介/近藤正臣/阿部サダヲ/宮迫博之
妖怪大戦争 (色即是空日記+α)
長いナギ節が終わって「シン」がやってきた!!  ・・・・・ってそれはFF?(笑 あの大要塞が「シン」っぽかったもんでw だってだって、 宇宙戦争でもやられなかった大阪がやられちまったんだよ Σ(゚Д゚;エーッ!     いいじゃんいいじゃん、お.
妖怪大戦争 (土曜の夜は・・・)
story 今年10歳になるタダシは両親の離婚により、父親と4歳年上の姉と別れ、母親と祖父と共に母の故郷・鳥取で暮らす日々。漁港で働く母は家を留守にしがちで、タダシは最近呆けが
妖怪大戦争 (新・ぴゅあの部屋)
2005年 三池崇史監督 「妖怪大戦争」(★★★☆☆) テレビで見ました。 水木しげるが関わってるのねー! 鬼太郎の銅像が出てくるしw いじめられッ子が、お祭りで麒麟に噛まれたことから、 しきたりで、大天狗の山へ伝説の剣を取りに行くって、 ...
映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ 一番恐ろしかったのが、 神木隆之介さんの演技力Σ( ̄□ ̄;) その若さで、ぐんを抜いていたよΣ( ̄□ ̄;) 内容的にもエンターテインメント映画でしたねー。 ところどころ、 ...
映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『妖怪大戦争』(三池崇史監督)★★ 一番恐ろしかったのが、 神木隆之介さんの演技力Σ( ̄□ ̄;) その若さで、ぐんを抜いていたよΣ( ̄□ ̄;) 内容的にもエンターテインメント映画でしたねー。 ところどころ、 ...