チラシコレクション1 (あ~そ)

チラシコレクションです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

運命じゃない人

2005年07月12日 | 映画・う
表「バラバラになった時間がすべて揃った時、幸せがやってくる- こんなの初めてなタイムスパイラル・ムービー」
裏「僕らに起きた出来事を体験するのはあなただけ! 運命の一晩が幕を開ける!」
監督 内田けんじ (2004年 日本) 
出演 中村靖日 、霧島れいか 、山中聡 、山下規介 、板谷由夏
★5つの物語がパラレルに進行するサスペンスタッチの不思議な人間ドラマの新感覚ラブストーリー。
頼まれたことは絶対に断れない『いい人』のサラリーマン・宮田武は、こつ然と姿を消した前の恋人、あゆみのことを心配するお人好し。そんな宮田の親友で私立探偵の神田は、宮田のことが歯がゆくて仕方がない。宮田のためナンパした女の子はなんと婚約破棄で自暴自棄になっていた女性・真紀だった。住むところのない真紀は宮田の好意で彼の家に招かれるが、そこにあゆみが戻ってきて…。
コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつか読書する日 | トップ | 四月の雪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「運命じゃない人」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
ユーロスペースのように狭くて小さい映画館は席によって、アタック25のパネル状態だ。今年のカンヌで脚本賞を受賞し、評判も悪くはなかったこの映画。ある夜の出来事に関わる5人の人々、その同じ夜の同じ舞台なのだが、時間を戻して、また別の人の視点で、まるで別
「運命じゃない人」最高 (エモーショナル★ライフ)
かねてより期待していた作品「運命じゃない人」見てきました。 これは非常に面白かった! 今年見た邦画の中でベスト1と言っても過言ではない出来栄え。 こういう映画こそブログのパワーで口コミ大ヒットとなりそうな気配です。 この映画を全く知らなかった人は 今すぐ
運命じゃない人 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日3本目は「運命じゃない人」です。   さぁ~、きました!きました!きましたよ(笑) 期待以上、メチャメチャ面白かった もう最高でした。文句なしこれはもう傑作でしょう。 練りに練られた見事な脚本には拍手を送りたいです。   僕はほとんど予備知識ゼ
傑作。とにかく観て欲しい◆『運命じゃない人』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月24日(水) ゴールド劇場にて 日本映画で、しかもそれほど有名な俳優が出ているわけでもないのに、映画ファンの間ではとっても評判の良い作品。しかも、宣伝用のチラシの裏面には、あの黒沢清監督までが「これはもう巨匠の映画だ」と絶賛している。オダギリジョーも「す
映画のご紹介(85) 運命じゃない人 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(85) 運命じゃない人 お金と心と どっちが大事? jamsession123goが去年「恋は五・七・五!」を観てブログに記事を書いたら、出演していた.
運命じゃない人 (impression)
第14回PFFスカラシップ作品で、且つ第58回カンヌ国際映画祭で、フランス作家協会賞など4賞を受賞。  監督は本作が劇場用長編デビュー作となる内田けんじ氏。 ある一晩の物語を、5人