CINECHANが観た映画について

映画ブログ。感想というより記録のようなもの。

17-124「素晴らしきかな、人生」(アメリカ)

2017年04月29日 20時54分18秒 | アメリカ映画
愛を渇望し、時間を惜しみ、死を怖れる
 ニューヨークで広告代理店を経営するハワード。彼の手腕で会社は業績を伸ばし、公私ともに順風満帆な人生を送っていた。
 ところが突然、6歳の愛娘が不治の病でこの世を去る。ハワードは深い悲しみで自暴自棄となり、仕事を放り出して自宅に閉じこもる日々。ハワードに頼り切りだった会社は急速に傾き始める。
 残された同僚役員ホイット、サイモン、クレアはそれぞれの事情も相まって、ハワードをどうにかして救わなければと思っていた。
 そんな時、ある奇策を思いつく。やがてハワードの前に、性別も年齢もバラバラな3人の奇妙な舞台俳優が現われるのだったが。(「allcinema」より)


 6歳の娘を亡くし、仕事も日常生活も手がつかず、すっかり抜け殻のようになってしまった男、ハワード。
 会社経営者でもある、そんなハワードを色々な面で心配する、同僚であり、親友でもあるホイット、サイモン、クレアの面々。

 ホイットたちは、ハワードたちを立ち直らせるため、ある奇策を思いつく。


 人生どん底にあるハワードを救う奇妙な3人の男女。
 これは、ハワードに近づく3人の男女のことではあるが、ある意味、同僚であり、親友でもあるホイットたちのことでもあったのだろう。

 そして奇妙な男女が救ったのは、ハワードだけでなく、それぞれ悩みを持つ、ホイット、サイモン、クレアの3人でもある。


 6歳の娘を亡くしたハワードなど、出てくる人物が非常に大きな悲しみや悩みを抱えており、明るい雰囲気を見せようとするが、全体的には悲しい気分にさせる話であり、作品である。

 果たして、ホイットたちのちょっと驚く仕掛けでハワードは立ち直ることができるのかというところは興味深い話。

 そんな奇妙な男女と話をしたことで、心が乱れたのか、同じく子供を亡くした人々が集まるセラピーに参加するハワード。
 そこでマデリンという女性と会い、彼女と会話を交わしていくようになるハワード。

 同じく6歳の娘を亡くしたというマデリンと心が通じ合い、彼女のおかげで立ち直るのかなと思ったのだが、個人的には思ってもいなかった事実が明らかになり、これはちょっと驚かされたな。


 話の展開としては、それ程大きな感動、驚きを与えるようには感じなかったが、ハワードをはじめホイットたちの持つ大きな悲しみ、苦しみが胸に来る作品であった。


 結局、奇妙な3人の男女はハワードだけでなく、ホイットたち3人をも救うために現れたのかな。

/5

監督:デヴィッド・フランケル
出演:ウィル・スミス、エドワード・ノートン、キーラ・ナイトレイ、マイケル・ペーニャ
    ナオミ・ハリス、ジェイコブ・ラティモア、ケイト・ウィンスレット、ヘレン・ミレン
於:丸の内ピカデリー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17-123「新宿スワンⅡ」(日本) | トップ | 17-125「キリング・ファミリ... »

コメントを投稿

アメリカ映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『素晴らしきかな、人生』を一ツ橋ホールで観て、ウィル・スミスお前って奴はふじき★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲宇宙愛キーラ・ナイトレイ テレサみたいな恰好で出てきてほしい。 五つ星評価で【★★超完膚なき駄作とまでは言わないけどウィル・スミスの片岡鶴太郎みたいな立ち位置が嫌......