CINECHANが観た映画について

映画ブログ。感想というより記録のようなもの。

17-225「昼顔」(日本)

2017年07月31日 00時58分11秒 | 日本映画
いっそあの人も死んでくれたら会いたいと思わずにいられるのに
 笹本紗和と北野裕一郎のドロ沼の不倫が白日の下に晒され、2人が引き裂かれてから3年。夫とも別れ、仕事も住むところもすべてを失った紗和は、海辺の町でひっそりと孤独な日々を送っていた。
 一方、妻・乃里子のもとへと戻った裕一郎は、高校の生物教師を退職し、大学の非常勤講師をしていた。そしてある日、蛍に関する講演をしていた裕一郎は、客席に座る紗和に気づいてしまう。
 逢ってはいけないと分かっていながらも、再び逢瀬を重ねてしまう紗和と裕一郎だったが。(「allcinema」より)


 ダブル不倫による恋の行く末を描いた恋愛ドラマ。

 TVドラマの映画版ということであるが、もちろんドラマの方は観たことなし。

 ドラマはダブル不倫をしていた笹本紗和と北野裕一郎が別させられたところで終わったようで、本作はその3年後から始まる。

 紗和は夫とも別れて海辺の町に引っ越し、一人で暮らし始める。
 そこで偶然町を訪れた裕一郎と再会。

 そこからまた二人の想いが動き出す。


 ダブル不倫という設定のため共感度はゼロに近いものがあったが、二人の恋の行く末は気になる展開。

 会うことも許されない二人が再会してしまい、そのためまた裕一郎の妻、乃里子を加えた泥沼の三角関係が生まれる。
 しかし、裕一郎の決断によって二人は幸せな結末を迎えようとする。

 ダブル不倫の行く末を幸せで良かったと思わせないのが、紗和がバイトしているレストランのオーナー、杉崎の台詞。

 ここで、二人の恋は単純に甘いものではないということで釘を刺しているみたいだったな。

 紆余曲折ありながらも何とか円満な方向へと向かいかける二人の恋。

 しかし、クライマックスでまさかの事件が起きる。
 やっぱりこのまま終わることはないだろうなとは思ったが、それでも怖さを感じるものだったな。

 内容もさることながら、話の展開もドラマティックすぎるほど。

 やっぱりダブル不倫の結末を幸せなもので終わらせることはできなかったのかな。

 ラストで紗和が線路の上に倒れこんでそのままでいる時はどうなるのかと思ったな。


 ダブル不倫ということで、諸手を上げて応援できるような内容ではなかったが、二人の恋の行く末は気になる話。
 少々ドラマティックすぎるところもあるが、惹き込まれる展開の作品ではあった。
 
/5

監督:西谷弘
出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、黒沢あすか、萩原みのり
    志賀廣太郎、三浦誠己、渋川清彦、松居大悟、中村育二
於:池袋HUMAX CINEMAS
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17-224「バーニー・トムソン... | トップ | 17-226「TAP THE L... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
昼顔★★★ (パピとママ映画のblog)
2014年に放映され人気を博したテレビドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち」の劇場版。それぞれ妻、夫がいる身でありながらも激しく惹(ひ)かれ合ってしまった男女が、一度は引き......
「昼顔」 (ここなつ映画レビュー)
W不倫の話で出演は上戸綾で斎藤工なのである。しかもTVドラマの焼き直し。普段の私なら絶対に観る選択をしない作品。とはいえ、とある理由があって鑑賞しに行った。理由とは…毎......
『はじまりへの旅』『マギーズ・プラン』をギンレイホールで観て、『昼顔』をトーホー...... (ふじき78の死屍累々映画日記・第二章)
◆『はじまりへの旅』 ▲父ちゃんと子供達 五つ星評価で【★★★★父ちゃんと子供たちに自然に感情移入】 森の中で独自に生活しているベンと六人の子供。 子供達の母親が死に......