NAOの自分開発計画

より美しくなりたい。

やはり気になる陽岱鋼の今後

2017-05-05 14:06:45 | 日記
今年のFA有資格者選手の中には、北海道日本ハムファイターズの優勝に大きく貢献した陽岱鋼選手も含まれています。
陽岱鋼選手は台湾出身、高校時代を福岡県で過ごした事から2004年のドラフト会議では高校生ドラフトにて1位指名を受けてファイターズへ入団した経緯があり、台湾出身ではあるものの、扱いは日本人選手として扱われています。
入団当初です内野手だったものの、ほどなくして俊足と強肩を買われて外野手へ転向、入団4年目あたりから一軍に定着、徐々に出場機会を増やして2012年には主力選手の一人としてリーグ優勝にも貢献しています。
主力として定着していく上で打撃にも磨きをかけ、俊足、強肩、そして長打力もあることから将来はトリプルスリーもとれるのではないかと言われた時期もありました。
今年の陽岱鋼選手は途中故障離脱はあったものの、打撃が好調で一時は3割を越える打率をキープ、そして得点圏打率も高く、ファイターズの優勝に大きく貢献しました。
シーズンの好調さから一転日本シリーズでは6打席ノーヒット4三振で途中から主に守備固めとして起用されましたがそれでも存在感を見せつけて日本一にも貢献しています。
陽選手本人としては残留したい気持ちと他球団の話を聞いてみたいと言う気持ちで複雑だそうですが、非凡な打撃と広い守備範囲、そして強肩とファイターズにとってはなくてはならない存在なので、残留を決意すれば非常に大きな事となります。
しかしFA宣言して他球団でプレーしても素晴らしい活躍を見せる事はまず間違いないと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域の力と人の力に唸ってし... | トップ | 子猫との生活 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。