画家の実生活って知ってる!

気ままなようで、悩んで、興奮して、ニンマリして、また、悩む人それが画家なのです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「画家の脳は常々絵を描く視線で物を見てしまう」

2017-03-06 13:27:35 | 日記
画家のジーゾこと地蔵路です。

今日は、タイトル通り画家の内側を記してみます。
画家の物への見方

何を見ても絵に描く場合を想像してしまいます。

青空に浮かぶ白い雲を見ても なんて絵になる雲なんだぁ~
スーパーの果物売り場でも こいつはいい色してるなぁ~ くびれがたまらないよ。
他人が聞いたら危ないです。

一般の方は、物の見方も正面から見たら納得する所、画家の目はその裏をも見ようと
藪睨みをするから初対面方は警戒してしまいます。ヤバッ!! てな感じで。

色についてもそうですね。白は白黒は黒、白黒はっきり付けやがれは江戸っ子のタンカですが
画家は、いやぁ白ではないぞ と 疑うところから見えもしない色を探して悩むのです。
頭を抱えて髪を搔きむしり喘いで苦悩の虫のように転げ回る。

さすがに、そこまではありませんが近いものは確かに認めます。

苺の真っ盛りですね。
と 云うことで 苺の絵 デス。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曇空で筆が進まない! | トップ | 本日雪景色を完成させました。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (飲んべえ太郎)
2017-03-07 21:02:01
苺と花粉症の季節ですね~(ヘックション‼)

苺の絵素敵ですね!

画家さんの物の見方興味深く読ませて頂きました。
やはりアーティストと言われる方々は独特の感覚をもち、我々凡人では考えられない苦悩と、そして何より表現できた時の喜びは格別なんでしょうね!

もし画家さんとお会いしたらやっぱりこちらの裏側も見えてしまうのでしょうか?

ちょっと怖いですね(^_^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。