時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

人は絶滅種

2016年10月29日 | 時事寸言
国益、其れは何時も米国の国益で在って同盟国の国益では無く、
国損?と言う事ですが?米国の核の傘は商売の元手?で?、

米軍基地に国土を使われ費用までも必要とする為です?。

然し其の傘の中に這入る事で国土拡張国家に抑止と成りますが、
現、大統領下に於いては世界の警察止めると言動したり、

実質的な施策は無い処から恩を仇で返すかの共産主義国の、
軍備、経済と隆盛を極め現在では尽くの反発は世界の知る処?、

大国2つと北朝鮮で国家形態は二極化再現と成り飛ぶ鳥落す勢い、
其処で同盟国フィリピン大統領の言動で見限られた米国は?、

尚、一層の不利な状況と観得ますが?中国や日本の歴訪は?、
矛盾も感じ不透明な感じも仕乍?、現在です?。

経済外交と観れば其の主意も解ろうと言う事ですが?、
一期に国際情勢は変わりそうで米国の国防上戦略は崩れてか?、

太平洋は小さな海と成る可能性?大と言えそうです。

此処で米国が何か実行に転じれば?世界第三次戦争の勃発で?、
又、共産主義側が何かを始める時も同じ意味と成りますが?、

米国は70年前の原爆投下で世界制覇と言う事ですが、
現在では核保有国は多く成り小国でも所持していますが、

宗教国家でも其の使用が無い訳では無く?何時でも可能性大で、
地球上から人の社会が消え去る時期は在ると言う事ですが?、

人は我欲に狂うと止めようはなく一気に実現されて仕舞います。

地球上其々の国が自国の国益を固執すれば国損は疎か?、
人類消滅も在り得る事で其処で問われるのは各国の大統領で、

其の仁質次第では現在と同じ事が起こり得ると言う事です。

米国では更にスケール・ダウンした次期大統領が決まりますが、
隆盛の共産主義国がリーダー国とも成れば世界規範は失われ?、

独自規範に依って世界は僭主的?規範が蔓延り原初に戻る?、
世界と成り自由人権は蔑ろにされリーダーの我欲の儘の世界で、

全ては破滅に追いやられ?今、其の過渡期と言えそうですが?、
物理的にも異常気象と自然災害、大国のエゴに依って促進で、

異常な大量殺人も蔓延り失われる人命も顕著ですが?、
先ずは人が人を殺す行為が常態化すれば人の大量死滅亡と成り、

地球上に人の姿は観得無く成り人は絶滅種と言う事です。

人の社会に正しさが消え去り本能が支配する社会です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイオリンレッスンII | トップ | 国益追求と大国 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。