時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

親も子も無い憲法

2017年06月14日 | 時事寸言
反抗期の存在が云々され子供が親に暴言や暴力との報道ですが?、
人の家族や先祖伝来は旧憲法での民法家族法は家長制に依って、

家、家系の存続を云いますが現在では核家族制に依っての制度は、
個人を尊重し子供兄弟は其々家長で在り家長制に依っての家系は、

長男に依っての家督相続は廃止されて子供の数ほど家は増え?、
先祖伝来は否定されて在る様ですが?家長の尊族や尊重は無く?、

自分、個人の主張に依って縦の線は無視される様に成りまして、
従って親も兄弟も親類も意味は失い親に暴言、暴力と言う事です。

現在社会は縦の尊重は失われている様で?子供が突然キレると、
テレビ放映ですが?親が先祖伝来の家系に依る家訓やしきたり、

社会規範や倫理礼節を蔑ろにして来た結果で家に伝わる躾は?、
親が子に躾ける内容ですが其れが国の国民に教育する為の基礎で、

此の躾の有無で国家教育での基礎は云々されていますが?、
現在、其れは途絶えて躾けの伝授の無い儘で?子供は育ち?、

今、汚くも報道の保育関係の悪質さは報道されての現状で?、
其れは現在の社会傾向ですが人の不正と汚さですし?、

未だまだ、進化する不正と汚さは一般化して?育児は腐れ?、
人の社会の悪質化は進む事でしょう。

新憲法の核家族制は改憲される事は無い政府、権力の実態で、
庶民国民の知る処ですが此の現状が続く限り社会は闇で?、

利己主義と社会規範は失われる事でしょう。

人の社会は経済的な繁栄以外は無関心で推移して居ますが?、
人の質の低下は世界的な風潮ですし其の言動を見ても?、

国益と称し我欲の追求ばかりで汚い社会と言えそうです。

此の民法に依る核家族制は現在日本に基地散財の米国に依って、
70数年前に敗戦に依って齎された憲法ですが野党は平和憲法と?、

護憲の立場で対岸国の侵害にも又、ミサイルにも交戦権の無い?、
憲法状態ですが野党の連中は如何にして国土の防衛か?、

知たリ度くも在りますが?喜ぶのは?対岸国と言う事です。

其の付与して呉れた戦勝国の米国は日本の本土に朝鮮半島韓国の、
防衛の為の?基地配置とも言えますが?日本未だ70数年以来?、

敗戦国の儘で?米軍の基地散在と言う事ですし其れは韓国の為か、
米国の国益の為とも言えそうですがお陰で?北朝鮮のミサイルが、

飛来炸裂を観るかも知れません。

其の米国付与の憲法に依って対岸国の侵略も韓国の竹島不法占拠、
以外は核の傘で無事も、感謝?かも知れませんが複雑な感じです。

子供への躾は縦の関係を重視す躾を徹底するべきかも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国と政治と責任 | トップ | マンスブレッディグ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。