時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

形而の事柄

2017年07月11日 | 時事寸言
西洋の神も日本の神も神職と神社の姿で形や姿を持た無い存在を、
表し其れを受けて人は神の存在を信じ敬うのですが?、

其の事を主意に人は集り大きな力として宗教団体や国家の、
形成と言う事ですが?其の神職を信じる事で存在する神の概念は、

大きな力と国家をも形成して地球上に棲息?存在と言う事です。

洋の東西を問わず神の存在を説く神話や教典に依っての宗教は?、
人に大きな影響力ですが姿、形を持た無い存在は形而上に置いての、

事柄で?霊界に置いての霊魂の存在も又、同じかも知れません。

其れを利用しての神話の場合も神話作家に依る創作とも言われ?、
プラトンの著書上では其の作家を追放にしたとも記述ですが?、

人は当時、男女背中合わせでの存在を其のパワーの強大さに?、
男女別々に切り離し現在形にとの記載も在りますが、更に一本足の、

話も有り一本足にされた人の姿や生活、存在は?如何ばかり?、
現在では人の存在で?欲望の塊の様な存在ですが少しは削がれ?、

違った形の人の社会かも知れませんし?如何でしょうか?、
神の領域を犯す存在の生物ですが今、宇宙への着手は闌ですし?、

人が移り住む時代も近ずいて居るかに観得ますが?、人の意識は?、
如何ばかり?庶民クラスの枯れゆく野草の一本としては無関係?、

良からぬ?手立てに野望の人達は其れを進歩と表現して現在です。

其の逆で形而上としての霊魂の世界への思いを馳せる霊魂主義では、
目立った進歩?否、退歩かも知れませんが?観得ぬがゆえに?、

何をどの様にも云えて風光明媚な広大な土地の豪奢な建物を構え?、
人の終焉に際し?綺羅美やかな?装飾で飾り経を読む姿は?、

其の経も釈迦と対話者の対話の対話者に依る書き残せし文書は?、
各宗派の主経と成って漢訳された物に過ぎず特異な衣装に身を飾り、

現在に其の経を説き?存在すると言う事は中身を知らぬ庶民は?、
仏法、僧として観得、一つの職業かも知れず?其れは現在ですが?、

音楽家が音学を定義出来ない現在と良く似た人の姿かも?知れず?、
形而上に提示?、説明定義の事柄に携わる人としては?、先ずは、

自らが自らに定義出来ての姿勢かも知れません?。

人の其れを解くからには定義、解説を明らかにするべきですが?、
先ずは、不可能かも知れず?何とでも言える事柄かも知れません。

其れは生存現在として?形而上に在る事の説明ですから?、
生存する現在人生に於いて説明、定義出来無いとすれば?、

神仏や形而上に仮定する言論としては?慎むべきかも知れず?、
宗教に依っての詐欺的な言動は人の社会に溢れて居るのですが?、

如何様にも言える事での人は惑い疑心暗鬼?かも知れません。

然し、音学での三次元演奏は其の表現域を形而上と感じる事も、
事実ですが演奏者に偽りが在る訳も無く?其処での存在も感じられ、

演奏終了と同時に消え去る其の音学は止め様も在りません。

仮に其の音学を電子的に録音、保存出来たとしても?、
File の存在は在れど形而上での表現とは?別物に感じ?抜け殻は?、

虚しく聴くに留まり?存在感は感じる事は無いと言う事ですが?、
其の当時感じた感動と興奮は其処に無いと言う事ですが?、

不思議と言えば其れ迄でで然し、残る?其の時の記録と言う事です。

姿、形の無い状態の存在は形而上での表現に依って得られる処の、
内容は人の状態での三次元では取得不可能なのかも知れませんが?、

然し、其の人の霊域に置いては?形を失った次元に於いての表現は、
多次元と感じる領域に於いて?受け取る事は可能だった事に依って、

あの、充実と至福の感は形而上に表現されたと思いますが?、
同じ接点は其処に存在仕無いのかも知れません。

非常に不思議な事です?。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再現に向かう現在 | トップ | 音学と思索考察 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。