時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

絶滅と地球

2016年11月07日 | 時事寸言
現在、地球上に存在する人の社会と広大な土地に恵まれて、
其の人の集まりを国、国家で日本には大八洲と云い、

八つの島から成り立っていますが地球上にも矢張り大八州で、
物理的に広大な土地に人が集まるのは米国やロシア中国と、

現在では世界の覇権と目されて居て比較、競い合う列強国。

政治形態二極化は消えたかに観得た情勢は中国に依って、
其の再来かと思われますが70年前の植民地制度に依る?、

大東亜戦争、第二次世界大戦以来の平和は世界制覇の米国で、
原爆投下に依っての世界リーダーと言えますが?、

此の71年の平和は小競り合いは在っても大戦は無く?、
原爆の悲惨さは世界周知の悲惨さに依る事かも知れず?、

核保有国も増えて第三次世界大戦は人類絶滅と思われます。

戦後芽生えた世界リーダーの樹に正さを問われ正義に依って、
其の芽は育ち枝を伸ばし花も咲き実を結び落ちた種は、

其の地に根生えた本格的な世界リーダーの樹ですが、
正しさを失い我欲の芽が観得る頃には枯れ得る事も有り、

国益追求や内向きに成るに連れ?勢いを失い枯れると言う、
事も有り得る事で世界の警察と認識した時から?、

リーダーの樹は勢いを失い始め今、枯れ様と仕手居るのかも、
知れませんが?此の度の大統領候補を観ても其れを感じ?、

世界の人の社会の在り方や政治動向や世界の人の今後の動向や、
在るべき倫理礼節も世界リーダーとしては考察の後、

然るべき示唆と言う事ですが他国を思わず?自国の国益ばかり、
其処へ世界リーダーの辞任を宣言して混乱を招き?現状は?、

共産主義国の経済に振り回されて法の無視は蔓延り?、
挙句の果てに世界第三次大戦も身近に感じるとすれば?、

一国のリーダーと言えども世界に及ぼす波紋は大きく?、
狂い始めた世界の人の社会と言う事かも知れません。

其の後を受けての今回の米国大統領選挙は世界的に観ても、
人の個人的欲望の果と思える候補も?在り得て?、

選挙後を憂う人も在りそうですが此の状態は該当地での、
国民の総意も感じられ?長期に渡り何も施せ無かった事も?、

其の原因かも知れません?。

其の人の思いや言動は地球に影響して変動し?人に社会に、
人の欲望は、其の結果を如何に見せるのでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活習慣 | トップ | バイオリン演奏と右手 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。