時事寸言

時に応じ事象に応じて寸言。

大国と我儘

2017年06月19日 | 時事寸言
アメリカでは新大統領に依ってプラトンの国家篇を真逆に観た?、
状態が世界を賑わして居る様で?世界報道各社の記事に依ると?、

上下議員に依って大統領訴訟?と報じますが混迷の?米国では?、
もう、何が在ってもと云う感じですが?他国の個人としては始めて、

遭遇する経験ですし栄枯盛衰三十年は日本の昔の話ですが?、
北朝鮮問題でも?打つ手は無さそうでロシア、中国と大国では?、

今、鬩ぎ合いと言う事かも知れませんがIS関連でも同じで?、
テロは活発に起こり?此の少子化の時、失う人の多さは加速して、

人の社会の絶滅に向かう速さを感じますが?此れは人が人の問題で、
人自身が其の性癖や素地を省みて人命重視と気付く事で回避ですが、

社会倫理や社会規範の遵守に理由を問わず人命尊重を優先して、
人口激減を阻止して世界各地の廃墟や殺戮を嫌い人生ですが?、

IS関連では宗教も関わり?何故、殺戮と廃墟の現状は回避できず?、
人の本性を剥き出しにした言動が辞められないのか?疑います?。

大国に依っての狙う世界統一は現在前大統領に依って世界の警察、
止めると宣言、現在に至りますが?突然、日本海に空母と云えば?、

世界的リーダーで無ければ不可能の言動ですが時に応じて現れる?、
言動は世界の覇者としてとも思われますが?常日頃、国益主義で?、

アメリカ第一番では損得計算が先に立ち?世界リーダーは影を潜め、
我が利第一主義は世界リーダーには非ず、其の矛盾と言う事ですが、

頻繁に世界リーダー的な姿や言動を見せての大統領は?、
北朝鮮と良く似た言動パターンは何を言い出し何をするか解ら無い、

存在とも云われて居て世界を不安定にして居る哉も知れません?。

私見ですがプラトンの国家篇に記述されている権力に関連の記事は、
国家運営や公務国務に従事する人達の元の基礎的な要素ですが、

何処の国を見ても考慮されている様には観得ず?、
寧ろ、足蹴にされて居るかに、観得て居ますが?、

其の意義を知る事に依って正しさ正義を齎し最低限度の法則を示し、
国家公務員や政治家の要素を自分の中に持つ意義と思われますが?、

最も懸け離れた意義に置いて日常の公務に従事する権力とすれば?、
最も重要な要素とも言えますが?此れが無いのも又、事実で?、

公が公で無い現在と思われて成りません。

正しさや正義に於いて国家運営は求められ懸け離れて在る事も事実、
又、世界も正しさに無い事も事実ですが利益追求は正しさから離れ、

其の利益結果に満足する足元は掬われる結果にも通じるのですが、
EU離脱も?其の感じもして正しさを求めて集まる処が?迷いか?、

TPPにしてもパリ協定にしても大国に依って其れは破棄、脱退とは、
現在世相ですが大国故に出来る我儘とも観得ますし小国の悲哀は、

枚挙に暇は在りませんが?大国では自国の利益国益に夢中の眼は、
眩み呆れと失望の中小国と言う事ですが今、此の状態は混迷で、

世界リーダーは矢張り?不在なのかも知れません。

物理的に唯、大きいだけで実質が伴わなければ不要も同じで?、
名実揃う事の難しさと言う事ですが其の実力は確かでも在り?、

又、其の力の利用に依っての言動ですから弱小国には打つ手は無く、
結果、泣き寝入る以外に仕様がないと言う事です。

寄らば大樹の陰や長い物には巻かれろと?昔の人の言葉ですが?、
情け無いとは此の事かも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の生死と霊感は | トップ | 米国と韓国関係 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。