心に届けたい 自由な風   

身近な毎日の出来事とか・

心の不思議なこととか。

囚われずに記事にしています

神戸市教育委員会が「我が国」「氏名」を禁止用語に?

2011年09月20日 15時15分13秒 | 日記・ご紹介記事・つぶやき等

神戸市教育委員会が「我が国」「氏名」を禁止用語に?

~民団の捏造という声も?


転載ですが

神戸市教育委員会が「我が国」「氏名」を禁止用語に?
~民団の捏造という声も?

2011年09月12日


在日に配慮?

民団に屈して「氏名」を「名前」に変えるという
方針という話をツイッターで知って愕然!

断固反対!


教育委員会って「日本人の為の教育」でなく
「在日の為の教育」だったんだ!
そして学校経営も「在日の為」か!

また神戸市は「我が国」という言葉も禁止したらしい。
日本人を売る気か!
さっそく神戸市に抗議を!!・・・と、
さっそく行動にうつしかけたら、「我が国」についは、
どうも捏造のようでした。

抗議した人から、神戸市からの回答を得たので
それをここに転載します。

民団新聞と神戸教育委員会
http://t.co/5zYeMv1

について神戸市教育委員会より回答がありました。
以下転載↓

******* 様

神戸市教育委員会です。
ホームページからお問合せをいただきました
「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」の
件につきまして、
回答させていただきます。

「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」は、
在日外国人に関する人権
課題について学習するときの教師用の指導事例・資料集と
して、平成10年に作成
しました。今回の改定は、
「新渡日」といわれる外国人の増加など社会状況の変
化を踏まえ、多文化共生の視点に立って、
全面的に内容を改めました。改定にあ
たって、「わが国」を不適切用語にしたということは
ありません。また、「手引
き」にもそういう記述はありません。

今後とも、子どもたちが、それぞれの生活習慣や
文化について、互いに違いを
認め、尊重し、希望と目標を持って
学校生活が送れるよう取り組んでいきますの
で、ご理解いただけますようお願い申しあげます。


神戸市教育委員会事務局指導部人権教育課
電話 078-322-5809

転載終わり*********************************


以上、教育委員会より丁寧な回答でした。
そして「我が国」を不適切用語にしたという
事実はないという回答を頂きました。

回答からこの件に関して民団新聞が誇張解釈か、
捏造したものと思われますが
ウソも何百回も言い続けると事実になるという
朝鮮と中国によくある戦略だと思われます。

たとえば、
日本は朝鮮半島に侵略したとか、日本に無理やり
連れて来られて強制労働させられたとか、
従軍慰安婦問題でも自らの意思で働き、
軍人給料の何倍もある高給で雇われてたのに、
人権侵害や謝罪、賠償を要求してくるなどウソを
永遠に言い続けることで
問題を大きくして既成事実を作り上げる戦法です。

尖閣諸島でも中国がウソを言い続けて既成事実を
つくり領土問題にしてしまいました。

中国、朝鮮半島の国の反日勢力は平気でこういうことをしてきます。
日本人の感覚と全く異質なものなのです。

いい加減、中国、朝鮮のことを理解すべきです。

☆そのことを書いた民団新聞は削除されていました。

民団新聞には次のようなことが書かれていました。
(現在は削除されています)
神戸市教委「指導手引き」改訂 編集委員に同胞教員ら
2011-02-23


 【兵庫】神戸市教育委員会は、外国人児童生徒の
人権に配慮した教育を推し進めるための指針ともいう
べき「在日外国人児童生徒にかかわる指導の手引き」を
大幅に改訂した。

今回の改訂は98年3月の旧版作成以来10数年ぶりのこと。
市教委では近年、増え続ける「新渡日外国人」の増加や
社会経済状況の変化に対応したと話している。

 今回の10年度版では、公立中学校教員の
韓裕治さんをはじめとする在日外国人教育実践者・
当事者などを編集委員に加えたのが目新しい。

また、「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」など
各団体から「排外を助長する」と批判されていた
「我が国」「京城」などの「不適切用語」も是正した。

 教材例を見ると、多文化共生の視点から
小学校低学年「生活」に韓国、ベトナム、インドネシア
など6カ国のジャンケン遊びを図解入りで紹介している。

中学生向け「社会・総合」では、「私たちのまち『神戸』と
在日外国人」のなかで川西市役所副主幹の孫敏男さんを
取り上げ、一部自治体では外国籍者が管理職に
就く道が開けていることを紹介している。 
各市立学校では新しい「指導の手引き」に則った
具体的な取り組みが始まっている。

(2011.2.23 民団新聞)


  ところで「市民」を「名前」にするのはどういうこと?(ベッラ)

そのことも質問した人への神戸市の回答があります。


意見(市民の声)

一部の団体が「『氏名』という表記は、
氏を持たない韓国朝鮮人に対する
差別である。」と主張しており、神戸市が
その圧力に屈服して、
学校現場を中心に「氏名」を「名前」に
言い換える取り組みを進めていると
聞いたが、法令(民法、戸籍法、住民基本台帳法等)で
定められた用語を否定する行為であり、重大な問題である。

市側回答

本市では、多文化共生の観点から、法令・条例等に
基づく場合を除き、
可能なものについては「名前」という表記を用いるなど、
状況に応じた配慮を行っております。

 

☆これっておかしいのではないでしょうか。

 


どうして在日外国人にこんな形で「配慮」するのでしょうか。
ここは日本であり朝鮮ではない。

これについて神戸市教育委員会には、やはり
反日または在日が幅をきかせ、日本人教委は、
それにヘラヘラ追従しているのだろう。

何が市教委か!ビビりまくって!!市教委など解体しなさい!

日本人の税金で建てられた日本人の為の
教育である、在日の脅しにのって指図されているのかと
勘繰りたくなる。

部落解放同盟や在日の脅しに弱い教育界、
日本人にはめっぽう強いのか?

これでは属国根性だ。

市教委のメンバーも「国家観」が完全に欠落している。
勉強してほしい、大切な日本人のための教育なのだから。

(ベッラ)


http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/55b9b5c4a937ba191f415a7030571291

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【速報】大川隆法総裁、シン... | トップ | 大川隆法総裁御法話「破邪顕... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神戸市教育委員会はやはり「氏名」を禁止していた! (神戸市民)
2013-11-02 15:58:17
神戸市教育委員会はやはり「氏名」を禁止していた!


「神戸市立小学校及び中学校の管理運営に関する規則」等の一部改正について
http://www.city.kobe.lg.jp/child/education/program/iken_bosyuu02.html
わざわざ「氏名」を「名前」に書き換えている!

個人情報の取扱について
(1)意見公募でいただきましたご意見・ご提案は、住所、「名前」、個人または法人等の権利利益を害するおそれのある情報等公表することが不適切な情報(神戸市情報公開条例第10条各号に規定する情報)を除いて、ホームページ等で公表いたします。
(2)省略
(3)ご意見・ご提案・住所・「名前」・電子メールアドレス等については、本市個人情報保護条例に基づき、他の目的に利用または提供しないとともに適正に管理いたします。
(4)意見提出に際し、提出されたご意見の内容を確認させていただく場合があるため、「名前」・住所等の記載をお願いいたします。



教育委員会以外の部署は、きちんと「氏名」と書いている!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「神戸市国民健康保険条例施行規則」の一部改正について
http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/insurance/osirase/pabukome251017b.html



神戸市>行政手続条例(意見公募手続)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/comment/gyoute/index.html



抗議のメールはこちら
神戸市教育委員会事務局指導部指導課 意見公募 あて
ikenkoubo-sidou@office.city.kobe.lg.jp

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む