心に届けたい 自由な風   

身近な毎日の出来事とか・心の不思議なこととか。

米誌アトランティックが幸福実現党と饗庭広報本部長を紹介

2012年04月13日 17時50分36秒 | リバティ、幸福・ 関連記事 

米誌アトランティックが

幸福実現党と饗庭広報本部長を紹介

2012.04.12 ザ・リバティwebから抜粋

米国の大手オピニオン誌「The Atlantic」オンライン版に4月11日付で、
幸福実現党の饗庭直道・広報本部長らが2月にワシントンD.C.に
おけるCPAC(保守政治行動会議)を視察した際の様子が紹介された。


以下、抜粋紹介。


•饗庭氏は日本の右寄り政党「幸福実現党」の幹部の一人で、
米国共和党全国委員会の日米関係公式顧問であり、カリスマ性を
感じさせる(charismatic)人物だ。今回の視察は、小さな政府、
安い税金、自由企業体制など、アメリカの保守主義のスタイル
を取りいれるのが目的らしい。

•なぜ日本に保守の政治運動が必要なのか。饗庭氏は言う。
「日本経済は長年落ち込んでいるのに、現政権は消費税率を
現状の5%から8%、10%へ上げようとしている。
そんなことを許せば日本経済はおしまいだ」

• 幸福実現党はハッピー・サイエンスという新宗教の政治部門で、
その宗教の創設者は仏陀の生まれ変わり(a reincarnation of Buddha)を
名乗っている。同党が目指す日本の姿は、世界の舞台においては力強く
――彼らは憲法の戦争放棄条項の廃止を唱えている――国内では
宗教性を重視するというもの。
同席の米国人は「キリスト教諸国の連合体と仏教的スタイルを
組み合わせたものと考えると、分かりやすいだろう」と言葉を添えた。

• 共和党の大統領候補者について饗庭氏は、
「サントラム氏は称賛を集めているが強さが足りない。
ギングリッチ氏には性格の強さを感じる。ロムニー氏は頭はいいと
思うが信用できない。
彼が何かを説明するほど、私には疑念が湧いてくる」などと評した。

• 日本の政治は2009年、長年の自民党政権が退いてリベラルな
連立政権が生まれたが、以来、3年間で総理大臣は3人目。
公約された改革は成果が出ていない。


従来の日本の政党や政治家のイメージを超える幸福実現党に対して、
驚きや多少のとまどいを感じつつ、ユーモアも込めて好意的に
紹介している印象を受ける。

同党の存在と政策が、米国で広く知られるきっかけになることは間違いない。(司)



以下

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4117


ジャンル:
ウェブログ
キーワード
幸福実現党 ハッピー・サイエンス サントラム 日本の政党 小さな政府 共和党全国委員会 ザ・リバティ オンライン版 ワシントン
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 北朝鮮,ミサイル発射、空中分解 ... | トップ | ダブル・チェックの間に命を落と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。