居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






10ヶ月ぶりの訪問、中野の二代目えん寺
ベジポタ系のつけ麺専門店。
ラーメンはありません。潔いです。
店の外に待ち客4人。10分程の待ちで済みました。



いつもは頼まない初めてのメニュー、
ベジポタ煮干じめつけ麺、790円
以前は大盛も同額だったのに、有料(50円)に…
なので、並盛で。



粘度と濃度が高い熱々のベジポタスープは、
凪を思わせる煮干しが効いていて、実に美味しい。
中にトロトロのチャーシューとメンマが沈んでいて、
自由に使える割スープを加えると最強の味になります。
並盛なので、ペロリ。



****************
シェア麺:ベジポタ辛つけ麺大辛(全粒粉)850円
麺はもちもち麺と全粒粉の麺から選べます。


コメント(0)|Trackback(0)






気づけば半月ぶりのつけ麺しろぼし
こんなに間が開くのも珍しい。
連休中はお休みだと知り、慌てて訪問。
休みだと思うと食べたくなるもんで〜
閉店間際に滑り込みでした。

醤油炊きしろぼしつけ麺、中盛。800円
味玉だけでなく、鶏団子までサービスが!
ありがたや〜



いつも自家製の辣油を別皿で貰うのですが、
コレが良い仕事をします。
途中から加えて味を変えるのが醍醐味。

コメント(0)|Trackback(0)






あんぱん、おはぎなど餡子系が好きなのですが、
わたし、断然こし餡よりも粒餡派。

これは、木村屋総本店のあんぱんです。
スーパーで売っていたのですが、もちろんつぶ餡!
なかなか美味しかった。



スーパーではひとつずつラッピングされてますが、
子供の頃は、近所のパン屋さんのウインドウの棚に
裸の状態で並べられている中から、悩みつつ選びました。
甘食やグローブ型のクリームパンなどと共に、
必ずあんぱんを買ったなあ…

コメント(0)|Trackback(0)






最近、キャンペーンが多いCDショップ、
中野ブロードウェイの二階、中野名曲堂。
昨日は瀬口侑希さんのキャンペーンでした。
タイミングが良かったので、末席で観覧。

昨年の暮れに発売された新曲、
津軽の春」のアンコールキャンペーンでした。
先日、たまたまNHKの番組で見たばかりですが、
生歌を聴くのは初めてです。

デビュー18年目、この曲は23作目だそうです。
ベテランの歌手なんですね。
歌もトークも上手いです。
村上幸子のカバー曲「不如帰」などを熱唱、
あっという間の30分でした。



コメント(0)|Trackback(0)






驚く事に、三ヶ月ぶりの中野のKaeru
こんなに間が開くのも珍しい。

久しぶりなので、シンプルにラーメン。730円
無料のトッピングは、全部。
野菜増し、ニンニク、アブラ、タマネギ、生卵



浅草開花楼の麺は相変わらず旨い!
風邪気味だったので、多めのニンニクが嬉しい。
パワー充電をして仕事へ…
しかし、ニンニク臭くてヤバいか?

コメント(0)|Trackback(0)






白湯仕立ての麻婆豆腐の素を見つけました。
鶏しお麻婆豆腐の素@丸美屋
『期間限定』という誘い文句に釣られました。

丸美屋は挽肉も不要で、制作に10分掛からないから便利。
炊飯時の蒸らしの合間に簡単に作れます。
見た目は麻婆豆腐っぽいけれど、赤くない!



カツオエキスのせいか海鮮系の味がします。
まったく辛くないし、正直麻婆豆腐ではないです。

今は同じ丸美屋のコレがお気に入り。
一箱に2回分入っているというのもグッド!
挽肉がすでに入っているのは同じ。



やっぱり、麻婆豆腐は赤くて辛くないとね!



コメント(0)|Trackback(0)






実家から持ち帰ったVHSをデータ化していますが、
1994年に放送されたものまね王座決定戦に感動。
放送当時もリアルに見ていたのですが、
この回は、わたる哲兵さんに神が降臨したようでした。

あ、名前の表記ですが、今は「亘哲兵」ですけど、
当時のままの表記、わたる哲兵で行かせて下さい。

毎回、1回戦で敗退していたわたる哲兵さん。
なんと、1回戦での対戦相手は栗田貫一さん。
正直、勝てないだろうと思ったのですが、
アラジンのモノマネで奇跡の勝利!
初めての準々決勝進出に号泣している姿に泣けた〜

ここで勢いがついたのか、快進撃は続き、
決勝まで辿り着いた時にはそれだけで感動でした。

決勝に残ったのは、わたる哲兵さんの他、2組。
清水アキラさん、ビジーフォー 最強の相手。
さすがにこりゃ無理だろう… と誰もが思いつつも、
ここまで来たんだから勝たせてやりたい!
と、ここまでの対戦を見てきた視聴者は思ったに違いない。
いかにも、日本人好みな泣ける展開でした。

勢い一発、ブルーハーツのモノマネを演りきり、
強敵を破った時には、何だか自分の事のように嬉しかった…
そんな事を思い出してしまいました。

1994年4月5日放送。 もう23年も前です。
第15回 爆笑!スターものまね王座決定戦SP
再生リストにまとめました。


さらに、この日のわたる哲兵さんのダイジェストも作りました。


コメント(0)|Trackback(0)






満タンのスタンプカードの使用期限が迫っていたので、
出かけた足で、ランチはとんかつのさぼてんへ。

今月14日からの、さぼてん50周年記念メニューが有ったので、
これを逃しては食べ損なうと判断し、注文。

大胆カツ、濃厚。 金洋丸。1790円

昭和49年に販売され、当時大人気だった… らしい。
クリームチーズとチェダーチーズの2種類のチーズを
ヒレ肉とロース肉ではさみ、海苔を巻き揚げたカツです。
豚肉は、さぼてん特撰の三元豚

出てきたとんかつはなんだか韓国のり巻きみたい…
チーズが濃厚で、ご飯のおかずというよりも酒の肴に近い。
1個食べて、後悔。 ご飯に合わない〜
勿体無いので全部食べましたが… ちょっと辛かった。 

毎回、さぼてんの変化球メニューは口に合わないので、
今後はシンプルなものにしよう! 
と心に誓いました。



ちなみに、この他にも限定メニューがありました。
豚ではなく、牛カツの変化球!
牛と筍の俵メンチカツ(山椒風味)
フォアグラとマッシュルームの挟み牛カツ



コメント(0)|Trackback(0)






先日、目黒で食べた台湾まぜそばですが、
やはり、食べ慣れた味が恋しくて、高田馬場まで遠征。
麺屋こころ、高田馬場店。
最近、店長さんを見かけないと思ったら、
大岡山の本店に移動したそうだ。

直球の、台湾まぜそば、200g。780円

何と、今年初めての訪問でした。
やはり、こころの台湾まぜそば、鉄板の旨さ。
パーキングチケットの300円も惜しく無い。

勿論、無料の追い飯で完食。
しかし、隣で黙々と食べていた男性ですが、
追い飯をせずに退店してしまいました。
なんて勿体無い事をするのやら〜
ま、それも好みですけどね。

***********
シェア麺:チーズ入りカレー台湾まぜそば、940円
チーズで和えられた麺にカレー粉と台湾ミンチが絡みます。
捨て置けない美味さで、追い飯が合う!
ニラは無く、水菜と玉葱が乗ります。


コメント(0)|Trackback(0)






ランチは味噌ラーメンで有名な、野方の味噌麺処花道まで。
車で出かける用事があったもんで…

二度目の訪問なのですが、断腸の思いで決断!
麺屋さんに来て、麺を頼まないと言う選択。

実は、チャーハンが美味しそうで〜
半チャーハンがあれば、麺も頼むのですが…無い。
さらに、チャーハンは450gと大容量。
麺と一緒に頼む…などという無謀な事は避けました。

という事で、チャーハン単品 650円

チャーハンに付属するスープは花道の味噌ラーメンのスープ。
しっかりトッピング用の野菜も入っています。
ちょこと麺も入れてくれたら幸せなのに〜(わがまま)
ラーメンスープなので結構塩分強めです。

チャーシュー満載の大盛チャーハン、美味い!
添えられている紅生姜が哀愁で良いですね。
見た目よりも多めなので超満腹になってしまった!
残すという事を知らないもんで…



次回の訪問時は、つけ麺だ!と今から決めてます。
隣の人のつけ麺が美味しそうだったので…

チャーハンといえば、薬師あいロードの代一元が旨かったなぁ…
↓ これです。 哀愁の焦がし醤油味系。



***************
シェア麺:辛味噌ラーメン 820円
見た目の通り辛かった〜。豆板醤ではなく唐辛子の辛さですね。
でも、やはり麺が美味しい!


コメント(0)|Trackback(0)






攻殻機動隊 見てきた!
歌舞伎町のゴジラビル、TOHOシネマにて。
初のIMAX 3D 体験でもありました。

専用メガネを購入して閲覧する映画です。
眼鏡の上からでも掛けられるように大きめ。
でも、わたしが掛けると大きさの違和感が無い…



吹き替え版ではなく、字幕版で。
吹き替えの声優さんはアニメと同じだとか!
そうなると、吹替版も見たい気も…
皆んな英語なのに、荒巻役の北野武は常に日本語でした。

荒巻が銃を持って闘うシーンが幾つかあったのですが…
何だか邦画の任侠映画みたになってしまい可笑しかった。

ネタバレになるので、ストーリーには触れませんが…
IMAX 3Dはすごい。
メガネの違和感も感じる事なく没頭出来ました。
スクリーンが大きく、音も良いので、
まるで映像の中に居る様な錯覚を起こすほど。
ちょっと癖になりそう。

3Dメガネは、次回も使えるのでしっかり保管!



コメント(0)|Trackback(0)






夜の歌舞伎町、肌寒く小腹も減っていて…
禁断の夜ラーメンをやってしまった。

たかはしの行列に並んでしまった。
焼きあご塩らーめん&中ライス。900円

肌寒い時のラーメンは沁みるね〜



最後はラーメンスープでシメのあご出汁茶漬け
アラレ、山葵、柚子胡椒で激ウマ。
並んでも食べる価値がありますね。



コメント(0)|Trackback(0)






ラヴォン クレンジング クリーム しっとりってのを使ってみた。
泡が立たないクレンジングクリームです。
これひとつでシャンプー、コンディショナー、
さらにトリートメントも兼ねているそうだ。

クリーム状のオイルを髪と頭皮に塗ってマッサージ。
洗い流して終わり…というあっけない代物。
泡は一切立たないので、使用感は妙です。

最初はチェリーコークの様な香りですが、
段々、子供の頃にあった消しゴムっぽい香りに…
よく女子が集めてた香りつきのヤツ。

使用感は悪くないですが、ちょっと重い仕上がり。
コレは髪質との相性もあるとは思いますが、
わたしが使うとフェミニンな素直な仕上がりになり、
ロックぽくない長髪になっちゃいますが…。
ジムや銭湯で使うには楽ですね。

コメント(0)|Trackback(0)






実家に行ったら懐かしいビデオがゴロゴロ出てきたので、
山のように持ち帰って来ました。
封印していたVHSのデッキを引きずり出し、設置。
1本ずつ閲覧していたら、番組以上にCMが懐かしい。

とりあえず、最初に再生したのは1993年のものまね番組。
ものまね王座決定戦! 
出演者も審査員も若い〜〜
他界された方も居たりで、切なかったりも…

とりあえず、Macに取り込もうとしたら…
我が家のビデオインターフェイスが古くてガチョン!
接続は懐かしいIEEE1394(FireWire)であります。
今のiMacやMacBookには無い端子です。
幸い、外付けのHDDにこの端子が有ったので助かった。

テープ代節約のために3倍速録画なので、トラッキングは甘い…
でも、せっかくだからFinal Cutで取り込んで切り分けました。

更にYou Tubeで再生リストを作ってしまった。
これでいつでも気軽に好きな対戦を閲覧できます。
暇な時に他のビデオも順次デジタル化しよう!
興味有る方のために、リンク貼っておきました〜

第25回オールスターものまね王座決定戦
1993.10.5 ON AIR



第14回爆笑!スターものまね王座決定戦
1993.11.30 ON AIR


コメント(0)|Trackback(0)






新兵器を導入しました。
iOS用のオーディオインターフェース、iRig HD2
以前から興味はあったのですが、ようやく入手。
ネット経由で、13,500円

今月中に購入して登録を済ませると、特典が付きます。
標準で装備されているAmpliTube 4の上位バージョン、
AmpliTube 4 Deluxeが無料でゲットできます。
それに釣られたところもありますが…
定価36,720円、セール価格でも27,540円が無料です。
こりゃ捨て置けない特典なので、購入をクリック~



大きな箱で届いたのですが…
入っていたのは、小さな本体とケーブルのみ。
取説や、アプリはネットからダウンロードだそうです。
シリアルナンバー入力でアプリが稼働するシステム。
今や、ネット環境は必須なんですね。

実は、お手軽に音を出すためにiOS用に買ったのですが…
付属のアプリがかなり優秀で、それに驚きました。
Mac OSでも稼働し、スタンドアローンでも動作するだけでなく、
DTMソフトのプラグインとしても使えます。
至れり尽くせりな仕様になっていて、早速Logicで開いてみました。

環境設定のプラグインマネージャーで見ると、
MIDI制御エフェクターというカテゴリーになってます。
ノーマルのオーディオトラックを作り、
そのインサートにAmpliTubeを挿入するだけでOK
サクッと使えるようになりました。

元々Logicに搭載されているアンプシュミレーターも
お気に入りだったのですが、ノイズが気になっていました。
しかし、AmpliTube 4 Deluxeはほぼノイズレス。
音も良い! 
アプリ内課金でアンプやエフェクターが増やせるのですが、
当面はデフォルトで試してみようと思います。

幾つか画面をキャプチャーしてみました。
信号の流れが左から右…という設定のために
コンパクトエフェクターの並びが実際とは逆ですね。
なので、InputとOutputの位置も実物とは逆になっています。
実は、わたし個人的にはこっちの方が分かりやすいです。












コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ