居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






BOSS製の歪み系エフェクター MT-2
通称メタルゾーンです。

この名前から、ヘビメタ系の
ゴリゴリの音を想像してしまいがちですけど…
もちろん、それ系の音も出ますが、
けっこうレンジの広い歪みを作ってくれる
隠れた名機では? と思っています。

しっかり歪ませる時には使わずに、
プリアンプ感覚で使う事が多いです。
自然な真空管系のアンプをドライブさせたような
そんな上品な音に合ってます。

ま、それは置いておくとして…

この製品をご存知の方は、
写真を見て違和感を持ったと思います。
実は、改造しちゃいました!

REMOTE と書いてあるジャックを増設。(赤い矢印のジャック)
ここに、同じくBOSSのEV-5というフットペダルを繋ぐと…
何と、足で歪み具合を可変する事ができる!
という妙な改造です。

実はペダル側も改造を加えてますけど…
踏み込むと歪みが増す!
戻すと軽い歪みに。

これって、ありそうで無かったエフェクターです。
もしかしたら、製品として存在しているのかも知れませんが…
ちょっと欲しくなって、結局手持ちの製品で作ってしまいました。

まだ実践では試していませんけど、
オン/オフではなく、段々歪んで行く~
ってのがオモローではないかと思います。

久々にミュージシャンっぽい日記でした!
…ミュージシャンではなく、弱電屋ぽいか?

コメント(2)|Trackback(0)






3/27(金)にオープンしたらーめん店
麺屋 ZERO1 中野南口店

たまたま中野に行く用事があったので、寄ってみました。
案の定、店の前には行列が…

話の種に食べてみるか!
ということで、行列の最後尾に。
並んでまでらーめんを食べるのは久しぶり。

環七のなんでんかんでんが全盛期の頃は並ぶのは当然だったけど、
今はそういう店も少なくなった気が…

最初と言う事で、直球のらーめんである
武士系豚骨らーめんをオーダー。
豚骨ベースだけど、魚介節系が香る
ちょっと苦手なタイプでしたが、敢えて挑戦。

麺が太いので茹で上がるまで時間がかかります。
という店員さんの言葉を了解し、待つ事しばし。
ようやく来たラーメンは… 
茹で過ぎでふにゃふにゃ。 こりゃ最悪。
これは茹で時間かけ過ぎです。
浅草開化楼の極太麺使用」と入口に謳ってる割に
そのへんに気を使ってないのが残念。

売りのスープも味がボケていて、イマイチでした。
今は行列が出来てるけど、すぐに閑古鳥鳴くのは必至かな。



妻と一緒だったので、どうせならシェアできるものを…
ってことで、もうひとつの売りである
スタミナジャンク定食(スタジャン定食)もオーダー。

熱々の鉄板に乗ったキャベツ中心の野菜と肉。
そこに目の前でタレをかけるとジュウジュウと煙が~
ま、見た目は美味そうですが、何かに似ている…
そう、これにラーメンが付いたら東中野の大盛軒の鉄板麺だ…

味は… ジャンク度合いも加味して鉄板麺の勝ち~

という事で、行列に並び、店内でも待たされたけど、
ちょっと残念な味でした。
茹で過ぎたらーめん出すのは御法度でしょう。
てな事で、リピートは無いと思われますが、
気分が乗ったら、次はガッツリ系のガッツリらーめんか
スープOFFの和え麺あたりを行ってみようかな!

だって、割引券たくさん貰っちゃったから…

コメント(4)|Trackback(0)




由紀さおり&安田祥子姉妹のトルコ行進曲は有名ですけど…

最近気になるのが、阿佐ヶ谷姉妹

ぶっちゃけ不気味な(失礼…)お笑いの二人組。
ネタ自体はイマイチ琴線には触れないのですが(更に失礼)
妙な存在感で忘れられないという不思議な姉妹。

姉妹と言っても、風貌は似てますが本当の姉妹ではないんだけど。
そういえば、ミント姉弟も他人同士なのに設定は姉弟だったなぁ。
…って最近テレビでは見かけないけど。。。。

で、二人で歌うネタが結構多いのですが
もえやん同様にちゃんとハモってます。びっくり。

この動画、後半(2分50秒)から始まるトルコ行進曲。
(埋め込み無効設定の動画だったのでリンク張りました)
ぶっちゃけ由紀さおり&安田祥子姉妹のカバーなんですが、
笑いを交えながら、それっぽく再現していてちょっと驚いた。
音を取ってみたら… ちゃんとオリジナルキーだし!
絶対音感ある事にも驚いたー

コメント(2)|Trackback(0)






ラーメンのネタが続きますけど…

お気に入りのとんこつラーメン店の一蘭
特許出願中だった「味集中カウンター」が
ついに特許取得したそうです。

元幹部が独立開業したという康竜
カウンターの形状や、店のシステムを
ほぼそのまま流用されて裁判沙汰にまで発展した…
と聞いた事あるので、特許出願したのかな?

真似するなら、システムじゃなくて味じゃないの?
と以前、康竜のラーメンを食べてみて思った…

結局裁判は和解、でも康竜はシステムの変更をしたそうです。
今は真似しちゃった方が繁盛してる感じなのも
面白い現象ですねー

久しぶりに康竜行ってみようか…
もしかしたら美味くなっているのかも!

最近家系が多かったから、たまには直球とんこつもいいかも。
↓好きなトッピングを4種類選べる康竜の自分仕立てラーメン



しかし、今回特許を取得した一蘭のカウンターだけど…
味に集中して欲しいのは分かるけど、
懺悔しながら食ってる気分になったりもするんだよねー。
連れが居ても孤独に黙々と食う… ってのも若干味気ない。
会話もないから店内はし~んと静かだし。。。
やはり、一蘭は独りで行く店かも。

コメント(2)|Trackback(0)






愛知県だけで展開していた
カレーのお店CoCo壱番屋が作った
カレーらーめんの麺屋ここいちが東京に初出店!!!!!

何と、いつも使っている新宿のスタジオのすぐ近所なんですよ。
実は去年(2008年)の夏にオープンしたらしいのですが…
まったく気づかなかったんです。
店構えがけっこう控えめと言うか、地味と言うか…
目に入りませんでした。

無性にカレーが食いたくなり、
本格的なカレー店も考えたのですが、
ネットでこの麺屋ここいちを発見してもーた。
カレーも好きだが、らーめんも捨てがたい!!
そんなわがままを具現化してくれたのがここです。

リハでもないのにスタジオの近所まで出向いてしまったのでした。

店の作りはまるで今風のらーめん店ですが、
テーブルの上の福神漬けの入れ物がCoCo壱番屋と同じ。
嗚呼、やはりCoCo壱番屋系列なのねーと納得。
でも、メニューは全てカレーらーめんです。

らーめんにプラス280円で半ライス&とんかつが付いて来る!
思わずオーダーしてしまった… メタボが心配。



太めの麺はアルデンテ気味に茹でられていて
スープはCoCo壱番屋の定番の味のスープカレー。
ライスもあるのでカレーとしても楽しめる!

食べた後味は以外とさっぱりしていて
ひつこく残るようなくどさがなくて、なかなか良かったです。

これは他のメニューも制覇したい気分。
たぶん、用も無いのにスタジオ近辺に出没して
カレーらーめん食い倒すかもです…

コメント(4)|Trackback(0)






久しぶりに入った回転寿司

どこのお店も似たようなシステムですけど、
お茶は各自、湯のみにお茶の粉末を入れ、
席にあるお湯のカラン(銭湯か…?)から
熱湯を注ぐという完全セルフサービス。

ま、それはいいとして、
驚いたのは隣りにやって来た老カップル。
常連さんのようで、回っている寿司には目もくれず、
いきなり中の職人さんに注文。
それも、マグロばかりダブルで…
更におろし生姜を皿に山盛り貰ってる…

そんな物、頼むとくれるのか?
と驚きました。
いったいマグロと生姜がどうコラボするのだろう?
と興味があったので、しばし横目で観察。

二人で湯のみにお茶を作り、
そこにどっさりおろし生姜を投入!
箸をマドラー代わりにクルクルかき回している…
なんだそりゃと驚いていたら、
それだけじゃなかった。

やってきたマグロのにぎりのネタを
どんどんシャリからはがし始めた。
そして、刺身になったマグロを
生姜の入ったお茶でしゃぶしゃぶしてる‥

え?

適度に煮上がったマグロをシャリに戻し
美味そうに食っている…

これは 粋なのか?
それとも 妙なのか?

端から観ていると若干下品にみえる作法ではあったのだが…
軽いカルチャーショックを受けてしまった。

そういえば、鯛やマグロはお茶漬けにしても美味いから
お茶でしゃぶるのも有りですかね~

コメント(6)|Trackback(0)






毎年、冬の間は糠床を休ませて
糠漬けは作らなかったんですけど、
この冬は何故か糠漬けが食べたくて
結局毎日糠床をこねくり回してました。

毎日「明日は何の漬け物にしようかなー」
と考えて仕込むのが楽しみだったりします。
まる1日くらい漬けた物がお気に入りなんですが、
たまに2日経っちゃう事もあって、
それもまたナイス!
糠味噌オヤジだね。。。。

しかし、冬場は野菜が高くて…
定番のきゅうりにも手が出ない事もしばしば。
漬ける野菜くらい家で栽培したろか!
などと考えたりもして~

ハーブ類は栽培してるんですけど、
ローズマリーが増殖しちゃって樹になりそう…
ルッコラも元気で、花まで咲いてます。
毎日新鮮なところを収穫してサラダにしてます。

サラダといえば、先日黒いトマトを見つけました。
安売りしていたので買ってみたのですが、
外だけでなく中も黒い… なんか不気味。
でも、野菜というよりもフルーツのような味で
なかなか食べ易かった。
ロシアが原産らしいですね、これ。

トマトの周りは、お気に入りの
合鴨ロース@業務スーパーであります。



コメント(0)|Trackback(0)







久しぶりに、怪しい街「大久保」を徘徊。

遅めの昼食を摂ったのは
なにげにお気に入りのやよい軒です。
いままで知らなかったんですけど、
ここってチェーン店だったんですね~
大久保にしか無いのかと思っていた…

安価なのに、ちゃんとした惣菜を出してくれるうえに
ごはんはお替わり自由。
それも、合宿所のように、店の真ん中にでかいお釜があって
各自勝手に好きなだけ食っていい!
という太っ腹な状況です。

今週から始まった期間限定メニューのミックスカツ
パン粉もサクサクでなかなかでしたよ。
来週からの期間限定の大海老フライ定食もそそられる…
(数量限定だそうです。朝から並ぶか?)

満腹になり、並びのパーラーを覗いたら…
Gacktに遭遇!



TVで最近よくCMを見かける進化系パチンコってどんなよ?
ってな感じでちょこっと試してみました。
文章ではうまく書けない妙な作りの液晶…
透明の液晶の後ろにスロットのようなリールが9個。
グリグリ回りながら、いきなり全面の液晶に動画が展開…
どこ見てりゃいいのよー
って慣れるまでに時間がかかってもーた。。。

しかし、MALICE MIZERの頃からGacktは注目していたけど、
まさかパチンコになるとは思わなかった…
でも、どう見ても沖縄出身には見えないんですけど、この人。

で、パーラーの隣りの業務スーパーで
1000円でおつりが来るアーリータイムスと
お気に入りの合鴨ロースを買って帰りました。

たまには飲みながら、古いMALICE MIZERのビデオでも観ようか…
悪酔いするかも?

↓ 嗚呼 懐かしい…


コメント(0)|Trackback(0)




今から
チャットしませんか…?
待ってます♪

というメールが1日に何通も届くんですよね~
ま、単なるスパムなんでしょうけど、
今でもチャットなんて有るんですね。

1998年12月にネットデビューしたんですけど、
今と違って回線速度は遅く、144とか288の時代。
ISDNにあこがれ、テレホーダイの始まる23時まで
ネットに接続を我慢していたあの頃。

そんな環境の中で徘徊して、興味あるサイトとか巡回してました。
チャットも有りましたが、とにかく遅いので
発言して、リロードして… に時間がかかりすぎて
会話がちぐはぐ。 リロード中に固まる事もしばしば。

今なんか動画付きで会話できるのにね!
などと、スパムを見てひと昔前を偲んでしまいました。

当時はBBS(掲示板)が盛んで、
まだブログなど見かけませんでした。

このブログも、元々はうちのサイトの中で書いていた日記を
移植しただけなんですが、
ブログにしたら、アクセスの解析も出来るんで驚きました。
ま、誰が来たか… とかの細かい特定は出来ないですが、
どの日の日記にアクセスが多いか… 
ってのが分かって、実に興味深いです。

アクセスが1番多いのは最新の日記なのは仕方ないけど、
過去の日記でのアクセス上位は以下の通りです!


1位 圧力鍋でモツ煮込み
2位 サラダわさび菜
3位 巨漢YNGWIE
4位 ジュリー vs 赤松愛

ってな感じであります。
夏でも冬でもダントツはモツ煮込みなんですよね。
みんなそんなにモツ煮込み好きなの?

その上、太ったイングヴェイにも興味があって、
グループサウンズがお好き!

う~ん、興味深い…

コメント(2)|Trackback(0)






渋谷GUILTY での Xenoscrayde CD発売ライブ、
昨日無事に終了しました。

雨の予報で、またか… と思いましたが、
とりあえず、ライブの終演までは天気はもちました。

今回は3バンド目の出演順だったので
仕事帰りの方も間に合ったのか、
いつもより賑やかな客席だったと思います。

しかし、花粉症でメイク&ライブはつらいですねぇ~
目はかゆくなるし、
ライトでステージの気温は上昇し、鼻水全開!
実は始終、鼻がズルズルでありました。
クールに決めてるつもりでも、実は花粉症に負けてました~

今回発売されたCDの収録曲を全て演奏!
曲順はCDとは異なりましたが、
事前に聴いてくれた方は、全曲馴染みの音だったと思います。
しかし、CDの1曲目(ライブでは最後の曲)だけは
ライブ仕様にリアレンジされてます。
ぶっちゃけBPM(曲の速さ)が違うんですよ~
録音ではBPM=189だったのですが…
ライブではBPM=210 !!!!
ただでさえギターソロが高速なのに…
さらに速い! これはスピード違反です。

今回始めての試みだったのですが…
きっとギタリストではなく、曲芸師のように見えた事でしょう。
ギターソロが終わった瞬間、ホッとしたのは内緒です。

終演後は、初めてメンバー全員で打ち上げでした。
美味いホッピーが飲めました。(ビールじゃないところがオヤジ…)

そして、店を出たら… やはり 雨

誰だ、 雨男は!!!



コメント(4)|Trackback(0)






連日曇りや雨が続いているのですが、
昨日はその合間の晴れ!

気づけば、春のお彼岸がもうすぐだったので、
ひと足はやいお墓参りに行きました。

幸い、思いのほか花粉の飛散も激しくなかったようで、
お参りの途中、悲惨な目に会わずに済みました!
ご先祖様が、花粉を抑え込んでくれたか?

毎回、朝イチで出掛けるので、昼前には終了。

最近墓参りの後の恒例のようになってるのが
温泉…

今回は参った小平霊園からたぶん最寄りの天然温泉。
おふろの王様 花小金井店へ立ち寄りました。

おふろの王様はチェーン展開しているらしいのですが、
ほとんどは温泉ではなく、所謂スーパー銭湯です。
でも、花小金井店はしっかり天然温泉だったので、寄ってみました。

名前がベタベタだったので若干不安もあったのですが…
これはなかなか充実の施設で、かなり良かったです。
何と言っても1000円以下で入れるのが嬉しい!

墓掃除で腰もギシギシだったので、ホッと一息。
天然温泉系は露天に集中しているので、
源泉や寝湯に浸かりながら、のんびり眺める青空が気持ちいい~



けっこう気に入ったのが、珊瑚蒸し風呂です↑

粗塩が入ったでっかい壷が置いてあるので、
それで身体をマッサージしながらの蒸し風呂です。
汗が出る出る! 色んな毒や余分な脂肪も流れ出る気分。
自ら塩揉み状態、きゅうりか何かになった気分。

女湯はどうだか分かりませんが、
男湯ではこの塩をみんな使ってないんですよね~
おれ一人でせっせと使用してました。

また近郊にお気に入りの温泉施設を発見できました!
実は「おふろの王様」は友人のちくをさんからのお勧めです。
ちくにぃに感謝!

コメント(3)|Trackback(0)






2月から3月にかけて、ライブが集中でした!
3回だけですけど、全部違うバンドなので
頭の切り替えが大変。
ようやく、そのラストのライブです!

3月9日(月) Xenoscrayde
渋谷 Guilty(ギルティ) PM 19:55 Play Start

先月発売されたCDの、発売記念ライブであります。
今回は出番的に遅いので(3バンド目)
我々の登場は19:55の予定です。
平日ですが、仕事帰りの方でも間に合うかも?
という微妙な時間ですので、残業はせずに
是非お越し下さい~。

先週の昭和歌謡バンド、神田川ミュージックSHOWとは
全く違う世界が展開します。
激しくストラトキャスターを弾き倒します!!!



コメント(0)|Trackback(0)




特に見たいテレビ番組もなかったので、
WBCの日本 vs 中国の試合を見てしまいました。

序盤戦は観戦の友(酒の肴)を制作。
ホッピーを飲みながら、餃子を包み、
ほうれん草をゆがき、ヌカミソをこね回し…

中盤戦。 日本が3点リード。
焼き上がった熱々餃子、ワカメ酢、ほうれん草のお浸し、
オクラのヌカ漬けなどを肴に焼酎をいきながら
テレビで野球観戦。

ああ、これって夏!

ひと足早い夏気分を味わう事ができました。
花粉症もどこかに行った気分!

今年は球場へ行って夕涼みがてら一杯やりたい!
と思いました~。

コメント(0)|Trackback(0)






神田川ミュージックSHOW、2度目の公演終了しました。

今回はゲストに橘あゆみ&瑠璃色天使の歌姫、
橘あゆみ嬢を迎え、さらに妖しい世界が展開致しました。


オープニング…
22時、満員の客席&ステージが暗転し、暗闇の中、
アンソニーのレスポールが奏でる
Led Zeppelinの名曲「天国への階段」から始まったステージ。

お馴染みのイントロの後、歌が入るかと思えば…
鍵盤、キャンディの奏でる「雛祭り」のメロディ。
そう、3月3日は歌のミッチェルの誕生日…
しかし、天国への階段に乗った雛祭りの旋律は、
妙に和風に馴染み、さながら天国への怪談か…

1曲目…
その空気をぶち壊す、サンバホイッスルの音色と共に
ピロシキのタップが炸裂。
それに続いて始まったのは、いきなりミッチェルの十八番!
郷ひろみの「お嫁サンバ」
狭いステージでボックスを踏みまくるミッチェル!

そして、橘あゆみ嬢 登場
歌うかと思いきや… ステージからカウンターへオーダー。
メンバーそれぞれ好きな酒を頼み、
客席をも巻き込み、恒例の乾杯大会!



2曲目…
あゆみ嬢の艶っぽいスキャットを交えた
「伊勢佐木町ブルース」
負けじと喘ぐミッチェルですか、色気では敵いません。
色気に負けたピロシキはタップも忘れ、
床にへたり込む始末…

3曲目…
間髪入れずにBen E. Kingの名曲「Stand By Me」
イントロでメンバーの紹介。
歌に入るか…と思いきや、
またまたキャンディが別のフレーズに…

聴き慣れたメロディは
昭和のデュエットの定番中の定番!
「ロンリーチャップリン」
間奏では、ミッチェル&ピロシキの愛の告白タイム。

花を手に、二人があゆみ嬢に告白するも
敢えなく撃沈。
それでもせまりまくるミッチェル。
ああ、哀しきロンリーチャップリン…



4曲目…
さらに定番は続きます。
昭和歌謡のお約束「別れても好きな人」
ステージの展開的には「振られても好きな人」か?

本来なら客席に降りて歌いたい所だったのですが…
あまりの満員で、それも叶わず、嬉しい誤算。

5曲目…
ピロシキのタップのリズムに、
歪んだギターとオルガンがかぶり、
ラストは西城秀樹の「激しい恋」 ミッチェル大爆発~。
最後はPAスピーカーの上によじ登る始末。

で、終わる予定のステージだったのですが、
メンバーから歌のミッチェルへのサプライズ。
バースデーケーキのプレゼント。

あゆみ嬢の歌う「ハッピーバースデー」
…のはずが、 結局自分で歌ってしまったミッチェル…

「ハッピィ バースデー ディア 俺~」
ってそりゃ妙ですってば…

ま、それでも無事にロウソクは消され、
公演も終了しました。

次は… あるのかな? 未定です。



コメント(2)|Trackback(0)