居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






味噌ぶりNoodleみやみや昨年7月以来二度目の訪問。
聖蹟桜ヶ丘駅のすぐ近くにあるのですが、
我が家からはかなり遠いので滅多には行けません。
車だったので、小平霊園の墓参りの帰りに寄り道。
みそや林檎堂の元スタッフの吉宮くんが開いたお店です。

今日は直球メニュー、特製味噌ヌードル、980円。
ライス、100円。
昨今、ラーメンも1K超えは当たり前?



わたしが好きだった頃のみそや林檎堂の味をベースに、
みやみや流の改良が施された味噌らーめん。
見た目がゴージャス。
もやし、ねぎ、水菜、パプリカ、紫玉葱の野菜と、
トマト、玉ねぎ、ローリエでアレンジされた挽肉、
低温調理の柔らかいチャーシューが4枚…
あれ?特製って2枚じゃなかったっけ?
サービスかな?ありがたい〜〜
そして半熟の味玉が乗っています。
別皿でパルメザンチーズも付きます。

味玉の製法が変わったのでしょうか?
去年は黒かったけど、今日は白く美しい。



村上朝日製麺の特注麵は水飴が使われているとか。
160gとは思えないほどの食べごたえ。
ライスとトッピングの多さ…だからかな。



麹がほんのり薫る白味噌ベースの合わせ味噌の味を
豚骨、鶏、魚介のスープがバックアップ。
粉砕された鶏骨が出す粘度でスープが麺に絡みまくり。
久しぶりに、ベジポタではないドロ系を堪能。
もはや味噌ラーメンとは違ったジャンル?
初めてみそや林檎堂の味噌を食べた時の驚きに似ています。
でも、味の方向は独自に進化しているようで、別物。

前回食べた鶏そばの素朴な美味さとは対極的。
残ったスープにライスを投入し、濃厚リゾットで締め。
イタリアンな風味の挽肉とチーズが違う世界にいざないます。

券売機を見ると、前回あった『鶏油まぜそば』が無くなり、
『煮干そば』が加わったようです。
『山形辛味噌』は売り切れ状態でした。



コメント(0)|Trackback(0)



« 朱鷺あかり@中... 静岡おでん »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。