居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






昨夜は渋谷で軽く一杯…
と思いセンター街で安い店を捜しました。
流石に激安居酒屋は待ち客の行列。

飲み放題30分250円に誘われて覗いた某居酒屋、
何故かガラガラで即入店出来ました。

サッと飲んで…と思ったので30分でもいいか、
と思ったら、1時間単位だとおっしゃる。
じゃ、30分250円ってのは何だ?

飲み放題なのに、ビールは1人1杯までだって。
何だか騙された気分であります。

ホール担当は二人だけ…
天井から下がった木の板を木槌で叩いて呼んでも
一向にやって来てくれない…
「飛んでまいります」ってのは嘘ですか?
そこら中の席からポコポコ音がしてうるさい!

時間制限がある上に、肴が来たのに酒がない!
というオペレーションの悪さに閉口しました。
飲み放題で、なかなか酒を持ってこないのは、
沢山飲まれちゃ困るからですか?
なんて思いたくもなるのだった。

居心地も悪く、延長を断ったらムッとされるし…
近隣の居酒屋は満員なのに、空いているってのは
こういう接客だからかも? と思った。

それはさておき、珍しいメンツで乾杯出来て、
実に楽しい夜でございました。

:::::::::::::::::::
一応、肴の備忘録。価格は課税前

・博多風ポテトサラダ 280円


・こだわり自家製だし巻き玉子 300円


・厚切りベーコンのシーザーサラダ 420円


・チーズフォンデュコロッケ 340円


・鶏串盛り合わせ(五本) 600円


・自家製厚揚げ 280円


・豚とろネギポン酢 340円


コメント(2)|Trackback(0)






昨夜は、ここ数年の恒例行事になりつつある集まりでした。
スポーツジムで顔見知りになった方々との新年会…
我が家を含めて、総勢6名の宴会でした。

今回のお店は生粉蕎麦バルつるかめ
なんと、店主の亀井さんも同じジム仲間です。

2014年の12月に東中野に移転して来たお店。
十割蕎麦が売りで、注文があってから蕎麦をこねます。
手打ちではなく、機械で押し出す方式。
風味を損なわないように、提供後すぐに食べて欲しいそうだ。

普通の蕎麦屋さんとはちょっと違い、
お店の造りや内装は、バルと言うだけ有って呑み屋っぽいです。
なんと入口にアリアのエレキギターが置かれています。
店内の大きな画面には古いロックのライブ動画が流れています。
蕎麦とロックの違和感が何とも言えない〜

ストーンズ、クリーム、クイーンなどなど…
つい、飲み会だと言うことを忘れて見入ってしまいます。
店主の亀井さん、元々はギタリストだったそうで、
昔は新宿でライブハウスをやられていたとか。
それが、蕎麦の魅力に取り憑かれてお店を始めたらしい。

メニューはお任せでした。
蕎麦屋さんらしからぬ料理からスタートでしたが、
出汁巻き、刺身、天ぷら…とやはり蕎麦に合う品が多いですね。
お店のオリジナルの焼酎は美味しかったです。
蕎麦湯割で何本空になったことやら?
今度はランチに行ってみようかと思います。

しこたま飲んで、満腹になりました。
ちなみに、席料、お通しなどは無し。
お会計はひとり5000円とリーズナブル!


備忘録的に、出てきた料理の記録。

・きのこと油揚げのチーズ焼き


・鶏と野菜のソテー


・出汁巻卵


・刺身盛り


・銀杏


・天ぷら 海老


・天ぷら 牡蠣


・天ぷら 菜の花


・天ぷら 烏賊


・天ぷら 大葉&卵


・天ぷら 卵は超半熟で美味しい!


・浅漬け


・十割蕎麦


・焼酎&日本酒


コメント(0)|Trackback(0)






買ったけれど、長い間放置されていたのは…
ペヤングやきそば わかめMAX
ようやく味見をしてみた。

かやくはまるでふえるわかめちゃんのよう。
熱湯3分、開けて驚き。
半端ない量のわかめです。

醤油ベースのソースなので、味は和風。
思いの外、あっさりした味ですが、
麺とわかめの味が合間見えない…
けして不味い訳では無いのですが、
やはりやきそばは普通のソース味が好きかも。



コメント(0)|Trackback(0)






雪がパラつく中、用事で中野まで…
寒いので辛い物を食べたくて、五丁目煮干しへ。

赤こってりつけ麺、並(200g)、880円。
週刊ジョージアのクーポン提示で味玉つき。
この味玉、大きくて美味しい!
さらにランチサービスで煮干しご飯も無料。
至れり尽くせりであります。



期間限定だった「赤」が正式メニューに昇格。
スープの辛さは三段階。今日は初なので1辛で。

限定の時はらーめんを食べたのですが、
こちらは花椒が効いていて痺れ感が有りましたが、
つけ麺は豆板醤ベースの味噌を使った濃厚系。
痺れは無く、辛さもマイルドで食べやすい!
らーめんに付属のパクチーですが、
つけ麺には付きません。



並盛の200gはペロッと無くなりました。
煮干しご飯有り想定の並盛だったので、麺量は控えめに。
割りスープを貰い、煮干しご飯茶漬けに。
そこに、残ったつけ麺のスープを加えると、
絶品のシメに早変わり。
カウンターにある高菜漬けを入れても美味。
今後は赤つけ麺推しになりそう。
痺れたい時は赤らーめん!

**********
シェア麺:らーめん白 770円
旧:ど煮干しらーめん。これがデフォルト!


コメント(0)|Trackback(0)






大久保の満家、二度目の訪問。約1ヶ月ぶり。
前回気になっていたメニューを頂きました。

納豆らあめん、並盛(300g)。870円
並でも凄い量です。

デフォルトのらあめんに納豆がトッピングされています。
溶き卵に納豆を入れ泡が立つくらいに撹拌。
それをらあめんに流し入れ、刻み海苔を乗せ完成。

らあめん単体が実に美味しかったので、
そこに納豆が乗ったらどんなだろうか?
という興味本位の選択でしたが…
清湯系の醤油スープに納豆入りの溶き卵が合わさると、
何だか、卵かけご飯に納豆を乗せたような味わい。
妙にほっとする懐かしい味です。



納豆の豆を残さずに食べられるように、穴開きレンゲが付属。
何だかコーンラーメンみたいです。



大成食品の中太ストレート麺が良く合います。
300gでも、するっと胃の中へ収まってしまいました。
納豆も悪くないのですが…
ラーメンよりもご飯に乗せたほうが好きですね。

未食は、ざるらあめん&納豆ざるらあめん。
基本、チャーシュー増しはしない主義なので、
ざる系制覇で、満家の基本メニューはコンプリートです。

**********
シェア麺:らあめん、750円。やはりコレが一番かも!


コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ