デジスコ撮影実習日誌

デジスコとデジカメで野鳥や草花を撮影するのが楽しくて実習に励んでいます。 最近ではスチームエンジン工作にはまっています。

庭木の巣箱でシジュウカラが営巣しています

2017年05月16日 09時35分04秒 | 野鳥撮影実習

2017/05/09(火曜日) 晴れ


陽気の良い今頃は大体10時頃、部屋の外の縁台でお茶を飲むことになっています。
お菓子を食べながら、庭に咲く草花を眺めて五月の日光を浴びています。
縁台の前には紫蘭や菖蒲が咲く花壇があってその奥が野鳥の水場になっています。
ときどきメジロやシジュウカラがやって来て水浴びをしていきます。
その奥にキンモクセイの木があってここにシジュウカラ用の巣箱が掛けてあります。




今日もいつものように10時のお茶をすすっているとき、巣箱からシジュウカラが飛び出していきました。



シジュウカラのペアが何度も巣箱に出入りしています。
おやっ、営巣するのかな!?
2、3日様子を見ましたがやっぱり営巣する感じです。
そこで観察用のカメラをセットしました。

カメラは「ネットワークカメラ」とかいうもので撮影した室内の様子を無線(Wi-Fi)で
離れたスマホやタブレットに転送して観察したり監視したりする機能をもったものです。
そのカメラに望遠鏡を取り付けて巣箱を観察しました。




工作作業机の上にタブレットを置いて送られてくる画像を監視します。





あぁー、今日もちゃーんと営巣しているな・・・

その様子を録画して保存します。
もっと高機能のカメラを使えば(動体監視機能)を使って自動的に録画しますが、
残念ながらこの安物カメラではそれができません。

いちいち画面を監視して何か珍しいシーンが撮れたらそのデータを手で保存するのです。
とても面倒で大変です。

そんなことをしながら編集した動画をご覧くださいませ。



こんなことをしながらの工作は失敗が多いです。
やっぱり「二足のわらじを履く」のはよくありませんね。

蛇足ですがこの「二足の草鞋を履く」という諺は昨今では「育児と仕事」というような
二つの事柄を指すような使い方をしますが、本来の意味は違います。

例えば「ばくち打ちの親分」がお上から十手を預かって「御用」を司るようなことを
意味していて(今でいえば「泥棒」が「ガードマン」をしている・・・)悪い意味で
使う言葉なのです。

言葉は生きている・・・時代と伴に使い方が変わるののは仕方がないのかな?
でも、オイらは正しい日本語を使いたいなぁ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さな水場に大きなガビチョ... | トップ | 先ずは赤、青、黄、です  ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんな装置で撮影してるんだ。 (弁慶)
2017-05-18 21:41:42
 実習生さん今晩は。
 戸隠のノジコが待ち遠しいです。
 この装置はフルタイムで観察が出来るからいいですね。
 私もこんな装置が欲しい。
 でも編集が大変そう。

 ところでこの前の記事のコメ返がありません、
私のはどうでもいいですがもう一人の方からコメントが入ってますよ。
コメ返、気が付きませんでした! (実習生)
2017-05-20 05:37:01
弁慶さん、おはようございます。
頂いたコメントにきがつきませんでした。
ご忠告ありがとうございました。
すぐお返事を書き込みます。

そうですね、こんなカメラです。 
初心者用の低機能仕様なのでただ観察するだけのカメラです。
撮影や録画は手動で行いますのでずーっと画面を見てなくてはなりません。
高機能なものを使えば画面の変化を判断して自動で撮影や録画をしてくれます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL