東京絵の具

日本国内の旅行地を掲載しています。

東京ジョイポリス

2017年06月30日 | 雑記・イベント
東京ジョイポリスに行ってきました。

なんと誕生日は、入場+アトラクション1日乗り放題+カーニバルゲーム1回が「無料」です。
入場時にシールが渡され、貼っていると出会うスタッフからおめでとうの言葉ももらえます。

いまは学生なんで遊んでいる場合ではないのですが、せっかくの誕生日も自宅で勉強するのも
どうかと思い、ネットで調べたら東京ジョイポリスを発見したので、夕方から突如行ってきました。
こういう場所に一人だと浮くかなと思いましたが、ほぼ気にならなかったです。
ただ、二人で協力してするゲームが多いので、本当に楽しむのであれば人と行くのがよいです。

ワイルドジャングル・ブラザーズを始めにプレイ。こういうアトラクションは久々ですが、
すごい進化していると感じました。ただ個人的に、3Dというのが凄い苦手で、連続して
ワールドウィングやワイルドリバーをやると気持ち悪くなりました。


イニシャルDのハチロクがゲーム機体で遊べます。私が運転したのは黄色の車でした。
いろは坂なんか選んでしまったので、曲がり角だらけで大変でした。


ストームジー。手で操作するので、ある程度思ったように操作できるので面白かった。


個人的には、この「VR生き人形の間」が一番面白かった。高価なVRすげー。


大きなアトラクションとして、ジェットコースター類の轟音ライブコースターや
このハーフパイプトーキョーがあります。


バイオハザートは、来ているメンバーの多数決で順路を決めるので、自分がプレイした時は、
途中でゲームオーバーになりました。案内人になりきったスタッフが面白いです。恐怖という点では、
VR生き人形の間が圧倒的に怖いです。

逆転裁判も途中までやりましたが、キャラクターを知らないので背景がよくわからず途中でやめました。
フォーチューンフォレストという占いもやってみましたが、生まれながらの統率者とか書かれていましたが、
とてもそうとも思えないw
ほか、ガンで打つハウスオブザデッドなんかもやりました。体感機は、冒頭で述べたように3D酔いのため
上記以外にもあったのですがやめました。フリーパスに入っていなかったのですが、ZERO LATENCY VRという
6人同時プレイが可能なVRアトラクションが、ものすごい面白そうだった。

東京住んでてもあまり台場には来ないので、たまに来ると旅行みたいで楽しいです。
世の中面白いことが多く溢れているのに、いまは勉強という選択肢をとった自分には
この華やかな世界が、ものすごく羨ましい。
『東京都』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年5月31日 広島vs西武 | トップ | 帝国劇場 ミュージカル「レ... »
最近の画像もっと見る