当世・服飾ファッション・よもやま話  UP TO DATE FASHION NEWS

目に映る当世ファッション状況を感じたままお知らせします。このサイトのファッションは服飾に限ります。インフレファッションへ

2018/19年秋冬ニューヨークコレクション

2018-02-17 | Weblog
 
2018/19年秋冬ニューヨークコレクションby VOGUE JAPAN
 
3.1 フィリップ リム3.1 PHILLIP LIM
ア・デタシエA DÉTACHER
アール・サーテーィンR13
アダム セルマンADAM SELMAN
アダム・リップスAdam By Adam Lippes
アディアムADEAM
アナ スイAnna Sui
アリス アンド オリビアALICE + OLIVIA
アレキサンダー ワンAlexander Wang
アレナ・アフマドゥーリナALENA AKHMADULLINA
アレハンドラ アロンソロハスALEJANDRA ALONSO ROJAS
イードゥンEdun
イェオ リーYeohlee
ヴァケラVAQUERA
ヴィヴィアン・タムVivienne Tam
ヴィクトリア・ベッカムVictoria Beckham
ヴェロニカ・ベアードVeronica Beard
ウラ ジョンソンULLA JOHNSON
エーエルシーA.L.C.
エクハウス ラッタECKHAUS LATTA
エステバン コンタサルESTEBAN CORTAZAR
エム ミッソーニM MISSONI
オスクレンOSKLEN
カイトKHAITE
ガブリエラ ハーストGABRIELA HEARST
カルバン・ルオCALVIN LUO
キャロリーナ ヘレラCarolina Herrera
クシュニー・エ・オクスCUSHNIE ET OCHS
クスト・バルセロナCUSTO BARCELONA
クリエイチャーズ・オブ・コンフォートCREATURES OF COMFORT
クリスチャン シリアノChristian Siriano
クロマットCHROMAT
ケイティ ギャラガーKATIE GALLAGHER
コーチCOACH
ザ・ロウTHE ROW
ザック ザックポーセンZAC ZAC POZEN
サッチン + バビSACHIN + BABI
ザディグ エ ヴォルテールZADIG & VOLTAIRE
サリー ラポワントSally Lapointe
ジェイ・メンデルJ.MENDEL
ジェイソン・ウーJason Wu
シエス マルジャンSIES MARJAN
ジェニー・パッカムJENNY PACKHAM
ジェレミー・スコットJeremy Scott
シックススリーナインセブン6397
シド・ネイガムSID NEIGUM
ジマーマンZIMMERMANN
ジューシー クチュールJuicy Couture
ジョナサン シンカイJonathan Simkhai
ジョジー・ナトリJOSIE NATORI
ジョナサン・サンダースDiane von Furstenberg
ジョン エリオットJohn Elliott
ジル・スチュアートJill Stuart
シンシア・ローリーCYNTHIA ROWLEY
セルフポートレイトself-portrait
ゼロ+マリア・コルネホZERO+MARIA CORNEJO
タダシ ショージTadashi Shoji
タニヤ・テイラーTANYA TAYLOR
ディオン リーDION LEE
ティビTIBI
デレク・ラムDerek Lam
デレク・ラムDEREK LAM 10 CROSBY
トム・フォードTOM FORD
トリー バーチTORY BURCH
ナイーム・カーンNaeem Khan
ナルシソ・ロドリゲスNarciso Rodriguez
ニコール ミラーNICOLE MILLER
ニコラス・エル・クンツ クリストファー・クンツNICHOLAS K
パイヤー モスPyer Moss
バッジュリー・ミシュカBADGLEY MISCHKA
パメラ ローランドPamella Roland
ビーシービージー マックスアズリアBCBG MAX AZRIA
ピッチョーリRED VALENTINO
ビブー・モハパトラBibhu Mohapatra
フィリップ プレインPHILIPP PLEIN
プラバル・グルンPrabal Gurung
ブランドン マックスウェルBrandon Maxwell
ブルックス ブラザーズBROOKS BROTHERS
ブロック コレクションBROCK COLLECTION
ヘレシーHELLESSY
ボーフィーBEAUFILLE
ボスBOSS
ボッテガ ヴェネタBOTTEGA VENETA
マーク ジェイコブスMARC JACOBS
マイケル・コースMICHAEL KORS
マキ オーMaki Oh
マラ・ホフマンMARA HOFFMAN
マリアム・ナッシアー・ザデーMARYAM NASSIR ZADEH
モニーク・ルイリエMONIQUE LHUILLER
モンスMONSE
ラグ&ボーンRag & Bone
ラフ・シモンズCalvin Klein
リオ・ウリベGYPSY SPORT
リバティーンLibertine
リンダーLINDER
ルー ダラスLOU DALLAS
レベッカ・テイラーREBECCA TAYLOR
レラ・ローズLELA ROSE
ローラ・キム フェルナンド・ガルシアOSCAR DE LA RENTA
ロバート ロドリゲスROBERT RODRIGUEZ

2018年2月05日~2月14日 in New York

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進撃の巨人アマゾン V.S. 日本ECアパレル小売業

2018-02-10 | Weblog
世界の小売り企業を駆逐する勢いの進撃の巨人「アマゾン(Amazon)」。
次なる標的は日本アパレル小売業に。
この春、品川シーサイドに「Amazon Fashion用 撮影スタジオ」を開設予定。
撮影スタジオは米・英・印に続く4番目。規模は世界最大(約2,270坪)になるとか。
迎え撃つは差し詰め、日本ECアパレル小売業の雄、ゾゾタウン(ZOZOTOWN)。
世界を席巻するアマゾンの軍門に降るアパレル企業は一体どこか?
一方、海外売上が国内売上を上回ったUNIQLOは自社ECサイトで戦いを挑む陣に。
この勝敗で日本のカジュアルアパレル産業の行方が占える感じ。

「アマゾン、アパレルの陣 ゾゾやユニクロと攻防」(日経Web)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は「節分」、明日は「立春」 でもお寒い日

2018-02-03 | Weblog
今日は「節分」、明日は「立春」。(あくまでも「暦の上」で)

特に今年は
「暦の上では立春ですが、まだまだ寒い日が続いています。」フレーズがとてもお似合いの年。
こう寒いと「梅春もの」は蹴っ飛ばされ、「春物」立上げの行方も心配。
防寒もの在庫一掃でよろしいのかも???
いずれにせよ、お天道様には勝てませんもん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018春夏パリ・オートクチュールコレクション

2018-01-27 | Weblog
2018春夏パリ・オートクチュールコレクションby VOGUE JAPAN
  
アクネストゥディオズACNE STUDIOS
アルベルタ・フェレッティALBERTA FERRETTI
アレクサンドル・ポーティエALEXANDRE VAUTHIER
アレクシ・マビーユALEXIS MABILLE
アン・ヴァンデヴォースト フィリップ・アリックスA.F.VANDEVORST
イリス・ヴァン・ヘルペンIris van Herpen
ヴィクター・ホスティン ロルフ・スノランViktor & Rolf
エリーサーブELIE SAAB
カール・ラガーフェルドCHANEL
グオ・ペイGuo Pei
クレア・ワイト・ケラーGIVENCHY
ジャック・マッコロー ラザロ・ヘルナンデスProenza Schouler
ジャン・ポール・ゴルチエJean Paul Gaultier
ジャンバティスタ・ヴァリGiAMBATTiSTA VALLi
ジョルジオ・アルマーニARMANI PRIVÉ
ズハイル・ムラドZUHAIR MURAD
タマラ・ラルフ マイケル・ルッソRalph & Russo
ピエールパオロ・ピッチョーリValentino
ベルトラン・ギュイヨンSchiaparelli
マリア・グラツィア・キウリChristian Dior
中里唯馬YUIMA NAKAZATO

2018年1月22日~1月25日 in Paris

2018春夏パリ・オートクチュールコレクションby AFP BB NEWS
  
アレクサンドル・ポーティエALEXANDRE VAUTHIER
アレクシ・マビーユALEXIS MABILLE
アン・ヴァンデヴォースト フィリップ・アリックスA.F.VANDEVORST
カール・ラガーフェルドCHANEL
クレア・ワイト・ケラーGIVENCHY
ジャン・ポール・ゴルチエJean Paul Gaultier
ジャンバティスタ・ヴァリGiAMBATTiSTA VALLi
ジョルジオ・アルマーニGiorgio Armani Prive
ズハイル・ムラドZUHAIR MURAD
マキシム・シモアンスAZZARO
マリア・グラツィア・キウリChristian Dior

2018年1月22日~1月25日 in Paris

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UNIQLOを擁すファーストリテイリング 海外売上国内上回る

2018-01-20 | Weblog
1/11、UNIQLOを擁すファーストリテイリングが2017/9~2017/11期の連結決算を発表。
それに依ると、UNIQLO今回初めて、海外売上が国内売上を上回ったそうな。
柳井会長兼社長は社内に「私たちの時代がついに来た」とメッセージされたとか。
国内同業SPA企業が苦戦する中、UNIQLOは国内・国外ともに絶好調。
前期決算時、柳井会長兼社長は「来期のUNIQLO売上高は海外が上回る予想」され
見事に「的中」した結果に。
2017/9/20、スペインバロセロナ「ZARA」の対面に出店した「UNIQLO」。
このお店の売上はどうだったのかしらん。
「ファッション感性の勝負」はどちらに軍配が呉々も行司差し違えの無きよう願います。

「戻ってきたユニクロ女子 ファストリ柳井氏の興奮続くか」 (日経Web)
「ファストリの17年9~11月、純利益最高 冬物好調」 (日経Web)
「UNIQLOを擁するファーストリテイリング 東南アジアが健闘」 (当世・服飾ファッション・よもやま話)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百貨店・化粧品好調 婦人服不調

2018-01-13 | Weblog
「迎春」
やや遅めですが、本年もよろしくお願いします。

初春から「縁起の良い」お話
2017年12月度売上が2016年度12月度売上を下記大手5百貨店揃って上回る

阪急阪神百貨店
大丸松坂屋百貨店
三越伊勢丹
そごう・西武
高島屋

クリスマス、お正月商戦 高額品(時計、宝飾) 免税売上が好調だったとの事。

而して、初春からアパレルには「縁起の悪い」お話
2017年化粧品売上が婦人服売上を上回る

「化粧品、婦人服上回る 17年世帯支出が逆転へ」(日経Web)

服飾業界にとって良いのや悪いのやら・・・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VOGUE JAPAN Women of the Year 2017

2017-12-09 | Weblog
今年のVOGUE JAPAN Women of the Year の方々が11/24(金)に決定。
(以下は全てVOGUE JAPAN Rising Star of the Year 2017 HP のCopywriting。)

「心を研ぎ澄ませて、変わり続ける今を最大限に楽しめる人。」
 として今年エントリーされた
VOGUE JAPAN Women of the Year 2017 の方々。

ブルゾン ちえみ(Comedian)
「デビュー間もなく絶頂に上り詰めながら、さらなる変化を真摯に求める芸人。」
MIKIKO(Choreographer)
吉岡 里帆(Actress)
ソノヤ・ミズノ(Actress)
「心の声を聞き、ハリウッドへ」
南谷 真鈴(Adventurer)
「世界最高峰の山へ、進路をとる“クライマー”」
コムアイ(Artist)
恩田 陸(Writer)
「人々を魅了する物語を日々紡ぎだしながら、「次はもっと」と思い続けられる作家。」
木村 多江(Actress)

VOGUE JAPAN Rising Star of the Year 2017
ユン(AMBUSH Designer)
「ファッションシーンで活躍する女性」

「今、自分がいる場所、築いた立ち位置を冷静に見つめながらも、
 そこに安住することを静かに拒む女性たちのしなやかな強さに触れる。」

VOGUE JAPAN Women of the Year 2017

今年の投稿は本日でお仕舞い。
皆様には、良いお年が来ますように!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタートトゥディ アパレルへ? PB「ZOZO」発売

2017-12-02 | Weblog
CD等の通販から「スタートアップ」し、
服飾品EC(電子商取引)サイトを運営する、現在のスタートトゥデイ。
若者の皆さんは「ZOZOTOWN」のほうがメジャー。
そのスタートトゥデイがアパレル事業に乗り出すとか。
代表取締役社長、前澤友作さんご自身のツイッターで

Yusaku Maezwa @yousuck ・ 11月22日
「ZOZOSUITは、街頭やコラボ企業経由等、
 圧倒的な速度で世界中で無料で配りまくり、
 体重計や体温計のように一家に一台の存在にします。
 そして、世界中のお客様の体型を最も知り尽くした企業となり、
 そのデータを元に一人一人にピッタリの服を提供する、
 世界でも類を見ないファッション企業を目指します。」
Yusaku Maezwa @yousuck ・ 11月22日
「採寸ボディースーツ「ZOZOSUIT」を無料配布します。
 ZOZOTOWNにて予約開始。
 一瞬であなたの体型を採寸できます。
 プライベートブランドでの活用はもちろん、ZOZOTOWNでのお買い物も圧倒的に便利に。
 川上から川下まで、ボディーデータ利用でファッション産業を新次元に導きます。」

と11/22(水)発信。
彼が言うところの「ZOZOSUIT」は身体サイズ測定器。
全身隈無く15,000箇所を瞬時に採寸可能とやら。
このスーツは「無料」提供されるので、
ご自分の体型等に無頓着な方々はたぶん応募されると思う・・・・・。

「オーダーメイド」の基本的採寸箇所は(アイテムにより違いがあれど)
首回り 肩幅 肩下がり形状 袖丈 バスト ウェスト ヒップ 腿周り 足首周り 等々。
女性の場合はトップ・アンダーバストサイズも必要。(ジャケットなら胸癖等も)
当然、ツールはメジャーで。
採寸姿を無視すれば、「ZOZOSUIT」の採寸サイズ値は正確な数値をはじき出す筈?
ところが、ここからが問題。
採寸したからと言って即、服が出来上がるわけではない。
「デザイン」・「生地の厚み風合い等」を勘案し、パターン(型紙)作成しなければならない。
その後、裁断 ⇒ 縫製 ⇒ プレス作業を経て漸く製品へ。
取り急ぎ、製作アイテムは低価格「シャツ」「パンツ」との事だから、
当面問題は生じないとは思えるものの、やはり不安感は否めない。
IT(Information Technology)駆使する経営者のお一人じゃから要らぬ心配やも。
因みに、スタートトゥデイは 2017/3決算(連結) 単位(百万円)
売上高 76,393 営業利益 26,284 純利益 17,035 純利益率 22.3% に。

「 『ゾゾ」初の自社ブランド名は 『ZOZO』」 (WWD JAPAN)
「スタートトゥデイ、PB 『ゾゾ』発表 ボディースーツで全身採寸」 (日経Web)
「スタートトゥデイ、 『採寸スーツ』無料配布 PBで受注生産」 (日経Web)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行くボディコン元祖アライヤ 来るJKボディコンお嬢

2017-11-25 | Weblog
かって、
ティエリー・ミュグレー(Thierry Mugler)さんの元で服作りに勤しんでおられた
アズディン・アライア(Azzedine Alaia)さんが今週(11/19)他界されたの報。
ビッグショルダー・タイトウエストシルエット服をデザインされた彼。
通称、ボディコン(ボディ・コンシャス=Body Conscious)ライン創始者のお一人。
そう云えば、そんな時代もあったな感。
思い起こさば、今から考えると懐かしき郷愁彩る「行け行けどんどんバブリー時代」。
平成育ちのお嬢さん達には決して分からない時空感。

ところが、今年秋メディアで話題沸騰した登美丘高校ダンシングチームが
ボディコンスタイルファッションで華麗なヒップポップダンス披露。
来るJKワンレンボディコンお嬢さん達。
さも、アズディン・アライアさんがご覧になったら「おったまげー」。

鑑みるに「恋愛と贅沢と資本主義」(ヴェルナー・ゾンバルト)から100年以上経過。
「恋愛」対象は「人間様」から「ITロボット」へ
「贅沢」対象は「衣食住」から「デジタル世界」へ メタモルフォーゼ。

「服飾ファッション」は「色気ないカジュアルノームコア」。
ひょとしたら、登美丘JKボディコン嬢さん達は
VR(Virtual Reality)・AR(Augmented Reality)だったのでは・・・・・?

「アズディン・アライアが死去。ボディコンスタイルの先駆者のデザイナー人生とは?」
(VOGUE JAPAN)
「アズディン・アライア死去、77歳」(AFP BB NEWS)
「ナオミ・キャンベルらが参列、アライアの死を悼む」(AFP BB NEWS)

「バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club」(YouTube)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Forbabies カワイイファッションに叛旗

2017-11-18 | Weblog
カワイイファッションを引っ張るお一人「きゃりーぱみゅぱみゅ」さん。
彼女がインスタで紹介した「Forbabiesのcap」が話題とか。
そのcap(キャップ)にはフロッキーで「変な女」とプリント。
これを制作したのは「村松うらら」さんと「ルシア・ヤオ・ジョイエロ」さん。
ブランド名は「Forbabies」。
ニューヨークでお二人は活躍中と。
この話題は「日経Web」でも紹介される快挙?
「『変な女」』NYと東京で増殖中、日米デザイナーコンビ」 10/28(日経Web)
日経Web情報によると「変な女」について「村松うらら」さんは
「ちょっとした社会への反抗だった」
「日本では『カワイイ』が女性への褒め言葉であり、ファッションも男性の視線を気にした
かわいらしさを前面に押し出したものが少なくない。
変わり者であることが歓迎されない風潮がある日本で『女性が居心地よく過ごせれば』と考え、
あえて変な女であることを誇るデザインを思いついた。」
とコメントされたとか。
基本的に彼女は「カワイイファッション」にアンチテーゼを投げかけ叛旗を翻した事に。
構造的に面白いのは、あの「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんがこのブランドの発信に寄与した事。
「カワイイファッション」派が「ノーマルアヴァンギャルド」派単品(cap)に共感。
これって「変な女(@kyarypappa)」が「止揚」した構造現象。
「Forbabies」はcap以外に「鳶職着」の「ボンタンと上着」も制作販売(Web shop 「WALL」)。
「鳶職着」の「ボンタンと上着」は「Knickerbockers Set」として提案。
カラーは「light gray」と「navy」の2色展開。
こちらなら、「きゃりーぱみゅぱみゅ」さんは「shocking pink」「turquoise blue」「vivid yellow」
をご所望か?
更に、「怠惰な男」、「自由な男」initial capも展開とか。
日本の若者男子にはとても「耳が痛いイニシャル」では?
「村松うらら」さんの飽くなき企画提案を楽しみにしています。

「ボンタンと上着」はこちらのインスタから。
お二人の「えっちゃっこ」と「ポーズスタイリング」が「IKI」。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加