おでかけZIOさん
さ迷い人でも言いましょうか、さしたる当てもなく、場所を時間を彷徨っております。




今年も雪国植物園にやって来ました、季節を2週間ほど早めて。
半月違うと大部雰囲気が違いますね。
特にこの春、山の花がネット上では
 遅れているとの専らの話。
さて、どんなものでしょう。
早速、オオバキスミレとナガハシスミレ(テングスミレ)が迎えてくれます。
マキノスミレもスミレサイシン(シロバナも)も顔を揃えてます。 嬉しいですね。
  
  
スミレ達以外にも勢揃いです。
アズマシロカネソウ、コシノカンアオイ、トキワイカリ、エチゴルリソウ
 
 
他にもエチゴキジムシロ、ホクリクネコノメ、ミチノクエンゴサク、コシノコバイモ
 
 
ここで、薀蓄
コチャルメルソウとコシノチャルメルソウ見分け方は魚の骨のような花弁の裂片の形なのだとか。 
 
モデルは高尾山のコチャルメルソウと越後のコシノチャルメルソウです。
園全体の感じとしては、ミスミソウの盛りが終わり、前回感じた黄色、サワオグルマの開花直前と言った印象でしょうか。
 
そうそう、シラネアオイが一杯咲いていたのですが、ちょっと植え過ぎじゃない。
ミズバショウを添えておきましょう。シュンランやオオイワカガミもご一緒します。
 
サンカヨウ、ヒトリシズカ、ニリンソウ、キクザキイチゲ
 
 
 
ナニワズ、オオバクロモジ…、もう限がありませんね、この辺でやめておきましょう。
 
 
この時期の越後固有のお花を、たくさん見られて幸せでした。(4/17.18)  


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 桜川市、さく... 市川動植物園 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。