おでかけZIOさん
さ迷い人でも言いましょうか、さしたる当てもなく、場所を時間を彷徨っております。




秋雨前線を伴った台風が東上中とのニュースを耳にしながら秋の高原野草観察会に出かけてきました。
場所はお馴染み鹿沢高原休暇村を起点とした範囲です。
車坂峠から入って浅間2000スキー場の斜面を覗いて見ます。
花期を終えたヒヨドリソウやヤナギラン、ハハコグサ、シラネセンキュウが斜面をうめる。
  
  
足下に橙色に広がっているのはネバリノギラン、赤化したヤナギランと対をなして彩を添えているよう。
歩を進めていくと、アキノキリンソウ、ウスユキソウ、オヤマノリンドウ、ハクサンフウロ・・と顔をだす。
  
花弁の落ちたウメバチソウの擬雄蕊が良く見られたり、ハナイカリのその後、を
見て取れたりと愉しいものです。

 
 
湯の丸高峰林道をはい上がったら、池の平湿原に移動します。
ここもシーズンオフ、静かです。
ランチ後、中の道を行くも花は少な目、ノハナショウブやアヤメの株を横目に見晴らし歩道へと進みます。
静かな湿原とそれを見下ろすオヤマノボクチが印象的でした。
 
途中、出会った草草は、シラネニンジン、イワインチン
 
キオン、シラタマノキ、コケモモ、ゴゼンタチバナ、ハクサンオミナエシ、ナナカマド・・・。
     
ここでタイムオーバー、今日の宿休暇村鹿沢高原に向ったのでした。
翌朝は宿の周辺を散策して、
 
菅平の奥の峰の原高原へ。

ペンション村の住民の活動もあり、草原の花畑が復活しつつあります。
    
キキョウ、コウゾリナ、ツリガネニンジン
マツムシソウ、ノハラアザミ、ワレモコウ、エゾリンドウ・・と多彩です。
   
北アルプスの峰々もうっすらと見えておりました。

最後に、菅平自然園に立ち寄って、帰路についたのでした。(9/16.17)



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 富士講・吉田口 タニハ(丹波... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。