おでかけZIOさん
さ迷い人でも言いましょうか、さしたる当てもなく、場所を時間を彷徨っております。




先日の筑波山登山で気にかかった「真壁のひなまつり」、間髪入れず訪ねてしまいました。
取敢えず起点は土地勘のある椎尾山薬王院へ。 
やはり、趣あるお寺さんです。
若いお坊さんと二言三言、今は天台宗だが、最仙上人開基の法相宗だったのだとか。
徳一上人とも関わりのある山岳寺院だったよう、筑波山の麓、さもありなん。登山道はその修験道の名残りなのだとか。
寒波襲来、わずかに雪を残していました。
雛飾り(D49)、雪の影響で乱れ、やや可哀想ではありました。

 

そこから、真壁町の中心部に、そして県道7号沿いの駐車場へIN。
早速、街歩き、つるし雛がお出迎え(D56)(D25)。
  

角を曲がるとお豆腐屋さん(D17)、おいしそうだから油揚げとガンモドキお買い上げ。

突き当たってメインの通りへ。お茶屋さん(C22)でお薄を一杯。
  

駄菓子屋さん(D8)も懐かしい、ここでは買いませんよ。
 

趣のあるお家、星野家(C4)を覗いてみます。創作雛が旧家の箱階段のある風景に溶け込んでいました。

頃は昼時、角の割烹料理屋さん(D7)でおうどんを食します。
食後、ご陣屋前通りを目指してふらりふらり。
導かれるように民家(C34)の奥に。お家の歴史が詰め込まれているよう。

さて、通りの向かいの鏝絵の看板のお家は藤屋履物店(D5)、好ましいのですが、今時商売、立ち行くのだろうか。
 

旧真壁郵便局(C1)まできました。五十銀行(常陽銀行)真壁支店だったそうです。
ご陣屋前通りを歩いて見ましょう。
 

旅籠ふるかわ(C7)のおじいちゃんのパフォーマンスが良いですね。福を頂きました。
 

通り向かいの川島書店(A11、12)も大賑わい愉しくなります。
 

定かではないのですが、こちらのお宅も(A1)も中々豪勢でした。
 

真壁伝承館(B8)までたどり着きました。
勿論、入館。真壁氏を展示の中心に据えたかんじでした。

そして、村井醸造(B24)へ。純米大吟醸を購入しました。
 

そろそろ、帰りましょう。駐車場に戻ります。

もう一か所、真壁城跡を見ていきましょう。
筑波山の一部に掛かっているかと思いきや、微高地の平城でした。
土塁や堀が良く残っていて、現在も発掘調査中のとか、変な構造物を建てないで、このまま残して欲しいものです。
 

ここで、ミッション終了。愉しい真壁街歩きでした。
尚、(№)は桜川市観光課発行の真壁のひなまつりマップからの拝借です。(2/11)



 




 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 國學院大學博物館 水元公園2017早春 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。