おでかけZIOさん
さ迷い人でも言いましょうか、さしたる当てもなく、場所を時間を彷徨っております。




恒例の野草観察会で国営武蔵森林公園へ。
子供達と訪れて以来、さて何年ぶりになるでしょう。
何時もの如く、南口手前のBSで下りるなり、その道端から観察会の始まりです。
慌てて筆記用具を取り出して説明場所に首を突っ込むと、出ましたイネ科スズメノチャヒキ、畑地に多く、アレチノチャヒキやウマノチャヒキは少し湿った処に多いのだとか。・・・?こんな感じ。
次はツボミオオバオオバコとは葉柄部で明らかに違います。
オオバコと言えば子供の頃のらせん状に納められた維管束を利用した茎の引っ張りっこを思い出します。
  
地べたにはミチヤナギ、脇にはカモガヤオヤブジラミ。小っちゃいキツネアザミもいました。
 
アカバナユウゲショウアメリカフウロが並んでます。
  
イボタノキアオスジアゲハがやって来ています。これでは中々進みません。
そして南口に到着。
園内も変わった処は目指しません。
刈り込まれた芝生辺りにはハハコグサ、チチコグサ、ウラジロチチコグサ、チチコグサモドキが並んで生えています。絶好の野外教室です。
 
  
オオチドメグサが広がっています
ウグイスカグラの赤い実が可愛い。一粒だけつまみ食い、美味い(ゴメンナサイ)。
シオデ若い実がのぞいてます。
  
ジュズスゲ、ナルコスゲ、ヒゴクサと馴染め切れないカヤツリグサ科が続きます。
  
ナツトウダイ、オオナルコユリ、ムラサキサギゴケ、タツナミソウ、ニガナ並べてみました。
  
  
そして、今日のメーンイベンター、シライトソウの登場です。
群生しています。
この状況、野草ファンにとって嬉しいのやら、悲しいのやら、ふくざつです。
 
隣に、ミヤコワスレも植栽されていました。
いわゆるヨメナ野菊なのだが、楚々と咲く万葉からの花のイメージが飛んでしまいそう。
 
コアジサイが咲き出しました。良い感じです。
 
あざみ窪の方に出るとノアザミが旬、そして盛んにハナムグリが蜜を採取中、
潜り込んだお尻が何とも可愛い。
 
ヤブジラミもいて先ほどのヤブジラミと並べることが出来てうれしい。
 
おや、ユキニシタも花をつけています。サンカクイの芽だしが面白い。
 
もう3時近く、店じまいの時間、南口BSに向かったのでした。(5/23)


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




GWは、お出かけZIOさんを封印する週間かな。
そんな週間をつまみ食い。
今回のお出かけは西伊豆・土肥でお砂遊び。
GWの真っ只中の移動、此処は高等テクニック、小田原から箱根越えで西伊豆に向かう。
途中、箱根恩賜公園で一休み。ちょうどマメザクラが満開、愉しい散歩になりそう。
  

芦ノ湖、富士山がよく見えてます。足下はタチツボスミレの群落、カンアオイも潜んでました。
 

マルバスミレナガハノスミレサイシンも、ムラサキケマキケマンも一緒に見られてご満悦。
  
  
ここでそんなに時間を費やせません。
伊豆半島を南下します。
そうそう、函南町の酪農王国で昼食とったついでに丹那断層に立ち寄ってみました。小さな公園になって、そこに断層の痕跡が残されていました。
 
そして西伊豆・土肥の海岸へ。
ハマヒルガオが咲き乱れていました。隣にはコマツヨイグサも黄色の花を添えてます。
コウマゴヤシと重なり合って見事なハーモニー、普段馴染みの少ない花々との嬉しい出会いである。
 
 
  
ハマダイコン、チガヤ、・・・
お宿で金目の刺身と金目の煮つけ、堪能しました。
そして翌日は半日砂遊びしてから今度は半島を北上です。
中伊豆ワイナリーでワインを購入しまして、天城中腹のワサビ田に立ち寄って、
 
萬城の滝のイオンを浴びて帰ってきたのでした。
 
此処は天城、アマギシャクナかしらん。ヒメレンゲが輝いている、トキワハゼも良いですね。
 
クルマムグラ、・・・
 
(5/3.4) 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、ゴールデンウイークが始まりました。
好天に恵まれ否応なく外歩きを即されます。
とは言ううものの遠出がままならぬ、となれば近場で空気抜きするしかありません。
で、前回市川動植物園の続編、市川市万葉植物園へのお散歩となる訳です。
往きは、市川大野駅までJRを使います。
駅前のコンビニで飲料水とおにぎりを購入して準備OK👌、出発です。
と言っても、駅からすぐの線路わき。
道路わきの階段を登っていくと格子戸の門があり、そこが植物園の入口です。

こじんまりしたその佇まいは私のお気に入りになりそうです。
早くも脇の道には花が、ホソバノアマナツリガネスイセン、植物園から零れ落ちたのかな。   
そうそう、先日25日に行った小石川植物園でもアマナが繁茂、それはオオアマナという外来種らしい。
入場無料、散歩のついでにと、誘われるようにすんなり植物園に入っていけます。
そして、入口近くで、早々と今日の真打登城、クマガイソウに出っくわします。
18日、新潟の雪国植物園では未だ姿さえ見せてくれなかったのに、ここで出会うとは!
それと対峙するには深紅のシランがお似合いかな。
  
次々とお花のオンパレード、それぞれのお花さんに失礼ですがランダムに登場してもらいました。
ニョイスミレ、ホタルカズラ、フタリシズカ、カタバミ、ニガナ、シャガ、ヒメシャガ、タツナミソウ
ナルコユリ、ヤマブキソウ、スズラン、イカリソウ、エビネ、シロユキゲシ
        
     
嬉しくなるほど一杯です。
フキカケスミレなるものもありまして、アメリカ産のようで初めて見ました。アオイスミレと競わせましょう。
アリアケスミレもちょこっと失礼します。
   
これから咲くジャケツイバラも愉しみ、また来て見よう。
園を一巡りして、さてどうするか。
曽谷貝塚にまわるか、案内板に従って市川動植物園まで行くか。
 
市川動植物園のコースを取ることに。大野城跡に喰いついたのだが中学校横の看板だけ、そんなもんだよね。
ただ、足元は崖、如何にもありそうな場所です。
そこからテクテク、辿り着いたのが昼過ぎ、園内のベンチでコンビニおにぎりをほお張ります。
1週間前に来たばかりで変化はないのですが、取り敢えずひと回り。
キンランの花が増え、ギンランも寄り添うように咲いていました。
 
アマドコロ、ナルコユリも大賑わい。
 
チゴユリも可愛いですね。ウラシマソウもいました。
 
見上げるとイヌザクラが咲き残っておりました。足下のシロバナのカタバミみたいのは(・・?
 
こうして、10㎞4時間のミニ観察会は終了したのでした。(4/29)
 



 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




野暮用がチョコチョコあって、行きたい時期に行きたい所に中々いけない。
とのたまわっているZIOめ、それだけ出かけていて何をおっしゃるというお叱りの声が聞こえてくる。でも、今の季節、そんな感じなのです。ねェ、ご同輩。
そこで、自転車に乗ってお近くの市川動植物園へ。
さて、どなたかにお会いできるかな。
有料のゲートはパスをして谷地の方に下っていきます。
モミジ園の方に登っていくと、いましたいました早速のお出迎え、アマドコロくんです。
鈴生りに花をつけています。(・_・D フムフム、のんびり寝そべってご対面。
何故って、誰もいないのですから。
 

おやおや、キンランさんもいましたか。
そんなに目立っちゃて、襲われないでね。
 

ヒトリシズカちゃんも清楚です。
  

池に下っていくとクレソン(オランダガラシが一杯、花盛り。隣はタネツケバナも負けじと花をつけています。
  

ウマノアシガタ 、ヘビイチゴ、カラスノエンドウ、ノゲシ、ハルジオンとお馴染みさんが大勢。
  
 
まだまだいます。ノミノフスマ、ニョイスミレ、タチツボスミレたち 。
  
ハナダイコンは目立ちすぎ。同じ紫、ムラサキケマンもいました。盛りは過ぎたのかな。

   
そんなこんなの内に反対側出口までやって来ました。この辺りは植栽か花が濃密です。
目につく白い大きな花弁のスミレはマルバスミレかな、シャガも綺麗です。

 
 

そろそろ引き返すとしますか。
さすが植物園、リュウキンカ、ミツガシワもいらっしゃる。キバナショウブも中々のものです。
  
 
 

最後にカヤツリグサ科のカサスゲ(?)も紹介しなくちゃね。
 

でも、詳しくなくて、ゴメンナサイ。
と言ったところが今日の散歩の中身でした。(4/22)

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も雪国植物園にやって来ました、季節を2週間ほど早めて。
半月違うと大部雰囲気が違いますね。
特にこの春、山の花がネット上では
 遅れているとの専らの話。
さて、どんなものでしょう。
早速、オオバキスミレとナガハシスミレ(テングスミレ)が迎えてくれます。
マキノスミレもスミレサイシン(シロバナも)も顔を揃えてます。 嬉しいですね。
  
  
スミレ達以外にも勢揃いです。
アズマシロカネソウ、コシノカンアオイ、トキワイカリ、エチゴルリソウ
 
 
他にもエチゴキジムシロ、ホクリクネコノメ、ミチノクエンゴサク、コシノコバイモ
 
 
ここで、薀蓄
コチャルメルソウとコシノチャルメルソウ見分け方は魚の骨のような花弁の裂片の形なのだとか。 
 
モデルは高尾山のコチャルメルソウと越後のコシノチャルメルソウです。
園全体の感じとしては、ミスミソウの盛りが終わり、前回感じた黄色、サワオグルマの開花直前と言った印象でしょうか。
 
そうそう、シラネアオイが一杯咲いていたのですが、ちょっと植え過ぎじゃない。
ミズバショウを添えておきましょう。シュンランやオオイワカガミもご一緒します。
 
サンカヨウ、ヒトリシズカ、ニリンソウ、キクザキイチゲ
 
 
 
ナニワズ、オオバクロモジ…、もう限がありませんね、この辺でやめておきましょう。
 
 
この時期の越後固有のお花を、たくさん見られて幸せでした。(4/17.18)  


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ