八面山だより

八面山 神護寺からのお知らせ&日常

お寺は縁を繋ごうと思う人があつまる。

2016-10-14 07:48:55 | 日記
『縁がないので誰かいませんでしょうか?』と親御さんや祖父母の方から頼まれる事が多いのですが…。

大概の方が本当に縁がないのではなく縁を繋ごうとしてない!

といった方が良い場合が多い気がします。

『一度ご本人さんと私もお会いしてお話ししてみないとご紹介はできませんよ。どんな考えか聞かないと』と言いますと『あの子は忙しいので来れません』
と当然のように言われ…。

『えっ?一生の事でしょ?忙しいって私も忙しいし、先方の間に入ってくださる方も忙しいのですが縁を繋ごうと動かせてもらってるのですよ!自分が時間をつくる気がないと結婚は無理ですね。』と言うと。

しぶしぶ迷惑そうに『無理矢理連れてこられました~別に私は結婚は焦ってません。』と言った顔に不快感丸出しでご本人登場!

と言った事が多々ありました。


ご縁はあるのに繋がなければ実りません。


お見合いの場合色々な方に合って最初の人が嫌でも間に入ってくださる方とのご縁は大切にしていくことが初めの一歩なのですが…。

『釣書を誰々さんに預けたのに何も言ってこない!』等と言わずにお頼みした方にも会いに行ったり御電話してみる等も大切な事だと思います。

間に入る方に自分を先ずはアピールしないとダメです!

『サラリーマンしかだめ!自営業は嫌!』とか条件ばかりで会う会わないを決めるのは?『えっ!』と思います。

結婚してから条件なんていつ変わるかわからない。

自分だってそうでしょ?山井で今の仕事辞めたり。

色々な方のご相談を聞いてますと結婚でご本人との相性より条件で結婚した方は『条件が違った』と直ぐに別れますがご本人さんを見てこの人ならいいかも?

と結婚された方は会社が潰れても自営業に転職されてもうまく自分達の道を変更しながらでも家族を作ってます。

ご縁がない!

ご縁は作るもの!

お金はらって宅急便でその日のうちには届く!なんて事はありません。


先ずは『結婚したいんです!』と周りに伝える。

お話しがあれば合ってみる。

書類上や写真だけで判断しない。

時間をつくる。

当たり前のようで中々素直に慣れない大人が多いのです。


結婚だけが幸せではありませんご縁とは仕事や友達すべてに繋がる。

仏様のご縁も同じですよね。


『縁って難しねえー』と間に入る人同士でもよくこの、お話しになります。

仏様との縁を結んだり。


人との縁を結んだりするのがお寺なのだと思い縁仕事をさせていただいてます。


『とにかく若い人がいい!』という方も居られますが…。

『なら、貴方が思い描いてる年の人に負けないようその方々と年相応に見えるように努力してください。そして尚且つ、わあ。年上は頼りになるわー。素敵と相手に思わせる努力を始めてください!20才年下なんて…。かなり努力をしなければ親子ですからね(笑)』と言うと。

『先生怖いですね!』と言われました…。

自分の魅力の引き出し方も知るのも大切ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物忘れ | トップ | 七回忌の精進供 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む