八面山だより

八面山 神護寺からのお知らせ&日常

七回忌の精進供

2016-10-15 20:29:27 | 日記


真言宗では、月命日や法事の時には亡くなった方にもご飯を作ります。

もちろん精進でです。お出汁も昆布とシイタケでとります。

私は作るときには多目に作り残りはいただきます。


お赤飯。
冬瓜とシイタケとふのスープ。
茄子と揚げの味噌いため。
人参、だいこん、シイタケ、蒟蒻、アツアゲの煮物。
オクラのゴマあえ。
ふかし芋。

お赤飯は個人の好きなものです。
お赤飯は買ってきました。

子供さんがいらっしゃらないので、お寺に永代經を納めてくだってますが、甥子さんご夫妻が元気なうちはお参りにきてくれますので一緒にお参りし、お膳をいただきました。とても美味しいお膳を持ってきていただき感謝です。

おばさんが生きてたら106さいかな?

等おばさんの思い出話に花が咲きました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お寺は縁を繋ごうと思う人が... | トップ | 八面山に住み10周年  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む