八面山だより

八面山 神護寺からのお知らせ&日常

明日は滝場供養

2017-07-27 09:18:31 | 日記
滝での護摩たきは一年で一度だけになります。

今年は護摩の壇もK氏の奉納で新しくなりました。


Kサンありがとうございます。


前の釜は鉄で錆び穴が開いてしまってました。

この釜も奉納してくださった方の心に感謝しできるだけ長くと使っていましたが穴から炭が落ちると危ないのでと言うことになりました。

お寺の物は大概が御奉納して下さった物で施主サンの願いが込められています。

子孫繁栄、商売繁盛、先祖供養、報恩感謝。

様々です。


様々な願いが込められているので大切さは増します。

様式トイレも定年御礼の奉納されたものですよ。感謝感謝。


皆様の想いと共にお寺は昔から出来て来たのだと思います。

昔は豪族やお殿様によって作られたお寺や神社が多いですよね。

神護寺は沢山の困難に直面された方々が困難に立ち向かい御不動さまに助けられた~。

と言う篤い信仰の中で築かれた御寺です。


神護寺の原典はお滝(不動の滝)です。

お滝しかないところから築かれました。

それほどに御滝は強い強いパワーを持っています。

一人一人の中に生まれつき備わっている大日如来様を出す。日頃の暮らしのドロドロした物を流し本来の仏様の部分を取り戻すには御滝は力をはっきりする手助けをしてくれます。

御滝(御不動さま)に救われることは自分を知ることなのか?

自分で(修行)体験する事が密教なのです。

水に足を浸けるだけでも良い気付きがあるかも?

皆さんお参りくださいませ。


タオルを持参ください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滝行でなく滝癒し | トップ | 思い出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事