脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、各型脊髄小脳変性症、遺伝性脊髄小脳変性症、孤発脊髄小脳変性症(多系統萎縮症)に中国医学治療

脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、各型脊髄小脳変性症に中国医学治療法・日本の鍼灸、一般的な中国鍼灸、中国バリ(針灸)と違う

脊髄小脳変性症・多系統萎縮症に中国医学治療法・日本鍼灸、一般的な中国ばり中国針、中国鍼灸と違う方法

2017-06-17 15:42:57 | 脊髄小脳変性症 脊髄小脳変性症治療 鍼灸
脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・オリーブ橋小脳萎縮症に朗報、根本治療の中国医学治療をご紹介します。
          中国鍼灸・中国漢方
        大龍江中国医学センター http://dairyuukou.com/

脊髄小脳変性症とは,進行性運動失調を主症状とする神経変性疾患の総称で、遺伝性のものと,非遺伝性(孤発性)のものに大きく分けられます。
動失調は,立ったとき,不安定でふらつく,片足立ちが出来ない,歩行時にふらつく,平均台の上を歩くようにして歩けない等の,体幹(体の中心部)のバランスが不安定になる症状があります. 次に,手の動作時の震え,思ったように字が書けない,動かせないという四肢の失調症状があります.また,いわゆる呂律が回らない,あるいは音と音がつながってしまうなどの言葉の障害を認めます.
病型によっては,運動失調症状に加えて,四肢の関節が固くなったり,動きが遅くなる,表情に乏しくなるなどのパーキンソ様徴候,立ったときに目の前が暗くなる(起立性低血圧),ひどいときは気を失う(失神 ),残尿感がある,尿がでにくい,何回もトイレに行きたくなる等の排尿障害を中心とする自律神経症状などを認める場合があります.筋肉のやせ,足のつっぱり感などの症状を訴える方もいらっしゃいます.これらの症状の組み合わせは病型によって異なります.
大龍江中国医学センターでは、中国医学治療法で脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・オリーブ橋小脳萎縮症に対応しています。
中国医学治療法は、日本にある鍼灸(針灸)、一般的な鍼灸(日本鍼灸)、一般的な中国鍼灸(中国ばり、中国針)とは違いますので、日本の鍼灸、一般的な鍼灸中国鍼灸を受けでもよくならない方も是非諦めないで下さい。
        中国鍼灸・中国漢方

        大龍江中国医学センター http://dairyuukou.com/

当センターの中国医学治療法(治す方法)は、西洋医学にはない方法で、日本にある漢方薬や、東洋医学とは全く違います。治療内容は、オーダーメイド漢方薬、漢方外用、漢方蒸し座浴、漢方薬灸、頭鍼、項鍼、運動鍼、発音鍼等特殊な鍼灸等の組み合わせ方法となります。当院で行うこの治療方法は中国国内と同じレベルの治療になり、日本では他院にはありません。

  詳しくは  中国漢方・中国鍼灸 
  大龍江中国医学センター公式サイト  http://dairyuukou.com/

中国漢方 中国鍼灸 
大龍江中国医学センター 
大阪市城東区中央1-2-23
TEL:06-6935-3129
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脊髄小脳変性症・多系統萎縮... | トップ | 脊髄小脳変性症・多系統萎縮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。