ジグザグ山歩き

山歩き、散歩、映画など日々、見たこと、聴いたこと、感じたことなどつれづれに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海よりまだ深く

2016-05-23 21:37:26 | 映画
是枝監督の「海よりまだ深く」という映画を見てきた。
団地に一人住まいの母・淑子と、長男・良多、その元嫁・響子と11歳の息子・真悟の、家族をめぐるストーリー。それは“なりたかった大人”になれなかった大人たちの物語。台風の夜に、偶然ひとつ屋根の下に集まった“元家族”を描いていく。この映画の舞台にでてくるのが、清瀬にある旭が丘団地である。是枝監督が9歳から28歳まで実際に住んでいた団地である。かって憧れの集合住宅として全国に建てられた団地が、老朽化と住人の高齢化といった問題を抱えるようになり、シャッター商店街も目立ち、建てた当初のイメージと異なる状況に直面している。是枝監督は、「なりたいものになれなかったのは団地も同じなんですよね」と話す。このような団地のたたずまいをなりたいものになれなかった登場人物たちのせつなさと重ね合わせているかのようである。実際に映画でも、そこで撮影されたということである。日常の風景を切り取っているが、なかなか含蓄のある言葉がでてきたり、それぞれの役者がうまく演技をしていて、見終わって、味わい深さを感じた。テレサテン「別れの予感」の音楽が流れた。
「教えて 悲しくなるその理由 あなたに触れていても 信じること それだけだから 海よりも まだ深く 空よりも まだ青く あなたをこれ以上 愛するなんて 私には出来ない」
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜祭り

2016-04-07 06:03:53 | 山歩き
4月3日、職場の地域で、桜祭りがあった。今年は桜の咲くのが早かったので、
散ってしまうのではないかと心配をしたが、咲き始めてから、冷え込んだので、
ちょうど、この日は満開に近かった。朝のうち、雨が降っていたが、だんだん
止んできたので、人も出て来て、にぎわってきた。春のこの時期に桜を通して、
イベントが組まれるというのも地域のつながりができて、活性化にもなるのかなと思った。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小三治の「千早ふる」

2016-01-13 22:01:17 | 落語
 小三治の落語を聞きに末廣亭に行く。今回も混むのを予測して、伊勢丹で、開店の10時半を待って、弁当を買って行く。11時前には末廣亭に着くが、やはり行列ができていた。それでも前から3番目の席が取れた。最初から聞いて、トリの小三治まで聞いたので、たっぷり落語を味わったことになる。
マクラは寄席の様子の違い、浅草、池袋、そして新宿と、小三治師匠は新宿生まれ、新宿育ちなので、新宿をひいきにする。噺の所々で新宿が出てきた。初日なので、お目出度い噺と来れば、在原業平にちなんだ噺で、千早ふるである。本筋の枕は、知らないのに知っている振りをする悪い奴。もっと悪いのが、知っているのに知らない振りをする奴。さらに悪いのが、知らないのに知らない振りをする奴。と言って、千早ふるに入る。
"ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは"の意味を八五郎は先生に聞きに行く。しかし先生はこの意味を知らない。それでも知らないといえないので、めちゃくちゃな解釈をして、小三治ワールドに入っていく。浪花節が入ったり、乞食の千早を遠くの山まで、ポヨヨン ポヨヨンと突き飛ばして弾ませるしぐさがあったり、跳ね返ってくる音(ホワンホワン)等面白い。そんな馬鹿なと思いながら、先生の解釈に聞き入っていく八五郎である。登場人物の描写、会話のやり取りやしぐさ、小三治ワールドをたっぷり楽しませてもらった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三ツ頭から権現岳

2015-12-30 22:12:32 | 山歩き
今年の10月に権現岳に登った。前夜に「ロッジ山旅」に宿泊。今回は、2,3日前から天気が崩れるという予報であったので、雨プロを考えなければと思っていた。しかし、雨の降り始めが早く、天気の回復が思ったより早そうで、次の日は、山に登れる様子になってきた。夜中は大雨が降っていたが、朝は雨が止んできた。権現が登れるのではと「ロッジ山旅」の長沢さんからも言われた。急遽、天女山から権現岳を目指して、行けるところまで登ろうということになった。このコースは8年前に、同じようにロッジ山旅で泊まって、登っている。その時はガスっていて、ほとんど眺めはなかった。今回は天気がよくて、リベンジ登山にもなった。最初は樹林帯をゆるやかに歩き始めたが、前三ッ頭の登りにかかると急登になってきた。前夜大雨が降ったので、ところどころで水浸しになっていたり、笹がぬれていたりした。前三ッ頭までは、急坂が続く。下りもここを歩くとなると、下りられるかなという声も出る。展望は開けて、三ツ頭も見えた。きつくなってきたので、前三ツ頭で下りたいという声もあったが、とにかく、三ツ頭までは行きましょうとなる。三ツ頭では、権現岳に登る人と下りる人と別れる。権現岳に登った人は、上に登っていくごとに、少しずつ展望の見え方が変わってきて、山頂も登ってみないとわからない眺めですねと口に出す人もいた。三ツ頭から権現岳までは、岩場や鎖場があったりしたが、思ったより早く登れて、コースタイムより早かった。前日の天気予報で、雨だったためか、登る人は我々以外はいなくて、往復ともに誰も合わなかった。山頂標の上に鉄剣と「金毘羅大権現」と刻まれた石板があった。山頂は狭く、東面は断崖絶壁となっている。下山は往路を下る。三ツ頭で振り返ると、ギボシ、権現岳、阿弥陀岳、赤岳と連なっている稜線がくっきり見えた。三ツ頭から天女山までの距離が非常に長く感じられ、なかなかつかない。下り方向に、富士山が見えて、富士山を眺めながら下っていく。一日富士山がみえ、展望を楽しむことが出来た。帰りは日帰り温泉「パノラマの湯」に立ち寄って、汗を流す。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エベレスト3D

2015-11-08 21:02:32 | 映画
 「エベレスト 3D」は、1996年5月、世界最高峰のエベレスト(8848メートル)で日本人を含む8人の登山者が遭難死した実話を映画化した作品。バルタザール・コルマウクル監督(49)は、気温氷点下26度、風速320キロの強風が吹き荒れる“死の世界”を現地ロケと3D技術で再現し、登山家たちの壮絶なサバイバルを描いた。商業登山のパイオニアのロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)率いるツアー隊と、スコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)が率いる隊が登頂に挑戦するが、参加者の体調不良や登頂を断念させられないガイドの心理もあり、下山が遅れて嵐に見舞われてしまう。エベレスト登山は商業化され、ガイドが顧客を連れて登るツアー隊で山頂付近が大渋滞に巻き込まれてしまうという商業登山の実態も描いている。他のチームとの動向、待ち時間の長さも影響したのである。
ロブ・ホールは、遅れて登っていた顧客のダグ・ハンセン(ジョン・ホークス)が登頂を強行したため下山が遅れる。監督は、「ハンセンは、頂上に近付きすぎた。人間の情けないところは、そこに吸い寄せられて戻れなくなること。何かに憑かれるとそういうこと、よくあるよね」と、語る。実はホールは1年前に頂上間近でハンセンを引き返させていたという伏線があり、ハンセンにとって、経費的にも費用が掛かりすぎるという中で、何とか今回は登頂しようという意識が働いたとも考えられる。また、ジャーナリストのクラカワーが参加したことも、ジョンとスコットの意識に微妙に影響をしたのではないかと言われている。一押ししすぎて無理をしたのではないかということである。さらに、ロブ・ホールの5月10日を登頂日に設定し、必ず晴れると戦術を組んだが、必ずしもそうならなかったことの判断ミスもあったといわれる。天候に恵まれるかどうかは決定的な差になる。天気予報には全力を注がなければならないのである。
このように、複数の要因が重なり、惨劇が起きたと思われる。そういう意味では、多くの教訓と示唆を与えた事故であったと思われる。
 新宿の映画館で、IMAX3Dで見たので、エベレストの臨場感を味わうことができ、見ごたえもあった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『わたしに会うまでの1600キロ』

2015-09-27 06:56:39 | 映画
映画『わたしに会うまでの1600キロ』 (原題:Wild)を見た。シェリル・ストレイドのベストセラー作品が原作である。愛する母を突然失い、その喪失感から人生のどん底へと転落してしまったシェリル(リース・ウィザースプーン)が、トレーニングもせず、パシフィック・クレスト・トレイルという1,600キロもの砂漠と山道を徒歩で旅に挑み、母が愛してくれた本来の自分を取り戻すまでを描いている。『ダラス・バイヤーズクラブ』などのジャン=マルク・ヴァレが映画化。美しく壮大な情景、過酷な旅と共につづられる。リースの体当りの演技も圧倒される。
歩き出してすぐに「バカなことをした」と後悔するシェリル。詰め込みすぎた巨大なバックパックにふらつき、テントを張るのに何度も失敗し、コンロの燃料を間違ったせいで冷たい粥しか食べられない状態である。旅に出る前、シュリルは、どんなに辛い境遇でもいつも人生を楽しんでいた母の死に耐えられず、優しい夫を裏切っては薬と男に溺れていた。遂に結婚生活も破綻、このままでは残りの人生も台無しだ。母が誇りに思ってくれた自分を取り戻すために、1から出直すと決めたのだ。だが、この旅は厳しかった。極寒の雪山、 酷暑の砂漠に行く手を阻まれ、食べ物も底をつくなど、命の危険にさらされながら、自分と向き合うシェリル。歩いたのは、だいたい青森から鹿児島ぐらいまでの距離になるらしい。メキシコからカナダまで、アメリカを南から北に抜ける道で、極度の暑さの砂漠や寒さが厳しい雪山を通り抜けるのである。1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した。こうして厳しい旅の中で、一人でずっと自分のことやいろいろなことを考えた。
旅に出る前、彼女は優しい夫からも逃げて、浮気をし、刹那的な生き方をしていた。自分を愛してくれる男からどんどん逃げていって、どんどん自分をひどい目にあわせていく。というのは、子どもの頃にずっとひどい目にあっていたからだともいえる。愛されることに違和感があり、怖くなり、愛されることから逃げてしまうのである。しかし、一方で、母には愛されていたのである。母親に、「お父さんに殴られて、貧乏で。どこが楽しいの」って娘が言うと、思い出の中のお母さんは、『それは結婚は失敗だったけど、でも、こんなに素敵な娘を得られたじゃないの』って言う。物事をいつも肯定的にとらえる母親であった。母親は40過ぎて、娘と同じ大学に入る。しかし、45歳で癌でなくなってしまう。このように主人公は、母からは愛されていたからこそ、母の喪失は大きかったが、過酷な旅にでても、母のおかげで、自分を取り戻せたのかもしれない。また、母の旦那は暴力をふるい、母は貧乏であるが、いつも楽しそうに歌を歌っていたのを思い出し、その歌が、サイモンとガーファンクルの『コンドルは飛んでいく』。この歌は、アンデスの山の、4000メートル以上8000メートルとかの山の歌といわれる。なじみのある歌で、映画で流れると、見ている方も元気が湧いてくる。山歩きの意味も考えさせられる映画でもあった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

戦争イヤだ まちなかパレード

2015-09-07 22:01:32 | Weblog
調布のまちなか、9月6日(日)16時から行われた「戦争はイヤだ まちかどパレード」に参加した。集会が始まるころから雨が降り始めたが、人は続々と集まり、合計430名の参加があった。コースは、調布の消防署裏のあおぞら公園から出発し、旧甲州街道を東に歩いて行き、調布駅付近の西友前を通過し、国領駅北口を越えて、「こくきた公園」で、解散となった。職場の同僚も何人か参加し、家族連れで来ていた人もいた。沿道からもたくさんの人たちの応援があり、多くの人たちが同じ思いを持っているのを感じた。本当に安倍首相は、鈍感なのか、見ようとしていないのか。これだけ、あちこちで全国的に「戦争法案」反対の盛り上がりを見せているのにもかかわらず、日本を戦争できる「戦争法案」を押し通そうとしているである。パレードからの「訴え」にもあるように、日本は戦後70年間、憲法9条に守られて、他国民を殺すことも、他国民から殺されることもなかった。自衛隊は戦うために海外に行くことは禁止されているのである。それを「戦争法案」では、集団的自衛権の名のもとに、いつでもどこでも武力行使できる軍隊に変えようとしている。国民の生命を脅かす危険極まりない法案である。立憲主義を破壊しようとするアベ政治を許さない。調布の街の中を、「戦争反対」「平和憲法を守れ」の声が響き渡っていた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小三治の「野ざらし」

2015-06-29 07:09:01 | 落語
6月の末広亭、下の席に、夜主任で、小三治登場ということで、聞きに行ってきた。11時前に着いたのだが、すでにたくさん並んでいた。前に並んでいた人たちが、なんでこんなに今日は人が多いのかなと言っていたので、今日は小三治が出るからですよと話すと、一人は仙台からきている人で、飛行機の予約の関係で、昼の部が終わったらすぐに出なければならないが、もう一人の方は、夕方帰るつもりでいたが、最後までいることにしたという。とにかく最初から最後までいられるので、たっぷり落語を聞くことが出来た。この日はトリで演じる演目がわかっていたかのように、他の人たちも幽霊話がいくつかあった気がする。小三治が演じるときは、二階席もびっしり埋まり、立ち見も出ていた。小三治は、まくらで、自分の笑い顔は苦手で、笑い顔の写真を撮りたくないという話から趣味の話になり、釣りの話に言及し、「野ざらし」。野ざらしは、上方では『骨釣り』という題名で演じられるが昭和50年代に月亭可朝がそのまま「野ざらし」の演題で東京風に演じたのをきっかけに上方でも浸透している。小三治も十八番にしているとのこと。
ある夜、長屋に住む八五郎の隣りから女の声が聞こえてくる。隣りに住むのは、堅物で有名な尾形清十郎という浪人。八五郎は、翌朝、浪人宅に突撃する。浪人はとぼけてみせるが、八五郎に「ノミで壁に穴開けて覗いた」と言われ、とうとう語り始める。浪人の話によると、向島で釣りをした時に野ざらしになった人骨を見つけ、手向けの句を詠み、回向の酒をかけてやったところ、何とその骨の幽霊がお礼に来てくれたというのだ。その話を聞いた八五郎、「自分も美人の幽霊と話がしたいから」と浪人から無理やり釣り道具を借りて向島へ行く。ほかの釣り客達に、「骨は釣れるか?新造か?年増か?」と質問して白い目で見られつつ良い場所へ陣取り、早速、骨釣りを始めた。「水をかき回すな」との苦情に。川面を思いっきりかき回したりと、八五郎の暴走は止まらない。だんだんと自分の妄想にはまり込んでいく。最後は、幽霊が来たシーンを一人芝居でやっているうちに、自分の鼻に釣り針を引っ掛けてしまった。「こんな物(釣り針)が付いてるからいけないんだよと、釣り針を川に放り込んでしまった。
小三治はこの話をよく取り上げるみたいであるが、初めて聞く。話自体、よく取り上げているので、聞く方も分かっていると思っているのか、マクラでほとんど言葉や関連の説明がないし、落ちも、分かりにくい所があった。それでも小三治が出てくると、超満員の客席がシーンとなり、何か言うと笑いの渦が巻き起こり、しぐさに可笑しさがある。八五郎の浮かれぶりもよく伝わってくる。笑いを無理にとろうとするのではなく、自然体に演じる妙味でもある。落語の面白さは、極端な思い込みの中で生まれてくる可笑しさでもある。自分たちも思い込んでしまうことがあるなと感じながら、他人ごとであるから笑いにつながるとも思える。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白馬大雪渓

2015-06-24 20:35:29 | 山歩き
 2回目の白馬岳である。今回は、猿倉荘から大雪渓を登り、白馬岳を往復した。前回は、秋に登り、紅葉が見事だったが、雪渓はあまりなかった。今回、雪渓がかなり残っていたので、雪渓歩きを楽しむことが出来た。白馬大雪渓は、全長3.5km、標高差600mある日本では最大規模の雪渓。白馬岳(2,932m)と杓子岳(2,812m )により形成される谷にあり、両山の東方に位置する。夏の間でも万年雪が眠り、真夏でも天然の冷蔵庫のように涼しい。遠くの雪渓にカモシカが歩いているのが見えた。どんどん上がっていった。一匹だけである。猿は群れるが、カモシカは単独行動であると聞いたことがある。山頂近くの白馬山荘までの登りが、体がばててきたせいか、とてもつらく、時間をかけて登る。小屋から剣岳や槍穂などの展望はかすんでいた。雲も多かった。頂上に向かう途中にも花が咲いていて、ツクモグサもあった。山頂に到着。しばらく展望を眺める。2932mである。さすがに冷える。戻ってきて、白馬山荘は、800人収容が出来るという話だったが、まだシーズンではなかったため、少なかった。部屋は我々3人が、個室を使えた。あんなに人が登っていたのに、宿泊する人が少ないのは日帰りが多かったのかな。下りで、ライチョウに会えた。まだ半分白かった。頂上近くにもライチョウをみたのだが、白さは残っていなかった。この辺は雪渓がまだ残っているから、毛の白い部分も残っていたのかな。近づいても逃げなかったので、写真を撮った。雪渓を歩いているときは天然のクーラーが効いているように、涼しかった。雪渓を過ぎると、ムッとする暑さを感じた。下りで足が痛くなり、歩くペースが落ちてしまい、私だけ遅れることなる。帰りの車でも途中、カモシカと遭遇する。帰りは、八方の湯に浸かり、汗を流して、帰路に着く。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大関ヶ原展

2015-04-15 20:58:07 | 美術館、博物館

江戸東京博物館で開かれていた大関ヶ原展を観に行ってきた。日曜日ということもあってか、非常に混んでいた。根強い人気である。人が多すぎて、思うように見れない。確かに行列があまり進まないので、その分、ゆっくり見えるのだが、屏風とかの全体像とかがわかりにくいし、好きなところでじっくり見ることはできなかった。
この大関ヶ原展は、現存する最古の「関ケ原合戦図屏風」をはじめ、本多忠勝ら徳川四天王の具足や槍、石田三成の愛刀「正宗」、島左近の兜、大谷吉継の刀、家康にもたらされた「洋時計」など、国宝、重要文化財を含め、約150点以上が出品されている。また、ジオラマ・プロジェクションマッピングで、関ヶ原の合戦の様子を時系列に紹介して西軍、東軍それぞれどのような陣形を組んでいたのか、何時ころ形勢に変化が見られたのか、裏切った者は誰だったのか等々わかりやすかった。宇喜多秀家の寝返りや、大谷の踏ん張り、島津家のわずかな手勢で敵陣を突破して逃げ抜いた説明はわかりやすかった。
さらに、関ヶ原合戦前日に密約を交わした誓約書など、関ヶ原合戦にまつわる貴重な古文書を展示。有力武将たちがしたためた文書から、“信頼”“裏切り”“凋落”などが読み取れ、当時の情報戦が浮かび上がってくる。天下分け目の関ヶ原合戦のみならず、“戦場外の戦場”も読み解いている。戦場で家康を象徴した金の扇、結構大きいのには驚いた。長く江戸城に保管されていたもので、実際に慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)の関ヶ原の戦いでも用いられたそうである。本多忠勝の『蜻蛉切』。その切れ味を表して蜻蛉が刃先に止まっただけなのに真っ二つになったと言われる。鋭く光っていた。

以下、関ヶ原の戦いを覚書で、メモしておきたい。
福島(東)対 宇喜多(西)この両軍の激突で始まった戦は(一説には、先鋒の福島隊より先に、井伊、松平の小隊が仕掛けたとも言われる)各所で激戦が展開されていく。1600年7月、石田三成 は 「徳川討伐」 の挙兵を宣言!関ヶ原という場所は四方を山に囲まれたくぼ地であり、その中に入った東軍を、山の上に布陣した西軍が完全に包囲している状況。これは誰がどう見ても 「西軍有利」。実際、後世にこの布陣図を見たドイツ軍の将校も、見た瞬間に「西軍必勝!」と叫んだそうである。
大谷吉継(西)の孤軍奮闘、黒田、細川(東)と石田三成隊の死闘など、後世に語り継がれた名勝負が続く中、一方で数々の諜報、謀略という裏側での駆け引きも密かに進んでいた。 関ヶ原には参加はするが動かない勢力。寝返りを思慮する者達。多くの武将が、疑心暗鬼の不安を抱える中、西軍の大勢力である小早川秀秋が動いた。徳川方からの調略の結果か、石田三成への私怨(三成の報告により、大幅な減封を受けた)か、味方であるはずの大谷隊に軍勢を向けたのだ。多勢に無勢の大谷隊は玉砕。圧倒的有利と言われた西軍は、これを境に大混乱に陥り、敗退した。
石田光成は「内府ちかひの条々」 を交付して諸国の大名に集結を呼びかけた。「内府ちかひの条々」 の 「内府」 とは 徳川家康 の事で、「ちかひ」 とは 「違い」、つまり間違っているという意味。その内容は、家康 が勝手に婚姻(結婚)や知行(領地)の斡旋を行ったり、無実の 前田家 や 上杉家 を攻撃しようとしたり、他にも勝手に手紙をやり取りしたとか、城の一部を無断で改修したとか、大なり小なり様々な 徳川家康 の罪状を並べたて、家康の討伐を訴えた文章(檄文)。そして、豊臣五大老の中国地方の大名 「毛利輝元(毛利元就の孫)」 を総大将として軍勢を整え、関所を封鎖して西側の大名家が 徳川軍 に参加できないようにし、さらに 大阪城 にいる東軍の武将の家族を人質に取って、必勝体制を整えて、挑んだ。しかし、石田三成 と他の 「武断派」 の武将の確執は、「朝鮮出兵」 の中で起きていたといわれる。石田光成はもともと 豊臣秀吉 の一番の側近で、秀吉に様々な報告を行ったり、秀吉の命令を各地に伝達する役目を持っていた。そのため彼によって、失敗や罪状を秀吉に報告され、処罰を受けた人が多くいたのである。それでいて自分は 豊臣家 のトップにいる彼は、とにかく多くの武将から陰口を叩かれまくる存在であった。そこで、小早川秀秋も大の 石田三成 嫌い!だった。と言うのも、朝鮮出兵の時の彼の失態を 石田三成 が 豊臣秀吉 に詳細に報告し、彼は 秀吉 におもいっきり怒られたあげく、領地も没収されていたのである。しかもそのあと、彼と 秀吉 の仲を取り持ってくれたのは他ならぬ 徳川家康 であった。
関ヶ原の戦いで一進一退の最中、徳川家康は痺れを切らし、小早川秀秋 の部隊に鉄砲隊を向け、一斉射撃した!東軍から鉄砲を撃たれたのだから 小早川秀秋 は怒って西軍に付きそうだが、秀秋 はこれにビビって 「家康が怒っている!」 と思い、あわてて寝返りの準備を始めた!徳川家康 が 小早川秀秋 が小心者であることを見越して行った催促だったとも言われている。関ヶ原が東軍の勝利に終わると、家康は寝返った小早川秀明らの軍勢に石田光成の佐和山城を攻め落とさせるとともに、大阪城を接収する必要があり、そこには豊臣秀頼親子がいて、さらには西軍の大将的な位置にいる毛利輝元がいて、黒田長政・福島正則を介して、輝元を大阪城から退去させ、開城を実現した。
この戦いで徳川についたものは、300年の栄華が待っていたし、刃向かった者に栄華が訪れるのは、明治維新まで待たないといけなかったといわれる。また、明治維新の主力になった、薩摩藩、長州藩、長宗我部系の坂本龍馬を代表とする土佐浪士たちは、すべて関ヶ原で敗者になった末裔で、その彼らが幕府を倒すパワーの源になったといわれるのも歴史は続いていたのかもしれない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加