デフラグ

フラグメントが嫌いだ。

【フラグメンテーション(fragmentation):断片化(だんぺんか)】
「コンピュータ上のメモリの管理上の一単位が、そのままでは有効利用できない状態になることを言う。」(Wikipedia)

Windows95/98時代は,フラグメントの解消,デフラグを定期的に実行するのがお約束だった。
デフラグの状況もグラフィカルに表示され,飽きなかった。まあ,時間がやたらかかって焦ることもしばしばだったが。
オマケに,デフラグしても体感できるほど劇的に改善はしなかったし。

WindowsXPからは,デフラグは標準設定では自動にスケジュールされるようになった。
もちろんWin10でも。




コンピュータを開き,OSが入っているドライブを右クリック,プロパティからツールを選択すると,ドライブの最適化メニューが出る。




最適化をクリックすると,ドライブの状況,スケジュールの状況が表示される。標準では毎週1回の自動実行となっている。
ほとんどの場合,断片化率は0%だろう。
まあ,デフラグを走らせても,進行状況がグラフィカルに表示される訳ではないので,見ていてもつまらない。

で,フラグメントが嫌いな私としては,何でもデフラグする。
書類はとにかくファイリング。日用品は収納に,洗濯物は奥さんや娘たちのクローゼットにしまい込む。

そして紛れる。

あの書類,どこにしまい込んだっけ? は,しょっちゅう。
洋服,特に娘たちの物はカンで仕分けるので,結構な確率で間違え,怒られる。

インデックスなしのデフラグは,フラグメンテーションを加速させる。

分かってはいるのだが,やっぱりやめられない
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 2016「今日の... フェンダー »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。