受診



高血圧,高脂血症の治療は継続中。薬は2か月分出るので,切れるタイミングで病院にかからなければならない。
受診料は,血液検査がなければ600円弱。

病院にかかると,領収書の他に,診療明細書が発行される。
「診療明細書が不要の方はお申し出ください」と会計窓口には書かれているが,発行は病院の義務のようだ。
何も言わず出さないと,法律違反。

診療明細書には,今回の診察でかかった金額が書かれている。診療報酬は点数制で,1点10円だ。
診察だけなら,再診料と処方せん料だけかと思ったのだが,よく見ると,「外来管理加算52点」

何だこりゃ??

で,調べると,
「診療報酬点数のかかる各種の検査、リハビリテーション、精神科専門療法、処置、手術、麻酔、放射線治療等の医療行為を行わない場合において、「計画的な医学管理」が行われた場合に加算される」
とのこと。

うーん,私の場合,高血圧,高脂血症とも治療の終了は見込めない。治療計画は,「今の薬を飲んでいれば,値が正常値なので,これからも飲んでいきましょう」になる。
ずっと取られるということか。

外来管理加算は,「医療行為を行わない場合に加算」なので,何もしないと取れる。処置によっては52点より低いものもあるようだ。

手間のかかる処置を行ったより,何もしない方が儲かる・・・??
アチコチに書かれていたが,やはり問題のある加算のようだ。これより点数の低い処置は,サービスにして,こちらを加算する病院もあるとか。
うーん。


更に処方箋で薬をもらうと,こちらも領収書の他に,調剤明細書が出る。

薬は薬代だけかと思いがちだが,やはり色々加算されている。
薬剤料の他に,調剤技術料199点 薬学管理料50点

薬学管理料はやはり??だ。

で,こちらも調べる。
「薬学管理料(=薬剤服用歴管理指導料は,患者の薬歴に基づき医薬品の用法や用量,効果や副作用・相互作用に関する医薬品情報を文書で患者に提供し,患者に必要な説明を行った場合に加算」
とのこと。

薬の説明が書いてある紙は毎度くれるが,この「文書で提供」のためか。そして窓口の薬剤師さんもやたらと話しかけるが,「説明を行った」ためだな。

今までと同じ薬だし,状況も変わっていないので,説明書は不要,薬剤師さんの説明も不要と申し出れば,これは取られないのかしら??

やってみたいが,後々問題になりそうだしなー 50点なので,自己負担は150円出しなー
ジェネリックにしてもらっているが,後発医薬品体制加算22点は取られていないから,まあいいか。

しかし,何やかやで3000円位かかる。検査すればプラス1500円位。やはり健康は大事だ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今日の燃費と... 10 years(渡辺... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。