エレベータルール(追加)



エレベータルール」については以前に記したとおりだが,未だに守られていない。
エレベータは「開」ボタンを押さずサッサと降りることを提唱したが,今回は,乗り込むときのルールを提唱したい。

よくいるよね,我先にカゴに入り,「開」ボタンを押し続ける人。
『さあどうぞ乗って下さい。このカゴの運行は私に任せてください!! いや,むしろこのエレベータは私所有のようなものです。優しい私が乗せてあげますよ?』的な人。
これは無駄な行為だということ,全く親切行為ではない。

で,これをやるとどうなるか? 開/閉ボタンが階層ボタンの上部にある場合,この人が「開」ボタンを押している間,階層ボタンを塞いでしまうのだ。
当然,自分は目的の階を押しているので,何の不都合もない。しかし,後から乗り込む人はボタンが押せない。
『このエレベータは私のだから,当然,私が降りる階以外に行く人なんていないよね?』を押し付ける。

他の階層ボタンを押す場合は,「開」ボタンを押している人に向かって,「すいません・・・」を言わなければならない。
全く言わなくていい一言。
この時,「開」ボタンを押している人は,大抵嫌な顔をする。ボタンをスムーズに押せない人が嫌な顔をすべきところでだ。

ボタンを押す際には,この人の腕の下に自分の腕を潜り込ませることになるが,接触してしまうことも。
私もこのシチュエーションでボタンを押したときに降れてしまい,舌打ちをされたことがある。
もう,完全に『当たり屋』だ。

「開」ボタンを押している人は,乗り込む人がいなくなったのを確認して,「閉」ボタンを押す。
『みんな乗ったかな。それじゃあ,私がエレベータを動かしてあげよう。感謝するんだよ』的に。
これをやると,運行が遅れ,エレベータを待つ時間が増えるのだ。


エレベータは乗り込んだら速やかに階層ボタンを押し,奥に詰める。開/閉ボタンのオペレーションはしない。

これさえ守れば,人類は幸せになる。


以上,オモシロクない事があったので悪意まみれになったオッサンのタワゴト
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 遅延 献血 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。