2stエンジン

何故か2ストロークエンジンバイクの話になる。
我々世代だと,TZR派とNSR派に分かれる。あの乾いた排気音とオイルの焼ける臭いは良かったなー,と。

現在,2stエンジンの「乗り物」は,ほぼない。
そもそも自動車では,2stエンジン採用はほとんどない。バイクも50ccスクーターを含めて完全に4st化された。
やはり環境性能が求められるようになり,2stでは排ガスのクリーン化に限界があったのだろう。

2stエンジンは,今後日の目を見ることはないのだろうか? と,ちょっと考えてみた。
そもそも部品点数の削減,小排気量で高出力を目指したエンジン,なくしてしまうのは惜しい。

2stは同排気量ならば,4stの1.5~1.7倍の馬力を得られる。
フォルクスワーゲンが先駆の「ダウンサイジングターボ」と同じ発想でいけないか?
2LクラスのNA 4stエンジンを2stにすれば,1.2L位でいけそうだ。

問題となるのは,やはり排ガス。2stエンジンは,クランクケース内圧縮を行うので,ガソリンに潤滑オイルを混ぜる。
そのため,排気ガスは汚れる。
ならば,クランクケース内圧縮しなければいいか。
シリンダー内吸気ポートから,電動ターボで圧縮空気を強制的に送り込み,上死点直前でポート内にガソリンを直噴,点火。
ついでに排気ポートも電動ターボで強制排気するというのは?

ターボは排気ガスで回すもの,を前提にすると厳しいが,ハイブリッド車全盛の時代,電気仕掛けにするのもアリかと。
クランクケースに混合気を入れなければ,ガソリンにオイルを混ぜる必要もなし。

少し検索してみると,こんな記事が

「ユニフロー掃気2ストロークガソリン直噴エンジン」(.Armchair engineering) http://ch.nicovideo.jp/hashira/blomaga/ar533665

やはりメカニカルチャージャーは必須のよう。エンジンブレーキが弱い問題は,スズキのエネチャージのように,エネルギー回生機構を使えば何とかなりそう。


「ルノー、2気筒ディーゼル開発中…ターボとスーパーチャージャーでW過給」(response)http://response.jp/article/2014/12/25/240406.html

ルノーは2stディーゼルをやっていたようだ。残念ながら未だに製品にはなっていないが。
やはり過給機は必要なようだ。

バルブを持たないエンジンといえば,ロータリーエンジンもある。
マツダは研究を続けているとのことだが,こちらも製品になっていない。RX-9はゼヒ製品化してもらいたい
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« クジライラス... エネルギー効率 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。